6月 23

女夫渕温泉は、栃木県の日光国立公園の山深い場所にある。一般の自家用車で行くことが出来るもっとも奥にある温泉だ。この先には奥鬼怒の4湯の八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉、日光沢温泉があるが、これらの温泉には残念ながら一般の車では行くことはできない。

IMG_3529

奥鬼怒温泉郷へは、片道2時間程度の徒歩、八丁の湯の送迎バス、川俣タクシー(通行がゆるされた地元タクシーで鬼怒川温泉駅から乗車することが可能)の3つです。

この橋の前(写真だと後ろ側)に、送迎バスと鬼怒川温泉駅からの路線バスのバス停と村営の無料駐車場があります。マイカーで来た人はこの駐車場に駐めることができます。

IMG_3545

さて、このバス停と駐車場の前にあるのが「女夫渕温泉ホテル」です。

IMG_3546

露天風呂(混浴です)が日帰りで入浴可能です。

IMG_3533

料金の1000円を券売機で購入します。

IMG_3543

混浴露天風呂と女性専用のお風呂があります。混浴露天風呂は、なんと8つもあり結構楽しめますぞ。

IMG_3537

訪れた時には誰も入浴していなかったので、湯船の風景をパチリと。

さてさて、たくさんある露天風呂は、多分源泉は同じですが、それぞれの湯船で多少温度に違いがありました。温泉はどれも無色透明なので女性の方には少々抵抗があるかもしれませんね。

この8つの露天風呂の左側には鬼怒川が流れていて、鬼怒川の水音とともにのんびりと温泉につかれます。

写真でもわかると思いますが、解放感は満点です。さすがに、ここまで山の中なら晴天の夜なら満天の星空を見ながら入浴をすることも可能かもしれません。


より大きな地図で 川俣温泉 を表示

6月 18

川俣温泉は、鬼怒川の上流部にある奥鬼怒温泉の手前で一般の車両で行くことが出来るもっとも奥にある温泉街だ。

温泉街と言っても、温泉宿が数件あるだけだが・・・。

今回は数件ある宿の中で、もっとも料金が安かった「国民宿 渓山荘」に宿泊することにした。

部屋

IMG_3508

一人旅にはもったない広さの部屋。窓から新緑の木々も見えて気持ち良いお部屋でした。

食事

IMG_3516

夕食は、こんな感じです。旅館の料理と言えば品数が多くて食べきれません!というパターンも多いですが、今回も写真ではそれ程でもないように見えますが、全部食べたらお腹がはち切れそうな状態になりました。

IMG_3525

朝食も品数が多いです。コストパフォーマンスは良いですね。

素泊まりが6500円、一泊二食付きで8500円なので二食分で2000円の計算。普通に外食したのと大した差はないですね。

風呂

さて、肝心の風呂ですが、

男女別露天風呂×1

男女別内湯×1

貸切露天風呂×1

の3つのお風呂が楽しめます。

<露天風呂>

IMG_3510

まずは「男女別露天風呂」(たぶん男女別だと思います)の男性用は、こんな感じです。

無色透明なお湯で少々熱めです。体感ですが、たぶん41℃か42℃ぐらい。冬場にこの温度の湯に入るのはつらそうですね。でも、一端入ってしまえばちょうど良い感じかと。

逆に夏場は、あまり長く浸かっていられないかもです。

<内湯>

IMG_3514

内湯のお湯も露天風呂と同じで無色透明です。こちらのお湯は露天風呂のお湯よりも温度は1〜2℃ほど低い感じです。個人的にはちょうど良い感じです。

この内湯の前に脱衣所があるのですが、ここにはドライヤーはありませんので、フロントでドライヤーを借りましょう!

<貸切露天風呂>

IMG_3519

そして最後は貸切露天風呂。この貸切露天風呂は、川沿いに建っていて渓流を見ながらのんびりお湯につかることができます!と言いたいところですが、源泉そのままなのか?と思えるほど浴槽に溜まっているお湯が熱いのです。

今までに、余りにお湯が熱くて温泉に浸かれなかったことは1回あるのですがそれ以来の体験です。

お湯の温度は、どう考えても47℃〜48℃ぐらいはありそうでした。お湯に足を入れると、余りの熱さに足が痛い!という程。

まあ、そんな訳で風呂場の雰囲気の写真だけ撮影して終了。

まとめ

値段のわりに設備も整っているし、料理は豪華って感じではないけど美味しいので良い宿だと思います。

「国民宿舎渓山荘」の予約は国民宿舎 渓山荘です。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


より大きな地図で 川俣温泉 を表示

6月 17

「川治温泉」は鬼怒川温泉から車で約10分弱程度の距離にある。

この温泉は「薬師の湯」という混浴露天風呂が有名。

IMG_3481

川沿いにある露天風呂だが、はっきり言って丸見えだ。解放感があってよいのだが。

この丸見えの露天風呂や脱衣所では女性が入浴するのは厳しいだろう。

IMG_3487

混浴露天風呂以外にも男女別の内湯もある。女性の方も安心して温泉を楽しむことが出来ます!

IMG_3497

入浴料はこの建物で支払います。因みに500円の入浴料でした。

IMG_3489

「男女混浴露天風呂」?「混浴」なんだから「男女」に決まっている。「中間」の人は入ってはいけないとでも言いたいのだろうか?さらに「女」の字が赤くなっているのは何故だろう?

IMG_3491

吊り橋や川の反対側から丸見えの露天風呂。因みに水着やタオル巻きでの入浴は「禁止」と書いてありました。

写真を撮り忘れましたが、この露天風呂の右側に外からは見えないようになっている風呂があります。

さて、お湯は無色透明ですっきりした感じのするお湯です。外から丸見えのお風呂の方は少々ぬるめのお湯。夏場に入浴するにはちょうど良さそうなお湯でした。

因みに、この「薬師の湯」には駐車場はありません。

IMG_3502

「薬師の湯」の近くの「足湯 むすびの湯」というところに観光案内と無料駐車場があります。ここに車を駐めて「薬師の湯」まで徒歩3分ほど。

鬼怒川温泉も良いですが、更に奥へきた「川治温泉」もなかなか風情がある感じの温泉地で良い感じです。


より大きな地図で 川治温泉「薬師の湯」 を表示

Tagged with:
preload preload preload