12月 29

みなさん、年末の大掃除は終わりましたか?本棚の本とか各種書類の整理しましたか?

僕も先日、本棚と書類の整理しました。

本は、毎年ブックオフに持っていって現金化しています。一昨年かなり整理したので今年はブックオフに持っていくものは無かったのです。

そして、各種書類。書類って意外と場所をとるんですよね。机の引き出しとか書棚の一部を占拠していました。そこで、今回はその書類を一気に片付けました。

まず、捨てられるものと捨てられないものに分けたあと、紙でとっておくものと電子化(デジカメでバシバシ写真に撮りました)してとっておくものに分けました。

そんでもって、電子化した書類が山のようにできたわけです。この山のような電子ファイルをどうするのか?という問題が浮上し、いろいろ考えた結果

WordPressで管理する!

ということにしました。

WordPressは、写真サイト(ギャラリーサイト)を標準で構築することができます。この機能を利用して WordPress で画像ファイルを管理することに。もちろん、ローカル環境です。外部のサーバー上で公開するようなものでもないので。

システム概要

一つの資料を一つの記事=ギャラリー(アルバムのようなもの)にする。

各記事(各資料)のカテゴリーわけをして写真を保存する。

記事のタイトルは資料の名称を利用する。

タグは好きなようにつけられるようにする。

といった感じです。要するに、資料を同検索できるようにするのかですね。

実際の画面イメージ

画像登録

こんな感じです。

WordPress( Version3.3 ) の標準の機能そのままですが・・・。複数のファイルがあっても、ドラッグ&ドロップするだけでファイルを登録できるので楽チンです!!

検索&表示

<ギャラリー一覧>

記事というかギャラリー一覧表示すると、こんな感じ。WordPressの機能のそのまま。全く改造していません。

<ギャラリー内画像一覧>

ギャラリー内の画像の一覧。上記に表示したのは、喜多方ラーメン「老麺会」という喜多方のラーメンの一覧の冊子。喜多方に行った時にもらってきた資料。こんなものは紙でとっておく必要もない。しかし、喜多方ラーメンは美味しいので、また行くこともあるはず!ってことで画像化してみたりです。

各画像の表示。WordPressが適当な大きさに変更して表示してくれます。元々の画像を表示することも可能です!

とまあ、こんな感じです。

まとめ・注意点

  • ファイルはどんどん増えていくので、長い期間利用する場合はDisk容量を多めにとっておいた方がいい!

⇒僕の場合は、家の仮想マシン上にWordPressを入れたので、仮想マシンのDiskを追加するだけかな。どうやって増やすのかってのは調べてないけど・・・。

  • 検索とか早くて楽チン
  • 画像ファイルの登録も楽チン

とまあ、そんな感じです。

WordPressっていろいろ便利に使えて良いですよね〜。

12月 11

2011年12月10日は日本で月蝕が観測できた!

そんじゃってことで、月蝕を撮影してみたのだが・・・。

一番、綺麗そうに撮れた写真はこれ。

Moon_20111210

月蝕って、光りがだんだんと少なくなっていく。その都度、露出とシャッタースピードの調整が・・・。

月の撮影の基本

マニュアル撮影

シャッタースピード:1/125

絞り:F8

これがすべての基本!

月蝕の撮影

月蝕ってぐらいだから、太陽の反射で月の光の量はだんだん減っていって、その後だんだん光りの量がふえてくる。

月蝕の真っ最中は

シャッタースピードは2”以上だと地球の自転速度の関係でブレが発生してしまう。

地球の自転速度は意外と速い。星とか月を撮る時には、自動追尾してくれる機械があると便利ですが、そんなものは買えないので技を磨くしかない!

