8月 24

週末を利用した香港の旅は、あっという間に終わる。金曜日の深夜について日曜日の15:00の便で帰国するので、遊ぶ時間は土曜日の丸1日しかないからなのだが。

DSCF0467

帰りも当然JAL便。毎度の如く非常口座席を予約。この席は足が伸ばせるというメリットがあってよい。しかし、事件は飛行機の中で起こった。非常口座席のドア側(要するに3席あって一番窓側で隣の席)の席は空いていたのだが、隣の人がデブで窮屈で、この席にどうしても移動したいという女性がいたようで、キャビンアテンダントが交渉にきたのだ。まあ空き席なので断る理由もないのだが1回は断ってみた。反対側の席も空いているしとおもったのだ。30分ぐらいするとまた別のキャビンアテンダントが来て交渉が始まった。面倒なので、協力したまではよかったのだが、この席に来た日本人の30代(たぶん)女性は、いかにもアタシャ乗りなれているのよ!風な人で「すいません」など一言も言わずにどかっと座ったかと思えば、靴を脱いで足をドアの出っ張りの部分に乗せてグウグウ寝始めたのだ。

ん~、この人、どうなんだろうと思ったり。行儀が悪いというのか、何というのか。外人も行儀の悪い人もいたりするが、ここまで悪い人はいない。ちょっと日本人として恥ずかしいぐらいで、こんな人にはなりたくないと思ったことは言うまでもない。

DSCF0469

今日は41番ゲート。

DSCF0472

搭乗前に空港内で遊んでいたので、昼ごはんを食べることが出来ずJALのラウンジでおにぎり食べただけで、メッチャ空腹だったので機内食も旨く感じる。

そんな、こんなで成田空港へ到着。流石に週末に香港へ行って、翌日の月曜日から金曜日まで1週間フルに働くと流石に疲れる。歳をとった感じがしないでもない。。。

という訳で、夏の旅の第一弾は終了!

8月 24

今回の旅のメインイベントとも言えるビクトリア・ピーク。前回はあいにくの雨だったので、諦めたのだが今回は天気もよいので絶好の機会である。まずは下見がてら昼間に一度行ってみることに。

IMG_6261

ピークトラムの駅。昼間で、この混みようなので夜にはどれだけ混むのだろうか?と少々気にならないわけではないが、取り合えずピークトラムの乗車を待つこと約15分。

IMG_6272

やっと乗車可能なトラムがやってきた。このトラムにのっていざ頂上付近へ。

IMG_6281

いくらワイヤーで引っ張るとはいえ、余りにも急勾配を登っていく。30度から40度ぐらいの勾配だろうか。話は変わるか、隣に座ったオーストラリアからきた爺さん(孫家族と一緒に来ていた)の Aussie English があまりに訛りが酷くて殆ど聞き取れなかったので、適当にしゃべってしまった。爺さんゴメン。まあ、こう書いても爺さんは英語しかわからなさそうなので、日本語のブログで謝っても意味はないのだが。。。

IMG_6289

ピークトラムに揺られること15分程度で山頂駅へと到着。

IMG_6295

早速、夜景を撮影するための撮影ポイントを探すことに。最初に来たのは Lions Club がお金を出したのは不明だが、無料の展望スポットから一枚。(本当は沢山撮影した中一枚ではあるが)

昼間の状態で、対岸の Tsim Sha Tsui の高層ビル群があまりの湿度の多さに霞んで見える。この季節だからこんな状態なのか、それとも年中こんな状態なのかは不明だがこの日はこんな感じだ。

いろいろ夜景撮影スポットを探して、一旦ホテルへ戻って腹ごしらえと撮影機材(機材といっても三脚だけだが)をもって再度やってくることに。

19時ごろに、ピークトラムの駅へ再度やってくると長蛇の列。流石に世界の三大夜景スポットだけのことはある。因みに、その他の二つは函館山とナポリのポジリポの丘だ。
昼間の混み具合でトラムを2列車乗り過ごしたので、列に並んでいる人の数で推測すると2時間待ちぐらいでは?と判断。走ってきたタクシーを捕まえて山頂駅まで15分ほどで移動。

IMG_6357

三脚使ってもなんとなくピンボケ気味なのが。。。である。もっと腕を上げて、またいつかチャレンジしたいものだ。それまでは横浜の夜景で練習かな。

IMG_6369

やっぱり、夜になっても湿度が高いせいか、対岸のビルは綺麗に見えない。。。あぁ~、やっぱり。。。
今回撮影した場所はここ。

[gmaps:22.27088130582603/114.15085136890411/14/480/360](comment)[/gmaps]

