9月 29

近年の日本の都市部では、駅やデパートなどに自動洗浄の機能が付いたトイレが増えている。用をたした後に、センサーに手をかざすと水が流れる仕組みのアレである。

以前から、駅のトイレとかではそれなりあったのだが、最近のこの機器のセンサーの反応が著しく向上したことが原因なのかは不明だが、トイレ(座る方ね)で用をたしている途中で何度もセンサーが反応して水が流れてしまうことがあるのだ。

センサーの感度が上がってしまったことが原因なのか、それとも故意にセンサーの感度を上げて、なるべく臭いを出さないようにしているのかは不明だが、水が勿体ないと思うのは僕だけだろうか。

ん~、はてさて、理由は如何に???

# 風呂のネタの次はトイレかよ!と言いたい方もいるかもしれないが、どちらも共通なのは「気持ちよい」という事だ。

9月 29

コミックを買ったのは、何年ぶりだろうか。かれこれ、十年以上はその記憶がない。その十何年ぶりに買ったコミックが「テルマエ・ロマエ」だ。

世界で風呂好きな人種と言えば、ローマ人と日本人だろう。この2つを組み合わせて作られたコミックが「テルマエ・ロマエ」だ。

ストーリーはローマ帝国時代の浴場技師ルシウスが、浴場で溺れることで現代の日本のいろんな浴場へタイムスリップし、そこで出合い知った日本の浴場文化や技術をタイムスリップしてローマ文明へと展開するというお話。

まあ、ストーリーは漫画なので何でもありだが、発想としては面白い。そんな発想以外にも、ローマ人がどのように風呂に入っていたのかということも解って面白いのだ。

現在のローマ市のフォロ・ロマーノにも大浴場跡があるが、ローマ市はもとより旧ローマ帝国の支配下にあった場所には浴場の跡が残っている。

Bath Spa Station

以前、訪れたイギリスのBath Spaもローマ帝国時代にローマ人が作り上げた浴場である。

大浴場を2階から。

Bath Spaの内部の露天風呂。このBath Spaには温泉が沸いている。写っているのも温泉である。

それ程に、ローマ人たちは風呂好きだった。日本人と相通ずるところがある。そんな日本人だから作れた本だ。

風呂とローマ人が好きな人には、とっても面白く読めるだろう。それ程でもない人でも日本人なら面白く読めるコミックである。

第三巻が待ち遠しい。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) ヤマザキマリ

エンターブレイン 2009-11-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star意表を突く作品
starおもしろい
starアンティノウス像発見!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス) ヤマザキマリ

エンターブレイン 2010-09-25
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star第3巻が楽しみ
starとても面白いですが、パターン化しつつあるので先が読めてしまいます。
starクソが付くほど真面目なルシウスに爆笑と共感

Amazonで詳しく見る by G-Tools

9月 26

東京散歩は久々だ。台風が過ぎた土曜日に赤坂へと行ってみた。

赤坂には、仕事で何度も来ているが、観光気分で訪れたことはない。だいたい、東京の街を観光気分で歩いた経験は少ない。

DSCF1925

さて、最初にやってきたのは「豊川稲荷」だ。ここは愛知県豊川市にある「豊川稲荷」の東京別院である。昔、子ども頃は、毎年元旦に豊川稲荷へ初詣へ行っていた記憶がある。

DSCF1918

豊川市にある「豊川稲荷」に比べて、コンパクトにまとまった感じが良い。通常、稲荷というと「狐を祀った神社」だが、豊川稲荷は「鎮守・豊川だ枳尼真天(とよかわだきにしんてん)」を祭っている。
「稲荷」という名称を使っているが、曹洞宗の寺院であり、円福山 豊川閣 妙厳寺(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院である。

DSCF1921

意外と立派な鳥居もある。

DSCF1929

台風が抜けた午後、赤坂の空は雲ひとつない良い天気。赤坂の空にホテル・ニューオータニのタワーが印象的である。

DSCF1930

次は「日枝神社」へと。ここも一度も訪れたことがない。今回は裏から入ることに。

DSCF1933

「稲荷参道」から入っていくと赤い鳥居が連なっている。へぇ~、こんなモノがあるんだと素直に感動。

DSCF1939

プレデンシャル・タワーと日枝神社。ん~、なんとも対象的。

神社の本殿で、結婚式をやっていた。外にはもう一組の新郎・新婦の姿も。神前結婚式をやる人って、まだいるんですね。

DSCF1950

赤坂見附駅へと戻る途中で「俺のハンバーグ山本」を発見した。いつの間に赤坂にお店が出来たのか?と思いつつハンバーグを食べることにした。

どうやら今年の8月に赤坂店を開店したそうだ。

DSCF1951

赤坂と言えば「とらや」だ。とらやの羊羹は食べたことないので、ちょっと買ってみることに。今回は栗蒸羊羹と小さな羊羹の詰め合わせを買ってみた。

この羊羹、食べてみると流石に旨い!甘さが控え目な感じが良い。さて、栗蒸羊羹は栗の甘さと羊羹の甘さが絶妙にバランスが取れていて、羊羹ってこんなに旨かったのか!と思うほどだ。流石に、世界に進出するだけのことはある。

