4月 30

台北には、皆さんご存じの先日まで世界一の高さを誇ったビル「TAIPEI101」がある。2011年4月30日現在で世界一の高さのビルはアラブ首長国連邦ドバイにあるブルジュ・ハリファだ。

IMG_0675

さて、先日まで世界一の高さを誇った「TAIPEI101」も台北を訪れた人が観光にくる場所としては有名だろう。

遠くから見ると大きさがよく分かる。しかし、人間という動物は昔から巨大建造物を作るのが好きな動物である。ピラミッド作ったり、橋をつくったり。なぜ、人間とは、こうも大きなものを作るのが好きなんだろうと思ってしまう。

さて、このTAIPEI101には、89階の室内展望台と91階の屋外展望台の2つの展望台がある。訪れた日は、残念ながら天候の影響で91階の屋外展望台に行くことは出来なかった。残念!!

IMG_0686

屋内展望台までは5Fのチケット売り場から超高速エレベータで一気に89階まで上ることが出来る。そのエレベータの速いこと。37秒、分速1010mで上昇していく。エレベータの模型を見ると空気抵抗を少なくする形状になっていたり、高速で移動する形状になっていたるすることがわかる。

ちなみに、TAIPEI101は熊谷組を中心としたJVで建設された。ここでも日本の建設技術が生かされている。

IMG_0688

ビル中心の87階から92階に銅板で出来た球体がつり下がっている。これは風の揺れを吸収する装置だそうだ。地震の揺れも吸収するのだろうか。台湾も地震の多い地域。さらに台風も多い地域。89階にいて先日の東日本大地震の揺れはどんな感じになるのだろうか?ちょっと想像しただけでも怖い。

今は世界第二位のビル。世界第一位のドバイのビルも行ってみたい気もしないでもない。その前に、2012年春にオープンする東京スカイツリーにも行っておかないと。

地図を載せる必要もないとは思うが一応ね。


より大きな地図で Taipeoi101 を表示

Tagged with:
4月 29

台湾を訪れた人のほとんどが見学するであろう「国立故宮博物院」を訪れた。

最寄り駅は地下鉄の台北捷運淡水線の士林駅。そこからバスで故宮博物館前で下車すると、目の前に故宮博物院がある。ちなみにバスの料金はNT$15。このバスでもEasyCardが利用可能。料金は定額のようで、バスに乗車する時にEasyCardをカードリーダーに1回タッチするだけだ。下車時にはカードリーダにタッチする必要はない。

地下鉄の士林駅から故宮博物院へ行くバスの路線は全部で4路線。系統だと小18、小19、紅30、紅304の路線だ。士林駅のバス停は駅の出口1の改札を抜けて「中正路」という通りに面してバス停があるので、先ほどの4つの路線のどれかのバス停に並んでいれば、そのうちにバスはやってくる。士林駅の周辺図はここを参照あれ。

IMG_0773

さて、故宮博物院だが、午前中に訪れた関係なのか、中国系の人や日本人などの団体客が非常に多かった。平日に訪れているので、まだこの程度なのかもしれないが週末はもっと混雑するかもしれない。

1Fの個人用のチケット売り場の下の地下1Fには団体客が観光バスから降りて、団体専用のカウンターで受付をしているのだが、そこにすごい数の人たちがいた。その団体が地下から大挙して1Fの入場口に押し寄せていて、展示スペースに入るにも一苦労。

だいたい、どの博物館とか美術館でも展示品をみる順路がある。さて、問題なのは、観光ガイド等に載っている展示品の展示スペースには、団体客が占拠しているため展示スペースごとに入場制限をしているのだ。ゆっくり展示品を観るという感じになれない。後からあとから次々と団体客が来るので、ゆっくり観ていると押し出されそうになってしまうのだ。。。

故宮博物院には62万点の収蔵品があり、すべてを見るには8年は必要!と地球の歩き方に書いてあるが、まあ、全部を展示している訳ではないので、それぐらいの時間がかかるのも納得。しかし、展示してあるものだけをゆっくり見るには、どう考えても1日では足りないだろう。

パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ロンドンの大英博物館も大きかったが、台湾の故宮博物院も大きい部類だ。

かなり駆け足で見て10時から15時ぐらいまで故宮博物院にいた。博物院のとなりの至善園なども見るとさらに時間が必要になる。中国美術などに興味のある人は、この故宮博物院を見る時間には余裕を持ったスケジュールを組んだ方がよいだろう。


より大きな地図で 台湾故宮博物館 を表示

4月 28

台北の移動のほとんどは地下鉄とバスを利用したのだが、地下鉄やバスに乗っていて気づいたことがある。

それは、地下鉄やバスの中でお年寄りや体の不自由な人に席を譲る光景をたびたび見たのだ。それも若い人が、列車に乗ってくるお年寄りや体の不自由な人にさっと席を譲るのである。その行動が慣れていて、素早いのだ。

列車が駅に到着して乗車してくると直ぐに席を譲る。普段からやっていて普通の行動に見えて、すごくスマートに行動しているところが、なんとも格好良いと思ったのだ。

日本でもそういった光景を目にすることはあるが、東京では、人の数からするとこの様な光景を目にすることが少ないように思う。

僕の場合、列車に乗る時間が通勤時間帯だけで、最近、昼間に列車に乗ることが少ないから目にすることが少ないのか、それともそもそも日本の都会のお年寄りの人が列車に乗る機会が少ないのか、お年寄りが自体が少ないのか。

お年寄りが少ないことはないだろう。高齢化社会を迎え始めている日本にお年寄りが少ないというのはあり得ないので。

日本の人も譲り合う精神を見習い、スマートに出来るといいな〜と思ったりする。席を譲ってもらったお年寄りも、素直に親切を受け取ってほしい。

「そんな年寄り扱いするな!」と怒る人もたまにいるようだが、そんな時は素直に座ってもらったほうが席を譲った人も譲れた人も気持ちが良いと思うので、親切を素直に受けるようになるといいと思うのだ。