ここは、無料の展望台から1~2分奥へ入ったところ。展望台よりも人が少なくて三脚を立てていても大丈夫であった。

IMG_6410

山頂での撮影にも飽きたので、対岸の尖沙咀プロムナードへ移動。土曜日の夜なので、オフィスの電気が点いていないので、若干夜景としては今ひとつな感じではある。

[gmaps:22.29312928471077/114.17134881019592/15/480/360](comment)[/gmaps]

8月 23

金曜日、仕事帰りに品川駅でむしょうにおなかが減ったので品達の「せたが屋」でラーメンを食べてみた。

DSCF0602

少々暗い写真になってしまったが。。。

DSCF0601

夜になってもまだまだ暑かったので、つめ面を食べることに。魚介のスープが妙に旨いし、太麺とスープとの相性もバッチリで旨い。いつ来ても並んでいる訳である。次回はせたが屋らーめん食べてみよっと。

[gmaps:35.62710663426665/139.73790764808655/18/480/360](comment)[/gmaps]

8月 23

この旅もB級グルメまっしぐらだ。今回の旅のB級グルメをまとめて紹介。

DSCF0411

さて、香港2日目の朝食はお粥だ。流石に Tsim Sha Tsui の街も朝からやっている飲食店は少ない。朝から蒸し暑い街をトボトボ歩いて入ったお店は「洪利粥店茶餐廳」だ。

DSCF0402

メニューは中国語のみ。想像して頼むしか方法はない。

DSCF0407

注文したのは「猪潤稜魚球粥」だ。豚のレバーと何の魚か解らないのだが、練り球である。朝からレバーか~!と思ったのだが、もう注文して目の前に来てしまったものは仕方ない。以外とこのレバーが柔らかくて旨いのだ。ちょっと病みつきになりそうな感じ。中華スープに若干レバーの風味が移っていたりで以外と旨かった。

IMG_6333

2軒目は「香港仔魚蛋粉」だ。これまた勘で入った店。

DSCF0422

相変わらず、中国語オンリーのメニュー。

DSCF0427

そういえば、野菜食べてないということで、日本語で言う中華丼を頼んでみた。中国語名は忘れた。ん~、これは微妙な感じ。まずくはないが、旨くもないといった感じ。この店のものが全て旨くないわけではないと思うので、機会があったら別のものを注文してみたいものだが、二度と訪れる機会はないかもしれないが。。。

3件目は店の名前と店舗の写真を撮ってくるのを忘れた。場所だけはわかるので地図で表示。

[gmaps:22.298072799199765/114.17263090610504/16/480/360](comment)[/gmaps]

DSCF0452

相変わらず中国語オンリーのメニュー。さて、どれにしますかね。昨日の朝食はお粥だったので、今回は麺類を食べることに。

DSCF0455

DSCF0457

これまた中国名は忘れたが、はんぺんと魚のすり身団子が入った中華麺。麺は細めのちじれ麺で、野菜と鳥?のスープが旨かったかな。細い麺は嫌いではないが、個人的には今ひとつかも。香港で食べる麺類ってこんな感じな麺なんでしょうかね。ちょっと調べて次回は、もっと別系を探して食べてみたい。まだ行くつもりなのか?と聞きたい人もいるかもですが、行きますよまだまだ。なんてたって、香港とか台湾は近いからね。

今回は、こんな感じ。最終日の昼ご飯は香港国際空港で少々遊んでいたので食べる時間がなくなって、JAL のラウンジでおにぎり食べて終了!といった感じでした。

前回、今回と勘をたよりに飛び込み形式でお店に入ったが、当たりもはずれもあって勝率50%程度なので次回はもう少し調べて行った方がいいかもと思ったり。

8月 23

イタリアは、どこへ行っても美しい街が多い国である。そんな数々の美しい街の中でもっとも美しいと思われる街「アマルフィ」をタイトルにした映画「アマルフィ 女神の報酬」を観た。

正気、内容と役者にはあまり期待していなかった。イタリア・アマルフィの美しい街や海岸の綺麗な映像を大迫力のスクリーンで観たかったのだ。アマルフィ海岸は世界遺産として登録される程の美しい海岸である。アマルフィについてはWikipediaを参照いただきたい。

