4月 21

土曜日の午後から六本木でイベント参加の為に出掛けたのだが、なんと!参加登録されておらず、残念ながら参加不可ということに。

はて、さて、どうしたのもか?と。

そこで思いついたのは「究極の鉄道模型展 in東京タワー」だ。六本木から大江戸線で2駅で近い!ということもあり、早速行ってみた。

IMG_3183

久々に東京タワーに来た。スカイツリーがもうすぐ開業しましが、やっぱり東京タワー海外からの観光客はたくさんいました。

IMG_3180

そんなわけで当日券を購入して会場内へと。会場内には、小さな子供連れの家族か、鉄道が趣味のおじさんがたくさんいました。

IMG_3061

この鉄道模型の展覧会は業界では有名な「原 信太郎」氏のコレクションを展示したもの。

会場内は、アメリカ、フランス、ドイツ、スイス、日本の国別に鉄道模型が展示さています。展示されている模型がどれも、ものすごく精巧にできています。

IMG_3081

車内の人やテーブルなどまで作りこまれていて凄い!の連呼。

IMG_3085

外観も本物そっくり。

IMG_3156

なんと、鎖まで忠実に再現されいたりする。

IMG_3120

パンタグラフもこの通り。とても模型とは思えない精巧さです。

この展示会は、5月6日(日)まで開催されています。鉄道模型が好きな人も、そうでない人も一見の価値はありそうですぞ。

Tagged with:
4月 18

蔵書や読書の管理ってなかなか面倒だったり。何が面倒って、本を一々登録していかないとならない。今まではAmazonの欲しい物リストを使って管理してたんだけど、Amazonの欲しい物リストは、あくまでも欲しい物を管理するだけで、蔵書や読書の管理をしてくれるわけではない。

そこで「ブクログ」が登場するわけだけど、Webサービスだけなら他でも良いのだけれど、ブクログのスマフォアプリのバーコード登録が超速でかなり気持ち良かった。

今回試したのはiPhoneアプリ。

この「バーコード読み込み」のバーコード認識が超速で気持ち良いのですよ。iPhoneのカメラがバーコードをサクッと認識。

バーコードを認識すると、本のデータを取得して上記の画面が表示される。あとは「本棚に登録する」で状態をタップすれば登録完了だ。

家にある本をぜーんぶ登録してもいいかも!って感じなのですよ。時間を見つけて登録してみよっかな。

preload preload preload