5月 06

「横浜餃子巡り」の最後の餃子を食したあと、伊勢佐木町をぶらりと。

この伊勢佐木町は伊勢佐木町モールを中心として、なかなかディープな横浜を体験できるエリア。

今回は、関内駅から離れた場所から散歩開始です。

伊勢佐木町ブルース歌碑

伊勢佐木町ブルース歌碑

まず最初に発見したのが青江三奈が歌った「伊勢佐木町ブルース」の歌碑。下の赤いボタンを押すと、伊勢佐木町ブルースが1分間聞くことができます。

青森には「津軽海峡冬景色」の歌碑があったし、日本全国いろんなところに歌碑がありますが、伊勢佐木町にあったとは気がつきませんでした。

数年前に、この近くの中華料理屋で横浜の代表的なラーメンの「サンマーメン」の発祥のお店を訪れた時もこの道を通っているので、この歌碑はあったはずですが、その時は気がつきませんでした。。。

伊勢佐木町ブルース

そして、歌碑の後ろには堂々たる「伊勢佐木町ブルース」&青江三奈のポスターが!

この歌碑の後ろには

へびや

「へびや」なる店がある。正式には「黒田救命堂」というお店。ヘビの漢方薬を売っているお店みたいです。

これまた、気がつかなかった。

やっぱり、伊勢佐木町は面白いお店がたくさんあるな。

伊勢佐木モール

伊勢佐木町のメインストリート。このストリート沿いにもおもしろそうなお店はたくさんあるのですが、なんと言っても、脇道を入ったところにはさらなるディープな感じのお店がたくさん。

横浜シネマリン

そして道を歩いていると、横浜シネマリンを発見!20年ぐらい前までは、もう数件映画館があったはずです。流石にみなとみらいとか桜木町などにシネコンが出来て、昔ながらの映画館は姿を消していったようですね。

しかし、横浜シネマリンはまだ健在でした。このまま頑張って営業を続けて欲しいですね〜。

横浜リトルコリアンタウン

そして、知る人ぞ知る、横浜のリトルコリアンタウン。知名度は低いのですが、横浜にもコリアンタウンがあります。場所は福富町あたりです。

福富町と言えば、横浜随一の歓楽街・風俗街でもあります。風俗店の隣に韓国料理屋という少々面白いタウンではあるのですが、この写真の通りの一歩外れると夜の街が広がっています。

このあたりでおイタをすると痛い目にあうので気をつけましょう!

飲み屋長屋

福富町から大岡川を越えた川沿いに飲み屋長屋があります。かなり昭和な感じが残っています。夜、一人で入るには流石に勇気がいりますね〜。

この後は、野毛の飲み屋街を経由して散歩はおしまいです。こうしてみると、新富町のあたりがいかにディープなのかがよくわかりす。野毛の飲み屋街が健全な感じに見えますよね〜。

みなとみらい、中華街、山下公園などのメジャーな横浜観光に飽きたら、是非ディープな横浜を散歩してみると良いですよ。

昔ながらの横浜を感じられると思います。

コリアタウンでは、韓国の食材も手に入れることが可能です。韓国のインスタントラーメン(らしき)ものや、本格的なキムチも入手可能ですよ〜。

Tagged with: