7月 10

2012 Summer!!

今日は、夏!を思わせる空が広がった。

もう直ぐやってくる2012年夏。昨年に続き節電の夏でです。

2010年の夏のような猛暑にならないことを祈りたい。

さて、その2012年夏は暑くなるのか、それとも涼しい夏になるのか?いろんな研究を調べてみた。

三重大学 立花義裕教授(気象学)グループの研究

読売新聞の「今夏は猛暑にならず?「北極振動」から予測」という記事から。

立花教授の研究によると、2012年の夏は2010年の夏のような猛暑にはならないそうですよ。

2010年の夏は、北極を中心とする北半球の気圧分布の変動(北極振動という)が「正」の状態だったそうな。

北極上空に低気圧が発達し、周囲を高気圧が囲む「正」の北極振動であれば日本は暖かくなり=図左=、北極上空が高気圧、周りが低気圧の「負」の場合は寒くなる=図右=など、北極の気圧分布は地球規模の気候に大きな影響を与えているとされる。

ということだそうでです。

そして2012年夏は

昨冬の北極の気圧分布は、負が続かなかった上、今年5月の大西洋の海面水温も平年通りだった。日本の天候に大きな影響を与えるエルニーニョ現象の影響は考慮に入れていないものの、10年ほどの猛暑は考えにくいという。

ということで2012年夏は、2010年の夏ほどの猛暑にはならないと予測しているみたいです。

国立天文台と米航空宇宙局(NASA)の研究チーム

国立天文台とNASAの研究チームの発表「太陽の活動、過去20年で低下 地球寒冷化への影響は不明」という記事によれば、太陽の活動が過去20年間で次第に低下していることが分かったそうでですよ。

ほほ〜。

因みに、太陽は黒点が増えて活動が活発化する極大期と、黒点が減り静穏になる極小期を約11年周期で繰り返えしています。

この影響で、オーロラがよく見られる時期とそうでない時期があります。2012年の冬(北半球)は、太陽の黒点活動が最大でオーロラが良くみえる時期でした。

オーロラについては TravelersMedia.com に「2012年の冬は宇宙の神秘「オーロラ」を見るチャンスですよ!」という記事も書いています。

さて、太陽の活動が低下すると地球上では何が起こるのか?

太陽活動が低下すると、地球を包む太陽の磁場が弱まり、地球に届く宇宙線が増加。大気中の水蒸気と反応して雲ができやすくなり、日射量の減少などで地球が寒冷化するとの説がある。現在の太陽は17~18世紀の寒冷期と同じ磁場の異変が起きているとの研究も先月発表された。

と。

17世紀から18世紀と言えば、日本では江戸時代にあたります。以前「昔、東京でも2mの積雪があった!」という記事を書きましたが、この時代の江戸でも小氷河期だったという記録も残っています。

気象庁の地磁気観測所

このサイトの地磁気のページによれば

外核起源の磁場の形は地球の中心に南北方向の棒磁石をおいた場合と似ていますが、その棒磁石の強さが少なくとも最近200年間減少を続けています。その速度は次第に加速してきており、最近100年では、あと1000年で0になる減少速度になっています。

とある。地球が宇宙からの宇宙線の影響を受けやすい環境は徐々に大きくなっているということは間違いないようですよ。

全体を通して

素人の自分には、いろんな研究が地球の温度が低下するんじゃないか?という方向に進んでいるように思われますが、世界で研究をしている人達の間では、反対の研究成果もあるのかもしれませんね。

結論的には、2012年の夏が暑い夏になるのか、涼しい夏になるのかは分からないのだが、長い時間の単位では、地球は冷える方向に動いているように思いますね。

そういえば、人間の活動によって地球が温暖化しているとか言っていたけど、宇宙の規模では人間の活動が及ぼす温暖化なんて、宇宙や自然の力ではひと捻りという感じで変わってしまいそうです。

東日本大震災でも実感しましたが、宇宙とか自然に対して人間は無力です。

2012年の節電の夏が、暑い夏でも涼しい夏でも人間の知恵で気持ちよく過ごしたいですね。

個人的には、そんなに暑くない夏だと良いな〜と。

7月 05

世の中にはたくさんの Open Source Software があります。

SourceForge にはありとあらゆる Open Source の software や appli が登録されています。

さて、日頃からいろいろお世話になっている Open Source の software や appli は、実際に使ってみないと、自分のやりたいことを実現できるのかが解りません。