上の写真は

シャッタースピード:1.6

絞り:F2.8

で撮影。これが一番綺麗にとれてました。

さて、光りが減っていく時の写真も撮ったのですが、どうも上手く調整できず、どれも上手く撮れていませんでした。

まだまだ修行が足りないようです。

12月 10

毎年の恒例行事になりつつあったりするが、今年もリンゴジャムを大量に製造した。

IMG_2107

今年は、通常のリンゴジャムとリンゴの皮だけのジャムも製造。合計で約8Lぐらいできあがりました。

1年に一度しか作らないので、レシピがいい加減な感じになる。今年は、レシピを書いておくことにしましたよと。

リンゴジャム

IMG_2114

まずは、普通のリンゴジャム。

準備するもの

ジャムを入れる容器:1Lのジャム瓶を4つ

リンゴ:14個

グラニュー糖:1.4kg

レモン:2個

塩:適量

作り方

①ジャム瓶の煮沸消毒

リンゴジャムを保存する瓶を煮沸消毒します。

②塩水をつくる

リンゴを14個分の皮をむいていると、リンゴが酸化して茶色になるので、酸化防止のために皮をむいたリンゴを入れておく塩水をつくります。

③リンゴの皮をむく

IMG_2090

リンゴ14個分。大量です。因みに、我が家の鍋では1回に製造出来る量はリンゴ14個分が限界。

④レモンをスライスする

レモンを5mm程度の暑さにスライスし、レモンの種を取る。

⑤リンゴを似る

IMG_2094

切ったリンゴとグラニュー糖とレモンのスライスを入れて煮る。

リンゴから水分が出るので、水は加えない!!

⑥アクをとる

IMG_2077

リンゴを煮るとアクが出るので、ひたすらアク取りをする!

リンゴが柔らかくなってきたらレモンを捨てる。

⑦煮詰める

IMG_2088

リンゴを煮詰めて、この程度になったら完成!

⑧冷めたら瓶詰め

IMG_2103

ある程度冷めたら、瓶につめて完成です!

リンゴの皮のジャム

IMG_2095

リンゴを26個も皮をむくと、大量にリンゴの皮が発生する。捨てるのももったいないので、この皮もジャムにしてみた。

準備

ジャムを入れる容器:1Lのジャム瓶を2つ

リンゴの皮:26個

グラニュー糖:1kg

レモン:1個

作り方

①ジャム瓶の煮沸消毒

リンゴジャムを保存する瓶を煮沸消毒します。

②リンゴの皮を細かく刻む

リンゴの皮を細かく刻みます。今回は、ここで少々失敗でした。包丁ではなく、ミキサーで粉砕?した方がよさそうです。煮る前に、リンゴの皮がペースト状になっていた方が良いかもしれません。

③リンゴの皮を煮る

IMG_2105

リンゴの皮とグラニュー糖とレモンを入れて煮る。

④煮詰める。

リンゴの皮を煮詰めます。

リンゴの皮が柔らかくなってきたらレモンを捨てる。

今回は、煮詰めたあとで、皮がペースト状になるまでミキサーでミキシングしました。

⑤冷めたら瓶詰め

IMG_2115

ジャムが冷めたら、瓶詰めして完成です。

まとめと反省

  • リンゴの皮も大量にあると、もったいないと感じる。
  • リンゴの皮だけでもジャムになる。
  • リンゴの皮のジャムをつくる場合は、リンゴの皮を煮る前にミキサーで粉砕しておくとよい。
  • リンゴを4つ切りにした場合の皮の剥き方は、リンゴの上下を少し落とすと早く綺麗に皮がむける。
  • リンゴの皮のジャムは、リキュールとか入れた方が美味しい感じがしないでもない。来年までの課題にしておく。
  • 通常のリンゴジャムの方は、少々グラニュー糖が多かったので甘さが際立つジャムになってしまった。
  • 会社の約款にジャムの製造・販売を加えた方がいいかもと思ったり。

また、来年もつくろっと!

Tagged with:
12月 05

中流ホワイトカラー職が減少していく時代に良い職を得るには」を読んだ勢いでブログ書いてみた。

管理職も他人事ではない

グローバル化、日本の人口減少で中流のホワイトカラーの仕事は減っていくのは間違いないですね。記事では、中流のホワイトカラー=現場で働いている人を中心にして書かれています。

この流れは、現場で働く人に限ったことではないんじゃないかなと思ったりします。今、全国に管理職と呼ばれる人たちがどの程度いるのかは分かりませんが、管理職にも当てはまる話かなと。

これまでのライフモデル

一昔前までのサラリーマンとしてのライフモデル(ライフプラン)は、管理職になってそれなりの給料をもらって定年まで勤めて、後は年金で贅沢とは言わないまでも、それなりの生活をして人生を全うするモデルだったと思います。

