4月 16

阿蘇にはたくさんの観光資源がある。

阿蘇の湧水

南阿蘇には阿蘇山から湧水のポイントがたくさんある。

IMG_1809

IMG_0453

今回はその中で「白川水源」というところを訪れてみた。

IMG_1807

IMG_0454

近くの売店には、ペットボトルを販売している。水をくむことを目的に来ている人は、自宅からペットボトルなどの容器を持参してくるようだが。商魂たくましい感じがして良い。

猪肉そば

IMG_0457

昼ご飯を食べるために白川水源の近くにあった食堂に入った。その店のメニューに「しし肉そば」なるものがある。イノシシの肉は生まれてこのかた食べたことがなかったので、珍しさもあって注文してみた。

イノシシ肉って、すごく堅いイメージがある。配膳された器の中のイノシシ肉を最初に食べてみると、柔らかくて食べやすい感じに仕上がっている。味は、生臭さを消すために少し甘く煮込んだような感じだ。これなら結構食べられると思う。しかし、都会では、そう滅多にイノシシの肉なんて流通していないから、田舎へ来ないと食べられない食材の一つだろう。

そば自体は、普通のそばで、よくも悪くもない普通のそばでした。

南阿蘇鉄道

IMG_0471

南阿蘇を走る南阿蘇鉄道の終着駅「高森駅」へとやってきた。阿蘇山を背景にきれいな駅舎だ。最近のJRの駅と違って駅舎に特徴がある。デザインと色にはきっと何かの意味があるに違いない。

この鉄道では、毎年3月から11月の期間中トロッコ列車が走っている。沿線を観光しながら車窓を楽しめる列車だ。

IMG_0462

ホームへ入る改札口はあったが、特に検札等もなさそうなのでホームから写真を撮っていると、奇遇にも列車が到着。普通列車は1両のワンマン運行のようだ。

阿蘇神社

IMG_0475

南阿蘇から阿蘇山をぐるっと半周して阿蘇市にある「阿蘇神社」へとやってきた。この阿蘇神社の特徴は、横参道と二層の楼門だ。

普通、神社の参道は社殿に対して縦(垂直)に通っていることが普通だ。しかし、この神社の参道は社殿に対して横(平行)して通っている。

阿蘇神社の楼門は、日本三大楼門の一つ。三大楼門は阿蘇神社(熊本県阿蘇市)、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)、箱崎宮(福岡県)とのこと。

IMG_0482

高砂の松は、能楽・高砂にちなんだ名前の松で縁結びの松といわれているらしい。男性は左から、女性は右から2週すると恋愛が成就するらしい。

この松の隣には「願掛けの石」なるものがあり、お祈りをしながら3回石をなで、最後に声を出して願いことを唱えると叶うらしい。


より大きな地図で 阿蘇観光 を表示

Tagged with:
4月 15

熊本にもたくさんの桜の名所がある。その名所の一つが、南阿蘇にある「一心行の大桜」だ。桜の時期に阿蘇を訪れて、この桜をみない(写真を撮らない)手はない。

IMG_1782

この真ん中にあるのが「一心行の大桜」(山桜)だ。残念ながら、訪れた日にはまだ蕾の状況だった。係員のおじさんに聞くと、昨年は3月末には満開だった。今年は、あと一週間ぐらいかかるかな〜と。非常に残念である。しかし、自然が相手なので仕方ない。

ちなみに、桜が咲いていようが、いまいが、入園料金として300円徴収されるので注意が必要だ。


より大きな地図で 一心行の大桜 を表示

Tagged with:
4月 13

阿蘇まで来て、阿蘇山を訪れない手はない!ということで、阿蘇中岳へ。

宿泊している小田温泉からは約1時間強で阿蘇中岳へいける。

IMG_1771

阿蘇山ロープウェイの駐車場からみた噴火の様子。水蒸気が黙々と上がっている。

IMG_0437

ロープウェイのチケット売り場へ行くと「ガスのため運休中」の文字が。。。

IMG_1774

ロープウェイ以外にも車で上っていけるのだが、その道路も全面通行止めの状態。

ここで写真をとっていたりしたのだが、なんだか、咳きが出始めて息をするのが少々辛い状態に。これは火山ガスの影響に違いと思い、足早に下山。車で麓へ降りていくと咳も息苦しさも止まったので、やっぱり火山ガスの影響だったのだろう。

阿蘇山を訪れた際に、咳とか息苦しさを感じたらすぐに下山するようにしたほうが良いようです。

Tagged with:
preload preload preload