2月 23

今回の旅で入浴した風呂の回数は、この「青森まちなかおんせん」で8回目。2泊3日の旅だと考えると少々少ない気もしないでもない。

青森まちなか温泉

ここは味噌カレー牛乳ラーメンを食べた「味の札幌 大西」から徒歩2分程度の距離。寝台特急を利用する鉄男などなら良くご存知の日帰り温泉施設だ。

お風呂から上がって、無料の休憩所にいたら今から電車に乗ります!という雰囲気の3人連れがいた。上野行きのあけぼのに乗車するのに良いタイミングで施設を後にしたので間違いないだろう。

さて、温泉というかお風呂は内風呂3つとサウナ、そして露天風呂がある。今回は雪が多かったので、露天風呂は雪見風呂になってとっても気持ち良かったかな。

因みに利用料金がなんと420円と破格に安いところも良い点です。

こちらも、電車やバスの待ち時間が1時間とか2時間ある場合は、寄ってみると良いかもです。冬ならとっても体が温まりますよ〜!

楽天トラベル株式会社

Tagged with:
2月 23

最近?青森で有名なラーメンと言えば「味噌カレー牛乳ラーメン」らしいということで「味噌カレー牛乳ラーメン」を食してみた。

味噌カレー牛乳ラーメン

いろいろ調べてみると、この味噌カレー牛乳ラーメンは、店にきた高校生の一言から始まったようだ。その高校生、Nice!だ。

味噌とカレーと牛乳という、この一見合いそうなのか、合いそうでないのかよくわからない3つの素材を合わせたスープが意外と旨いのだ。

このスープに太めの麺が絶妙なマッチングなのだ。

次に青森へ来たら、また食べたいと思った程度に旨い。というか、次回また来ると思う。

お店の場所は、青森駅なら徒歩5分程度の距離なので、列車やバスの時間待ちの時間でも食べられて良いと思います。

青森へ行ったら、一度ご賞味あれ!

関連ランキング:ラーメン | 青森駅

楽天トラベル株式会社

Tagged with:
2月 23

今回の旅のメインイベントは冬の「酸ヶ湯温泉」につかることだ。

IMG_2844

酸ヶ湯温泉は一軒宿の温泉だ。青森駅から車で1時間程度の距離。意外と近いのだかが、とてつもなく山の中で、写真を見てもわかる通り豪雪地帯だ。

因みに、訪れた時の積雪量は450cmだったみたい。そこらじゅう雪の壁とツララが凄いことになっていた。もう20年近くもスキーには行っていないので、久々に豪雪をみたような気がする。

酸ヶ湯の看板

酸ヶ湯温泉と言えば、なんといっても「ヒバ千人風呂」だ。これに入るために、ここまで来たと言っても過言ではない。

有名な「ヒバ千人風呂」

酸ヶ湯温泉の記事は「冬の青森の湯治湯「酸ヶ湯温泉」で心も体も癒す 」にも記載したので、そちらを参照頂ければと。

夕食

旅館の楽しみと言えば食事だ。料理はこんな感じ。相変わらず量が多いのだが、凄いことになっているのか?というと、正直それほどでもない。美味しいんだけどね。

個人的には、この量でも多いので、もうすこし少なくてもOKですけど。

氷柱が繋がっている

3Fの屋根から2Fの屋根まで氷柱が繋がっている状況は初めてみたかも。

酸ヶ湯温泉は、いままで行った湯治湯の中で、初めてこのお湯なら病気も治るかもしれないと思った次第だ。特に、皮膚系の疾病なら、きっと治るような気がする。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

Tagged with:
2月 23

青森のお祭りと言えば「ねぶた祭り」です。

ねぶた祭りは、青森ねぶた祭り、弘前ねぶた祭りが有名。その他にも青森県内ではねぶた祭りが行われています。最近の人気が上昇しているねぶた祭りは五所川原ねぶた祭りじゃないでしょうか。

さて、今回は「青森ねぶた祭り」に出陣される山車を展示している「ワ・ラッセ」で青森ねぶたを見学した。青森ねぶたの特徴は横長であることだろう。因みに五所川原のねたぶたは立ちねぶたで全高が20mにもなる。

ねぶた#2

ねぶた#7

ねぶた#8

なかなか迫力満点。お祭りの時は、これがダイナミックに動いているので、さらに迫力満点じゃないかな。

一度ねぶた祭りは実際に観てみたいです。

楽天トラベル株式会社

Tagged with:
2月 21

旅の2日目からは、東京から遅れてきた人が参加して合計5名での行動になりました。

青森魚菜センター#1

2日目の最初は青森魚菜センターの「のっけ丼」からです。

のっけ丼説明

のっけ丼を食べるには

のっけ丼ごはん

ご飯を購入する(並盛:100円 / 大盛:200円)

店舗を回って刺し身を購入(だいたい100円か200円)

という手順です。

刺し身はそれぞれのお店で購入するわけですが、お店によって刺し身の大きさが違ったりなどなど特徴があります。いろいろと交渉すると多少のおまけをしてくれるところもあったり。結構楽しめます。

マイのっけ丼

これは僕の「のっけ丼」です。なんか、今ひとつセンスがないですね。

みんなののっけ丼

これが全員分の「のっけ丼」です。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 青森駅

楽天トラベル株式会社

Tagged with:
2月 20

旅の一泊目は青森市内にある「JALシティ青森」。

今回の旅はJALのダイナミック・パッケージで航空券とホテル(一泊分)で手配をした。市内のホテルの中からJALシティ青森を選択。ほどほどに安かったからだ。

因みに往復航空券とJALシティ青森(一泊分)で26900円。なんと飛行機の正規割引き以下の金額で一泊分の宿泊が出来た。価格とはいったい何なのか?とおもってしまう。

JALシティ青森

ここでお得情報。予約はシングルルームだったのだが、チェックインの際に「ツインルーム」に500円でアップグレード出来ます!と言われて、ついついアップグレートしてしまったのだ。

JALシティ青森(ツインルーム)

500円でこの部屋にアップグレード出来るならかなりお得でした。このサービスが通常のサービスなのか、期間限定のサービスなのかは不明ですが、当ホテルを利用の際はチェックイン時に聞いてみると良いかもしれませんね。

JAL日本航空 先得

Tagged with:
2月 20

この旅の最初の晩ご飯は、JALシティ青森のコンシェルジュのお姉さんに紹介してもらった「一八寿し」だ。

一八寿し

一八寿し

お刺身

一八寿し(刺し身)

流石に、どの魚も美味しい。まあ、当たり前と言えば当たり前だ。地元陸奥湾で捕れた新鮮な魚たち。鮮度に勝るものはないことを改めて実感します。

握り(その1)

一八寿し(握り)

握り(穴子)

一八寿し(穴子)

ふんわり柔らかい。青森で穴子。今ひとつイメージではないが旨いので文句はない。

関連ランキング:寿司 | 青森駅

楽天トラベル株式会社

Tagged with:
2月 15

弘前には、現存天守閣の城で東北地域で唯一現存している弘前城がある。

散々、現存天守閣を観てきているので弘前城は外せない。というか、旅の目的の一つでもあるのだが。

IMG_1705

IMG_1708

雪の中の現存天守閣を持つ城を観られるのは、長野の松本城と福井の丸岡城とこの弘前城ぐらい。この季節に確実に雪の中の現存天守閣を観られるのは弘前城だろう。

弘前城のある弘前公園は、桜で有名で弘前城と桜の写真はよく見るが、雪の中の弘前城の写真はあまり見ない。

冬期は天守閣というよりも、城の内部には入れないので、地元の人か、よっぽどの物好きでない限り、雪の中の弘前城を観に来る人も少ないだろう。

IMG_1709

今回、この弘前城を訪れた時は、2月10日から13日に行われる「第35回弘前城雪燈籠まつり」の準備のまっただ中で、いろんな燈籠を地元の人が作成していた。

IMG_1716

お堀も凍結している。こんな光景も滅多に見ることはない。いいものを見た!!

IMG_1722

少々、雪も溶けている感じがしないでもないが、雪の中の弘前城だ。意外とこの城は小さい。天守閣まで上っても、弘前の全景が見られないかもしれないのでは?と思ってしまう。

IMG_1727

天守閣に入場出来る期間は4月1日から11月23日まで。桜の時期にくると良いと思うのだが、混んでいる時にくるのも・・・。ちょっと考えてしまう。平日なら多少は違うのかもしれないので、平日に狙って来てみるのもよいだろう。


より大きな地図で 弘前城 を表示

Tagged with:
preload preload preload