ところが、バブル崩壊やらグローバル化やらで、そんなモデルが通用する時代はもうとっくの昔に終わっている。会社からはプレイングマネージャだとか好き勝手な言葉で、管理職だろうか平社員だろうが関係なく働けと言われている。

管理職、特に?中間管理職になると事業の数字的な責任やプレッシャー、生産性や効率性向上のプレッシャーなどが大きくなります。部下のメンバーを減らして、 なおかつ事業の数字値的目標は達成しろ!と言われる。部下もメンバーも疲弊していくことは間違いない。その結果は、自殺者数や鬱病者数というところにも現れているんじゃないのかなと思うわけです。

先日話題になった「年金支給開始年齢の引き上げ」で、60歳とか65歳の定年退職後、実際に年金をもらえるまでは、収入が無くなってしまうという現実を突きつけられ始めました。今、51歳以下の人たちは、間違いなく一生働くということになることは、人口構造から言って間違いないじゃないのかと。

組織の中の管理職と社会の中の「個人」

企業などの組織の中の管理職になると、当然、勤めている会社で行っている事業の現場の仕事からは離れることが多いでしょう。要するにモノを作る事業をしている会社ならモノ作りから離れるわけです。そうすると何がおこるのか?当然、個人としてはモノを作り出す力やサービスを提供する力(スキル)が低下していくわけです。

経営者としては、管理職には管理職の本分である「社員の仕事の最適化をし、事業の成果を最大化させる」という使命(個人的にこう理解している)を全うして欲しい訳です。その為には、管理職の人にはマネジメントのスキル習得を求め続けます。管理職になった人のスキル習得は、当然マネジメントスキル習得がメインになっていきます。まあ、当たり前ですが。

管理職というのは、企業などの組織の中では成り立ちますが、定年退職して社会の中の「個人」になったとき、「個人」では当然組織を持たないため「管理」という仕事だけでは事業(個人として世の中に何か価値を提供する=収入を得るために行うこと)は成り立たないことが多いんじゃないのかなと思ったりします。

社会の中の「個人」としてどう生きるのか

定年後に、社会の中の「個人」となった時に収入を得るためには、世の中のためになることをしなければなりません。具体的に言うと、何かを作って売る、何かのサービスを提供する必要があります。

まあ、定年後から死ぬまで(80歳の寿命だとしても20年間)の間に、それなりに生きていけるだけの蓄えのある人は別に収入を得るために働く必要もありませんし、子供が面倒を見てくれるという人もこんな心配は必要はないかもしれませんね。

しかし、ある一定時期まで、社会を維持していくコスト負担は増え続けます。団塊と言われる世代などが居なくなるまでは、どう考えて続きますので現時点で想定している貯蓄よりも多くの貯蓄が必要になるかもしれません。

子供世代の負担も、今後大きくなるので親の負担をまかないきれるとは限りません。

あと、結婚をせず子供 もいないという人も徐々に増えていますしね。

さて、定年退職して再雇用制度がある場合などは、その勤めて企業でもう少し働ける可能性もありますが、企業側も定年退職をする人をすべて再雇用するということは不可能でしょう。ということは、別の会社に再就職するということになりますが、どこの企業も事情は同じだと思いますので、これも限りなく無理なんじゃないのかなと。

今から準備を!

そうすると世の中の「個人」として、何かをして収入を得なければなりません。では、どうやって収入を得ていくのか?というと、自分に何ができるのか?どんなスキルがあるのか?と言う問題になります。

この時、何かモノを作ることが出来るとか、サービスを提供出来るとかのスキルがないと、本当に収入を得る術が出来なくなってしまう可能性が大きいんじゃないのかなと思います。

「個人」でもマネジメントのスキルは必要ですが、マネジメントのスキルだけでは何かを生み出すことは出来でないと思います。

ということは、企業などの組織に属している間に、一般的なマネジメントのスキルだけを磨いていては定年後に生きていけないという事態になりかねません。

仮に定年になった後(60歳とか65歳)に、何かモノを作るスキルとか、サービスを提供できるスキルを学ぼうと思ってもメッチャ大変じゃないかなと思います。

何が大変かというと、まずは年齢。歳を取るということは、体力が落ち記憶力などが落ちているのです。その時から新しい知識や技術をおぼえようと努力しても、若い時と同じようにはいかない訳です。

そうなる前に、企業などの組織に属している間に準備をしておくことが大切なんじゃないのか?ということです。

具体的にどんな準備が必要なのか?というと、自分はこんなモノが作れるとか、こんなサービスを提供が出来るというスキルの習得、お客さんになってくれる可能性がある人との人脈形成をしておく必要があります。

忙しい毎日の中で、そんなことを考えている暇はない!かもしれませんが、考えておいて損はない問題かなと思います。

さて、あなたは何のスキルで定年後の収入を得ようと思っていますか?

