8月 28

人間の歩くスピードは以外と早い。っていうか、自分だけかもだけど。

そんな事を感じる事が最近良くある。ここ数年で進化した鉄道の自動改札機を通過する時に感じるのだ。

鉄道の自動改札は、ここ数年で凄く進化した。10年ぐらい前までは人間が改札に立っていたと思うが、切符と定期券が磁気式になって自動改札化されて、自動改札機に切符や定期券を通していたけど、それが今ではICカード化されて定期券や切符を自動改札機に触れる(実際には触れなくてもOKだが)だけで、改札を通過出来るようになって凄く便利になっている。

そんな便利になっている自動改札機には、いろんな工夫がされている。JR東日本の自動改札機のICカードを触れる部分の角度は微妙に調整されていたり、ICカードに入金してあるお金(電子マネー)の残高が表示されたりだ。

そんな残高表示が、今ひとつイケテナイ気がして仕方がないのだ。自分の歩くスピードが早いのか、何なのかはよく解らないのだが、自分が自動改札機を通る時に前の人の残高が表示されていることが殆どなのだ。

自動改札を通り抜ける時に、自動改札機の中ではICカードからICデータを読み取って、定期なら定期区間かを確認して、定期区間外ならどこから乗って、どこで降りて、どこからどこまでが定期区間で、定期券以外の区間の料金を計算して、追加料金をICカードから引いて、最後に残高を自動改札機の後ろ(出口)側にある液晶に表示させるということをしている。

こう書いてみると凄いことを1~2秒程度でやっている。そんな自動改札機は凄いと思うだが、人間の歩くスピードは以外と早くて、この短時間の間に自動改札を通り抜けてしまうのだ。自分だけかもしれないけど。

だったら、と考えたのが自動改札機の長さをもう20~30cmぐらい長くして、残高表示が表示されるようにしてもらうか、歩く人のスピードに合わせて表示スピードも変わるとかだといいのにと思うのだが。残高表示の機能は結構有効だと思う。残高が少なくなっている事が気がつかずに、自動改札機を通過した時にいきなり残高不足とか、定期券の期限切れで改札機が閉まってしまうと、他人に凄く迷惑をかけるからだ。

次の自動改札機の開発には是非、改善してもらいたいものだな。

8月 27

少々個人的なメモです。スルーしておいてくださいな。

CentOS5 VLC インストール手順

DVGのhttp://dag.wieers.com/rpm/のサイトを参考に以下の手順を実施

1.PGP-Key の import

http://dag.wieers.com/rpm/ のページに「Installation and Configuration」があるのでページを開く。

#rpm –import RPM-GPG-KEY.dag.txt

2.repositoryの登録

今回はCentOS5 なので Red Hat Enterprise Linux 5 / i386の箇所。

#rpm -Uhv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

3.yum update

# yum update

4.VLCインストール

# yum install vlc

あとは、yを1回押せば終了。

これでDVDやらmpeg2やらの映像が見られます。。。

8月 25

携帯電話が一般市民に浸透して、15年ぐらいは経つだろうか。以前の会社(今の会社へ転職する前の会社)は、携帯電話会社の出資会社していて、出資会社自ら代理店もしていた。その携帯電話の代理店の仕事に携わった時期があったりして、携帯電話の事業にはなじみがある。その時以来、ずっと同じ携帯電話の会社は変えていない。

少し前どうしても気になっていた携帯電話(電話かな)のマナーについて言いたい事がある。

最近(昔もこの対応をしていた人はいるとは思うが)、電話を掛けて来た人から

「今、話せますか?」

とか

「今、大丈夫ですか?」

と聞かれる事が間々ある。皆さんも、きっと経験があるに違いない。

電話を受けた人が特に問題なければ、この人はマナーのちゃんとした人だと思うシーンだろう。

が、しかしだ。電話を受けた人が話が出来ない状態場合には、このマナーは少々問題になる場合がある。電車に乗っていたり、打合せなどで他の人と大事な話をしているときとか、トイレにいる時とか、今は話が出来ない状態の時に、「今、電車に乗っているので」とか「打合せ中なので」とか言えば、マナーのある人なら「後から掛けなおします」とか言ってくれると思ったりする。