4月 27

Linuxの祭典であるLinuxConf Japanが6月1日~3日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。

事前申込みを忘れていて正規料金(US$150)の期間になってしまっていたが、昨日やっとRegistrationをした。

なんと言っても、家から会場が近い。チャリで行けちゃうぐらい。まあ、歩いてもいけるけど。

それに、KeynoteではLinus Torvaldsのセッションもあるので楽しみである。

3日間、いろんなセッションがあるので、どのセッションを聞こうか少々悩ましいが、いろいろ勉強してみたいと思う。

4月 27

この記事を書くにあたって、凄く長い前振りのある文章を一度書いてみたんだけど、結局、書きたかったことは、これからやりたいことに対して、今まで習得してきたスキルとは違ったスキルが必要になり、その勉強を始めたよってこと。

まずは語学力で、英語のスキルを向上しましょ!ってことだ。以前、使っていた smart.fm のサイトを訪れると、なんと!サービスが終了していた。

そして IKnow!という有料のサービスに変わっているのだ!

smart.fmは、無料の英語学習SNSで凄く気に入っていたんだけど、残念ながら有料化されちゃって残念な気がする。

以前は、ほとんど広告もなくサイト運営をしていて、これからどんなビジネスモデルでサイト運営を続けていくんだろう!と思っていたんだけど、残念ながら資金が回らなかったみたい。

新しくなった I Know! には、smart.fmを利用していた人に対して割引の料金が設定されている。今から新たに利用する人は毎月1000円ということだけど、ちょっと高い気がする。

割引料金は12ヶ月一括払いなら8400円が4200円で月々350円になる。まあ、月々350円なら、まあ、いいや!ってことで12ヶ月分一括で申込みをした。

さて、あとは目標をどう設定するのか?だな、TOICEの点数を目標にしようかな~。

あとは、これから本業になる業界のスキル、Webサービスに関する技術スキル、財務・経理とかも復習だな。

4月 27

百式管理人のライフハックブログ IDEA*IDEAで以前に紹介されていたの前川企画印刷のブロガー名刺の企画「ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!」でブログの名刺を作成してみることにした。

しかし、前川企画印刷さんのこの企画はかなり太っ腹。白黒で100枚1000円、フルカラーで100枚1300円。通常、こんな料金では作れない。

IDEA*IDEAの田口さんも評価も良いし、その他の方のコメントを見ても良さそうなので、これから問い合わせ&注文したいと思います。

名刺が出来たら、また報告したいと思います。

4月 27

今、世界中の都市ではICカード式の乗車券を販売しているところが多い。ロンドンでも香港でも地下鉄やバスなどに乗車出来るICカード式の乗車券を購入出来る。ツーリストにも便利に使えるのでこの乗車券を購入される人も多いだろう。

IMG_0888

台湾の地下鉄・バスにも同様にICカード式の乗車券を販売している。今回の旅では台北近辺の移動がほとんどなので、このICカード式乗車券である「EasyCard」を購入した。

EasyCardは、駅の有人のチケット販売窓口やコンビニ等で購入出来るらしいが、今回は地下鉄の有人のチケット販売窓口で購入。NT$100のデポジットと最低NT$100の乗車料金を払うと購入が可能だ。

また、チャージは駅にチャージ専用機がある。中国語、英語などに対応しているが僕がチャージした機械には残念ながら日本語の表示はなかったが、簡単なので中国語でも英語でも対応出来るだろう。
チャージ自体はNT$100、200(だったと思う)、500の区分があって、必要に応じて選択すると良いだろう。

ちなみにEasyCard自体は2年間有効で、2年間利用しないと使えなくなる仕組みになっているようだ。台湾に何度か訪れる予定のある人は購入すると良いだろう。

利用出来るのは市内の地下鉄やバスを基本として、その他にも使えるところがあるようだが、僕が今回使ったのは地下鉄どバスのみ。

4月 26

今回の台湾の旅の目的の一つのスマートフォン購入のために、台湾の電気街を訪れてみた。大きく2つの地域にあるようだ。

  • 台北駅近辺
  • 光華商場近辺(地下鉄の忠考新生駅近辺)


より大きな地図で taiwan electric town を表示

台北駅近辺
台北駅の目の前に「KMall」と「NOVA」という2つのビルがある。
KMall
ここはちょっとこぎれいな感じのお店が入ってる。PCや携帯電話関連のショップが地下1Fと1Fに入っている。

NOVA
このビルは昔の秋葉原デパート的な雰囲気のお店が入っているビル。地下1Fから3Fの4フロアにたくさんのお店が雑然として入居している。KMallと比較して少々雑然とした感じがあるので、初めて訪れた人や中国語が得意ではない人には少々きついかも。しかし、お店によっては英語で対応してくれる店もあったりするので、チャレンジするのも良いだろう。

光華商場近辺(地下鉄の忠考新生駅近辺)
こちらは、まさしく昔PCショップが全盛を極めていたころの秋葉原に似た雰囲気だ。
光華商場の通称“光華数位新天地”というビルにPCやオーディオなどマニア向けの小さなお店が7フロアに渡ってたくさん入っているビルだ。このビルをメインとして近辺にショップが固まっている地域。

IMG_0869

写真は光華数位新天地のすぐ近くの「八徳路電気街」。

どこのお店も基本的に秋葉原で売っているものの価格には差はないようだった。光華数位新天地にはたくさんの専門店があって、いろいろ丹念に見て回ると面白いだろう。

preload preload preload