さて、映画の方だが、織田裕二が少々格好良すぎでは?と思ったりもした。映画の迫力とかストーリー展開の面白さとかは今ひとつだが、戸田恵梨香ちゃんが可愛いのと、サラ・ブライトマンがセガルタ宮殿で「Time to say good by」を歌うシーンがよかった。このセガルタ宮殿でサラ・ブライトマンが「Time to say good by」を歌うシーンは、滅多に観られるものではない。それだけの為に映画を観るのも価値があるかもしれない。

映画を観た後に、ついついサラ・ブライトマンの「Amalfi SARAH BRIGHTMAN LOVE SONGS」を買ってしまった。

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~ サラ・ブライトマン

おすすめ平均
stars(?_?)
stars予約しました!
starsブラヴォー!!
stars世界の歌姫
starsかなりおススメです

Amazonで詳しく見る by G-Tools

8月 23

山形の旅も、そろそろ終盤へと。

IMG_6982

米沢駅へ到着。

IMG_6995

一緒に旅をした一人は、ここから新潟方面へ行くとのことで、一足先にお別れだ。鉄男の本領発揮で新潟方面までローカル列車を乗り継いで行くらしい。我々が一時間後の新幹線に乗って家に着いた頃に彼はまで列車で移動中ということらしい。後から携帯で調べると新幹線で大宮まで出て、新幹線を乗り継いだ方が時間的には早く着くことが出来るみたいだったのだ。流石、鉄男だ。

IMG_6996

IMG_7008

つばさ90号(臨時列車らしい)に乗って一路東京へ。

IMG_7017

車内販売で買った今回の旅の最後のご飯。「牛肉どまん中」弁当。平たく言うとすき焼弁当なのだが、ビールと一緒に食べると旨かった。

こうして、今回の山形の旅も終わり。濃厚な3日間を過ごした気がする。普段は、一人での旅が多い。多くても2、3人の旅なのだが、今回は5名ということで楽しい旅が出来ました。温泉あり、グルメあり、歴史あり、絶景ありの盛りだくさんの旅でした。山形には、今回訪れることが出来なかった場所がまだまだありますので、次回いつかまたこの地を訪れてみたいものです。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

峠駅の脇にある茶屋で、この日のランチを食べることに。

IMG_6965

山椒のコンニャクの田楽。またしても、写真撮る前に一口食べてしまった。やっぱりコンニャクが歯ごたえのある感じでよい。

IMG_6969

焼おにぎり。大葉と焼けた醤油が絶妙にマッチしていて旨かった。

IMG_6966

そば。僕は食べていないが。

IMG_6971

この峠の茶屋は、山深い場所にある。その為かどうかは不明だが、アブとかが沢山お店の中を飛び回っていた。一緒に行った東京生まれの東京育ちの自称シティガールは、アブに好かれたみたいでぶんぶんと周りを飛び回り、そのたびにキャーキャーと大騒ぎ。最後には胸元に入ったらしく、大変なことになっていたみたい。お店にいた幼稚園ぐらいの女の子は平気な顔していたのだが。。。自然は、人間が苛めなければ何もしないんだけどな~と思ったり。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

姥湯温泉に向かう途中に奥羽本線の「峠駅」がある。この駅は、東京から山形へ向かう新幹線の中で鉄男達が昔のスイッチバックがあった場所だ!という事で盛り上がっていた場所である。

IMG_6958

うっそうとした森の中にある駅だ。豪雪地帯なのだろう、ホームは写真の左側の建物の中にある。

IMG_6953

昔、スイッチバックする場所として使われていた場所みたいである。昭和の時代を感じさせる雰囲気だ。1990年ぐらいまで実際に使われていたらしい(確か。鉄男は言っていた)

IMG_6940

線路が続いているトンネルは、奥羽本線と山形新幹線が走る。線路はもう取り払われているが写真の左側のトンネルは、これまたスイッチバックに使われていたトンネルだろう。

IMG_6933

IMG_6934

一日に上下合わせて12本の列車が停車する。

IMG_6944

峠駅で写真を撮ったりしていたその時、東京方面行きの山形新幹線がやって来た。

[gmaps:37.81222509298159/140.2355432510376/11/480/360](comment)[/gmaps]

IMG_6977

峠駅から米沢へ向かう県道232号線沿いに見つけた撮影スポット。しかし、あまりに線路に近いので撮影する場合には注意が必要かも。というより、ここに立っていたら電車が止まってしまうかも。少々危険な感じがするので、場所うは非公開ってことで。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

preload preload preload