最近は Open Source の開発サイトでも Demo 環境を用意してくれている場合もありますが、全てがある訳ではありません。

そんな中 Softaculous では、人気のある Open Source Appli (Web Appli)の Demo 環境を構築して提供してくれています。

Softaculous.com

www.softaculous.com 2012-7-5 0:46:28

名だたる Web Appli なら大概のものは登録され Demo 環境が構築されています。

www.softaculous.com 2012-7-5 0:50:12

お〜、この Web Appli をちょっと試してみたい!と思った時に、自分で環境を構築してアプリのインストールをしてという手間が省けます。

なんとも素晴らしいサイトです。

最近は、会社でも個人でも仮想環境を構築している場合が多いと思いますので、OSをインストールするという手間は少なくなっているとは思いますが、アプリのインストールと設定自体は自分で実施しないとなりません。

このサイトを利用すると、一番最初の段階で効率的にアプリを試すことができます。

アプリの人気ランキングも付いているので、数あるアプリの中でも選択がしやすいんじゃないでしょうかね。

会社などで Open Source の Web アプリを検討している人にはお勧めなサイトですよ!

因みに、僕が今、調査しているのは

Project Management

Wiki

Customer Support ( HelpDesk )

BTS

あたりです。

7月 01

もう一年経ったのか!

これが、正直な感想です。

2011年7月1日に「トラベラーズメディア株式会社」を設立して一年が経ちました。

そして今日から二年目に入ります。(事業年度(4月〜)としては既に第二期目です)

まずは、この一年で経験し学んだこと、感じたこと、思ったことをまとめておきたいと思います。

一人で出来ることはそんなに多くない

まずは、これですね。

もう少しできるんじゃないだろうかと思っていましたが、何かを実現するためには、とってもたくさんのやることがあります。

いろんな人の協力がないと、ものごとが進んでいかないということを改めて実感させられた一年でした。

一人でも可能だとは思いますが、一人でやっていると時間がかかるということもあります。ある一定の期間内に成果を出していくには、やっぱり「一人」はあまりにも非力だということを改めて認識しました。

税務・行政手続きは大変

会社を始めると行政関連の手続きなどがたくさんあります。その中でも税務関連については、本当に複雑でした。

知識や経験があれば大したことはないのかもしれませんが、税理士や行政書士が本業ではないのでこの知識を習得するために結構な時間を費やしました。

また、今まで生きてきた中で、こんなに税務署に行った一年はありませんでした。

これから起業する人は、少しでも税務の勉強をしておくことをオススメします。

企業は人材が命

サラリーマンとして、いろんな会社で働いてきて「人材」の大切さは解っていたと思っていたけど、この一年であたらめて実感しました。

スタートアップ企業では、当然人は集まりません。今までの会社では、入りたい人が結構いたと思いますが、スタートアップの会社では当然そんなことはあり得ません。

スタートアップの会社が人材を集めるには

  • 事業を通してどう社会に役に立とうとしているのか。
  • どんなビジョンを掲げて事業をしようとしいるのか。
  • どんな価値を顧客に提供しようとしているのか。

などなど事業計画書や設立趣意書に書くような内容を簡潔に会った人に伝える必要があります。

そして、そんな内容から共感をもって貰えないと、この会社で働いてみたいとか、この人と働いてみたいと思って貰えません。

まだまだ整理できてないところもあったりしますが、サービスリリースに合わせて伝えられるように準備していきたいと思っています。

表向きの成果が出ていない

こ れは予定通りなので、まあいいのですが。現在は商品を作る作業に没頭しています。モノを売るのではありませんので、実際はWebサービスの開発をしている んですが、エンジニアと技術的に可能かどうか、デザイナーとこんなデザインは可能かなどなど機能を実装するにあたり、提供する価値は何かを忘れないように 開発をしている真っ最中です。

夏の終わりごろにはベータバージョンをリリースする予定です。

まだまだ、他にもいろいろ感じたり、思ったり、考えたり、凹んだりしたことがたくさんあります。

今年度はサービスリリースという大きなイベントがあり、ここからがスタートでもあり、気持ちを新たにして頑張っていきたいと思います。

最後に、サラリーマンで安定(?)して生きていくという考え方から、先は解らないけど自分のやりたいことをやって生きていくという考え方で生きていくことを選択しましたが、凹むことも多々ありましたが、サラリーマンとして生きていた時よりも「生きている」という感じがします。この選択をして良かったとおもっています。

今のところは。この先どうなるのかは解りませんけどね。

それでは、これからも会社も個人も宜しくお願い致します。

preload preload preload