少々ぼやいてみる

学生時代に「利益・富の配分」ということを学んだ記憶がありますが、これからの何十年〜100年ぐらいの間は「利益・富」の先食いをしたツケで「負担の配分」ということがメインになるんでしょうかね。恨んでも仕方ないけど、ちょっと納得いかない。なんだかな・・・。

12月 03

横浜駅近辺はラーメン屋の激戦区の一つ。その激戦区の中でも上位にはいるのが「浜虎」だと思う。個人的な好みの問題なので、各種意見はあるとは思うけど・・・。

その浜虎で「鶏塩そば」を食してみた。

浜虎「塩鶏そば」

写真がピンボケなのは、あまりの空腹で早く食べたかったからとしておく。

この「塩鶏そば」、鶏ダシのスープがあっさりしているんだけど、うまみもしっかりしている。油の量もちょうど良いスープが旨いのです。

麺のほうは、もちっとした感じがあって結構ボリューム感があります。因みに麺を並と大盛りで選択可能です。僕には並でちょうど良かったけど、メッチャお腹空いている時は大盛りにしても良いかもですよ!料金は並盛りの料金でOK!

あと、これは旨いと思ったのが鶏肉のチャーシューが、鶏肉のうまさをとことんに出ているのですよ。あっ!鶏肉食べてる!って気持ちになります。

お店は、横浜駅北改札口から橋を渡ってソープのお店を超えたところ。横浜駅からは少々あるけど、美味しいので良しとしましょう!

横浜でラーメン食べよかな〜と思ったら、思い出したい一軒ですぞ!

関連ランキング:ラーメン | 横浜駅神奈川駅反町駅

12月 01

11月は、このブログや TravelerMedia.com の記事数が少なかったと反省しています。

一応、言い訳をすると、会社の新サービス(Webサービスですが)のシステムの要件定義がかなり大詰めを迎えていて、ブログを更新している場合では無かったということが大きな理由でしょうか。

さっさと、要件定義を終わらせて、システム開発を手伝ってくれる会社に仕事を発注しないと!と思っていますが、これまた少々悩ましいことがあったりします。

すべてを自社開発すべきか、それともシステム開発をしてくれるところに依頼をするのか。自社開発をするとなると、人を雇う必要があったりします。初期開発&サービスリリースをしても、第二次開発、第三次開発とまだまだ続きますので、すべてを自社開発した方が良いとは思うのですが、どこまでマネタイズドできるのか?っていうのもあり、なかなか人材を増強するということの判断が難しいとこです。

会社を7月に設立してから人脈形成ってことで、既に250人から300人ぐらいの人と会って話をしてきたが、欲しいと思う人はいるが、なかなか一緒に働いてくれるまでにはいかない。人材獲得って本当に難しい。

今まで勤めた会社は、それなりにネームバリューのある会社もあったので、人材を採用することに対する難易度について考えたことも無かった。ネームバリューのない会社では人材を採用すること自体でも大変なことをつくづく実感する今日この頃。

サービスでもやりたいことはたくさんあるし、会社のホームページも開設したい(まだ、これもない・・・)し、いろんなところに取材にも行きたいし・・・。やりたいことはたくさんあるけど、時間が足りないという状況が続いています!!!

ワイン

話は変わりますが、今日、近所にスーパーのサミットが開店した。そこでオーストラリア産ワインを1本調達。今、このワインを飲みながらブログを書いていたりする。このワイン(790円)値段のわりに旨い!調子にのって飲み過ぎないようにしないと・・・。

少々酔っ払い気味なので何を書いているのかよく分からなかったりもするが、要するにやりたいことと実際に出来ることは違うってことです。

preload preload preload