しかし、今、駄目!という事を伝えたにも関わらず、一方的に電話の用件を話出す少々困った人がいる。電話を受けた側からすると「今、大丈夫か?」と聞かれて「今、駄目」と答えているのに、何でこの人は用件を話出すのか?一体、なんで「今、大丈夫ですか?」と聞いたのだ!と言いたくなるのだ。

この「今、大丈夫ですか?」というのは、今や電話での挨拶の一つなのだろうか。ただの挨拶だったら「もしもし」と言えば済むと思うだが。。。自分本位の電話の掛け方というのも、どうかとは思うのだが。。。

ちょっと待て!この「もしもし」や「Yamazakiです」とかも、最近は無いかもしれない。相手が電話に出たらいきなり「あのさ~」と言って会話が始まる時代が来ているのかもしれない。

技術が進化したお陰で携帯電話にはアドレス帳があって、電話を受ける人は電話を受ける前に誰からの電話なのかが既に解っている。そう考えると新しい時代の電話のマナーとか、電話の話し方というのは今までとは違った形になるのかもしれない。

そんな時代の電話のマナーとは一体どんな形なんだろうか???と考えてしまう。

8月 23

地球環境が変わる時代がやってきているように思っているのは皆同じだろう。

地球上の人口は、ここ数十年で倍増した。1960年代には30億人程度だったのが、今では60億人を超えている。既に地球上で生産出来る食料で賄える人口を超えているという話も聞くが、まだ人口増加率は高止まりをしているようだ。2050年には90億人ぐらいになるらしい。

更に、人間が利便性を求めた結果?地球温暖化も進んでもいる。

どこにそんなに沢山のお金があるのかはよくわからないが、世界の資金が原油市場へと入り原油高になって、トウモロコシを利用した代替エネルギー需要を起こして(これもファンドが仕組んだ罠だったり)、世界の食料は高騰を続けている。(本当かどうかは定かではなけど。素人の僕にも新聞を読めばそんな事になっているようだということはわかる)

地球の温暖化と人口の増加と食料の高騰による食料危機。人間の欲望によって、地球環境は変わろうとしている気がしてならない。

この環境の変化は、一体何を意味するのか?という事をふと考えてみた。

地球環境は環境が変わる時、動物や植物などの地球の生きるものは進化?(環境に適合できるものだけが残ってきたとも言う)をしてきた。そして、今、地球環境は温暖な時期から変化をしようとしている。昔、アフリカが熱帯雨林で覆われた時代から徐々に砂漠化が始まって、一部の猿が生きる為に今までの住環境を捨てて、新しい環境へと出て行った時のように、今の人間も生きる為に新しい環境へと旅立つ時期が来ているのかもしれない。そして、その旅立ちは人間の次の進化が始まる時なのかもしれないと思ったり。新しい環境とは一体どんなものなのかはわかないが。。。

人間はどのように進化(環境適応)していくのか?

新しい環境に適合した人間は、どんな能力に長けているのだろうか。空を飛べるようになっているとか、光合成で生きていけるとか、空気が無くても生きていけるとか、はてさて1億年後に人間はどんな形をして、どんなものになっているのか。ちょっと見てみたい気がしないでもない。それとも進化(環境適応)ではなく、科学技術の力で第二の地球を発見してへ移住しているのか。。。。

因みに、世界の投資ファンドはやっぱり頭がいい。原油で儲けて、食料で儲けて。人間が生きる為に必要なものは、高いお金を出しても買わざる得ない。そこに資金を向けて次の需要を喚起して儲けるというビジネスモデルには感服だ。次に投資ファンドが狙うものは「水」か「空気」か「太陽」か。。。はて、さて。

ん~、妄想は、ここまでにしておこう。

8月 23

自動車保険は毎年更新しないとならないものだ。これはきっと常識だろう。僕の場合は9月がその時期にあたる。

今年も更新の時期が来て契約をしたのだが、今年は普通に自動車保険の他に「長期分割自動車保険」なるものも契約した。3年間、毎年の更新手続きが不要で、年払い、カード支払いも可能。更に、3年間で事故があった場合も3年間の保険料は変わらないというものだ。これって常識?