9月 06

青春18きっぷの旅も第四弾。今回は昨年お台場で展示されていたガンダムが今年は東静岡駅前に展示されている。昨年は、見逃した為、青春18きっぷを利用して訪れることにしたのだ。

しかし、三週連続で旅に出ていて少々お疲れだったので、行こうかどうか迷ったのだが切符も勿体無いので頑張って東静岡まで約3時間弱の旅の始まりだ。

DSCF1887

熱海で乗り換えて東静岡駅へ到着。

IMG_0975

お~、ガンダム。やっぱりデカイ。やっぱりカッコいい。もっと動くと面白いのだが。。。

近い将来、このデカイ図体が本当に動く時代が来るかもしれない。そんな時代はあと50年だろか、100年だろうか。自分が生きている内に見られるかどうかは解らない。

IMG_0983

後ろ姿もカッコいい。

IMG_0990

会場にはいろんなラーメン屋さんがお店を出していた。東京のラーメン屋は東京で食べればよいってことで富山ブラック「麺屋いろは」を食べることに。炎天下の暑い中ラーメンは少々きつかったが、ラーメン自体は醤油ベースのコクのあるスープが旨い。

あまりの暑さに、ガンダムとはお別れをして静岡駅へと移動。駅のガード下にあるカフェで休憩。この日は、少々疲れがたまっていたので新幹線でぴゅっと帰宅することに。

DSCF1890

これで、青春18きっぷを全部使い果たした。今回は、青春18きっぷを使い切るのは少々辛かった。四国の旅がなければまだ余裕があったのだが。。。

さて、これで2010年の夏の旅は終了だ。今年の夏はたくさん旅が出来て大満足。少々無理をしている気がしないでもないが。。。

[gmaps:34.9846515230794/138.4119415283203/14/500/330](comment)[/gmaps]

9月 05

さて、今回の夏の旅も帰路に付くことに。四国の弾丸ダイジェストツアーとなってしまった感じだ。ちょっと、やりすぎた感は否めない。

IMG_0960

帰路もJAL便。

DSCF1881

帰りも737-800型。座席も往路と同じ22列目の非常口座席だった。非常口座席は最後まで空席にしておくので、数人単位に揃う形だとこの座席になってしまうのだ。

そんな訳で、今回の四国の旅も終了。来年も同じメンバーでどこかへ行くに違いないが、次回は涼しいところにしたいと思ったり。

また、来年の企画を乞うご期待。

9月 05

今回の四国の旅の最後に訪れたのは、瀬戸大橋の見える公園。

IMG_0946

バブルのときに建てられたというゴールドの建物。はっきり言って必要ないと思う。バブル時代は、本当にお金が余っていたって感じしますね。

IMG_0942

瀬戸大橋。ここ2年ぐらい前に出張で電車で渡ったことがある。

IMG_0948

瀬戸内の海がキラキラして綺麗だったので一枚撮ってみた。因みに、とっても暑くて、写真をとって高松空港へと向かったのでした。

[gmaps:34.31274465526036/133.80785465240479/15/500/330](comment)[/gmaps]

9月 05

香川には何度か来たことはあるが、金比羅山を訪れたことはない。日本にもまだまだ訪れたことがないところが多い。炎天下の中、金比羅山へ上ることに。

IMG_0901

こんな階段が1300段あるそうだ。

IMG_0906

金刀比羅宮は、海上交通の守り神を祭っている。そんなこともあり、階段を上っている途中に大きなスクリューがある。しかし、デカイスクリュー。何トンの船で使っていたスクリューだろうか。

IMG_0917

登り始めて1時間弱で金刀比羅宮に到着。流石に汗だくだ。

IMG_0923

遠くに、瀬戸大橋が見える。結構眺めが良い。真夏の日中に来るのは間違っている気がしないでもない。

DSCF1874

階段を下りている途中で食べたカキ氷。流石に全部は食べられませんでした。。。

[gmaps:34.1842578233049/133.80901336669922/14/500/330](comment)[/gmaps]

9月 05

四国へ来てうどんを食べないわけにはいかない。松山から金比羅まで車を飛ばしてやってきた。この辺りには沢山のうどん屋さんがある。有名店は行列が出来るお店も多い。さて、今回、一緒に行った人のお勧めもあり「宮武うどん」へ向かった。しかし、お店は残念ながらお休み。

DSCF1869

近くにあった、地元の人が利用しそうなお店へと。

DSCF1870

この日は、とっても暑くて太陽が肌を刺すような暑さだ。

DSCF1871

注文したのは、ぶっかけうどん+温泉たまごだ。

DSCF1872

ついでにちくわ天ととり天も食べてみた。

うどんは、流石に本場だけあって旨い。のどごしのよさとコシがある感じ。もっといろんなところのうどんを食べてみたいが、この旅も後半で少々胃も疲れている感じなので、また次回訪れて食べてみたい。

こんぴら街道
住所:香川県仲多度郡琴平町上櫛梨851
TEL:0877-75-0055
営業時間:10:30~16:00 オーダーストップ15:30
定休日:なし
[gmaps:34.21549298257326/133.81622314453125/14/500/330](comment)[/gmaps]

preload preload preload