保険会社からしてみれば3年間の客の囲い込みが可能な囲い込み商法なのだが、まあ、利用者にもそれなりのメリットはあるように思えたので契約してみた。そんなに真剣に考えなかったけど・・・。

損保会社もいろんな事を考えているな~と思ったり。あ~自分も、もっといろんな事考えてビジネスしていかないとな~と思ったわけです。

8月 23

家では日本経済新聞をとっているのだが、日経新聞の土曜日の日刊(日経は朝刊とは言わない)には「日経PLUS 1」という別紙が付いてくる。

この日経PLUS 1の13面に「生活発見」という紙面がある。その紙面の中に「とことん試します」というコーナーがあって、日経新聞社の記者が生活に関する事を実際に試してみるというものだ。今日のお題は『ピシッとした「美しい姿勢」を体得したい!』という記事だった。

何故、この記事が目に留まったのかと言うと、昔から腰は弱いと思っていたのだが、最近朝起きた時から腰痛がするようになってきたので、これはいかん!と思い整体なんぞへ通っていた。腰が弱いという事もあるのだが、普段の姿勢がわるい(要するに猫背って事ね)ので、その矯正も兼ねて整体へと通っていた次第。

そんなタイミングで「美しい姿勢」って言葉にピン!と来た訳ですよ。昔から姿勢の綺麗な人を見るとかっこいいな~って思ったりしていたのですが、自分の事となるとなかなか猫背一つも直せなかったりも。

そして、今日の日経PLUS1で書かれていた記事の中でこれはいい!と思った美しい姿勢の訓練法が「かべ体操コナースクワット」だ。この体操は「部屋の角を利用してスクワットをする」という方法。

部屋の角などに立ち、尻、ひざ、足が壁から離れないように気をつけて屈伸

というものだ。記事には、これを1セット5~6回で三食後と就寝前に実施する事と書いてある。ちょっと自分でもやってみたのだが、骨盤が立つ感じになってなかなかいい感じなのだ。終わった後も骨盤が立った状態をキープされている感じになる。ちょっと続けてみたいですな。

8月 23

本の記事を書くのは久々だ。というよりもブログ自体の更新が怠っているという話もあるが。。。

さて、ここ1~2ヶ月で読んだ本を一気に!とは言っても、最近あまり本を読んでないので沢山はありません。悪しからず。

「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」

勝間氏の本は、相変わらず感服感が強い。物事を思考する時にフレームワークを使う事によって時間的な効率が上がることは確かである。この本で紹介されている全てを日々使っている訳ではないが、基本的なフレームワークを使って仕事はしている。まあ、使わないと時間がかかって仕方がないのだが。より沢山のフレームワークを使えれば、もっと効率的に仕事を終わらせることが出来て楽しい事をする時間を作れる。

もっと勉強して、好きなことをする時間を増やすべく勉強しないとな。

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 勝間 和代

おすすめ平均
starsコンサルティング業務に関するエッセンスが詰まっている
stars行動を起こせる人のための実践書
stars勝間さんはすごい!
stars読者のことを考え抜いて作られた本
starsフレームワーク力の基礎

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「切羽へ」

言わずと知れた第139回直木賞受賞作だ。普通の大人の恋を小説にした感じ。恋愛小説なのだが、何故「大人」なのかというと、いわゆる不倫系の恋愛小説なのだが不倫相手とは情事に至らないのだ。

普段の生活の中で「あの人素敵!」からはじまって、心の中で恋をしていく様を描いた恋愛小説なのだ。普段の生活をしている中で「あの人素敵」とか「あの人綺麗」とか「あの人カッコいい」とかは良くある事だ。そして、その良くある事から「恋」へと落ちていくのだが、普通の小説なら告白して情事へと進むのだが、この小説の中では想いを告白することもない。しかし、心は惹かれていく様子が絶妙に描かれていて、決して子供の恋愛小説ではないのだ。あぁ~。なんか大人の恋物語だな~ってのが感想かな。

切羽へ
切羽へ 井上 荒野

おすすめ平均
stars美しい作品
starsまずまず楽しめる作品
stars時間をえぐる
stars誰もが口にしないが知っている秘密
stars微妙な文章の彩

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「図解でわかるISO9000のすべて」

恋愛小説からいきなりビジネスの本へと飛ぶのだが、仕事で少々必要になって読んでみた。ISO9000とは品質マネジメントシステムのことだが、要するに仕事上でのプロセスと文書の品質について解説した本だな。
最近のビジネスの世界は面倒な事が多くなって大変だ。これとは別にセキュリティもうるさいし、なんだか面倒な世の中になったものです。。。

<一番やさしい・一番くわしい>図解でわかるISO9001のすべて
<一番やさしい・一番くわしい>図解でわかるISO9001のすべて” /></a></td>
<td valign=大浜 庄司

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「上流・下流工程から改善・監査までわかる システム開発のすべて」

これも仕事関係の本。本業ってところですな。まだまだ、勉強だ!という事を再認識しました。。。本業を語る気はないのですが、システム開発の上流工程から下流工程までを俯瞰して書いてあるので、システム開発の仕事の流れがわかる本です。学生が業界を勉強する時に読むと良いかもしれない。専門的な事も沢山書いてあるけど、システム開発がどんな仕事なのかという事がわかる。

上流・下流工程から改善・監査までわかる システム開発のすべて
上流・下流工程から改善・監査までわかる システム開発のすべて 北村 充晴

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「ZOKUDAM」

森博嗣の本。買ってから「あっ!この本読んだ」と気づいたのだ。折角買ったので、読み直してみたりした。

ZOKUDAM (カッパ・ノベルス)
ZOKUDAM (カッパ・ノベルス) 森博嗣

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「ソフトウェア文化を創る1 ワインバーグのシステム思考法」

これまた仕事関係の本。ソフトウェアの品質とは何かという事が書いてある。かなり哲学チックなところもあるが、ソフトウェアの品質についての考え方は非常に参考になる。ソフトウェア開発とかの人なら読んだ方がいいんじゃないかなと思います。

ワインバーグのシステム思考法 ソフトウェア文化を創る〈1〉
ワインバーグのシステム思考法  ソフトウェア文化を創る〈1〉 G.M.ワインバーグ

おすすめ平均
stars品質とは何かの焦点が
stars「ソフトウェア文化を創る」の勧め
starsいろいろな視点を教えてくれる本
stars理工系(中間)管理職の必読書
starsこのパターンは応用が利く!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「キレイに魅せるデジカメ写真術 手軽に楽しむ撮影とフォトレタッチ」

この本は、読むというより見ると表現した方が良いかも。

写真撮影のノウハウ本って沢山あるけど、僕の撮りたい被写体の一つに料理があるけど、料理を上手く撮影するノウハウを書いた本は以外と少ない。そんな中、この本は料理の撮り方の紹介が本の最初の方に出てくるし、僕の普段の生活の中で撮影する対象となる被写体の撮り方とブログなどへの掲載時の注意点なんかも紹介されていたので即購入したのだ。

決して一流のカメラマンとかプロのカメラマンになるというのではなく、一般の人が簡単により綺麗に上手に写真を撮って楽しめる方法がかいてあるので、なかなかお勧めな本かなと思います。

キレイに魅せるデジカメ写真術 手軽に楽しむ撮影とフォトレタッチ キレイに魅せるデジカメ写真術 手軽に楽しむ撮影とフォトレタッチ
西川 晃太郎

ソフトバンククリエイティブ 2008-07-09
売り上げランキング : 9168

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ん~、なんだか仕事ばかりしていて、あまり本読んでない事が良くわかるな~。仕事を効率的に終わらせてたくさん本を読める時間を作らないとな!

8月 23

以前から、あれば便利だと思っていた物の一つに NAS がある。NASって何?って思う人も沢山いると思いますが、簡単に説明すると

「パソコンの中のハードディスクだけをみんなで使えるようにした専用の機械」

って事なんだけど、ちょっと解りにくいですよね~。今の時代は、家にもLAN(LANって何だ?という話もありますね。これはパソコンとパソコンを繋ぐもの(ケーブルとかそんな感じ)と思って頂ければと)があったりしますが、パソコンの中のデータは、そのパソコンでしか基本的には使えないんだけど、LANに繋がった他のパソコンから自分のパソコンの中のデータを利用できるように出来る訳です。その他人から利用できるようにしたパソコンを専用の機械にしたものが NAS (Network Attaced Storage)ですよ~。

そんなこんなで NAS を購入した訳です。何でかと言えば、写真やら音楽やらビデオやらのファイルが沢山になってきて、パソコンにあるハードディスクが一杯という事と、僕の家には複数台のパソコンがあって、あっちのパソコンでも、こっちのパソコンでもデータを利用したいって事と、デスクトップで利用しているパソコンのハードディスクの調子が悪くなってきたので、どうせ修理するのにお金がかかるならちょっと贅沢して便利な環境にしたかった訳です。

IMG_1707

購入したのは BAFFALO の LS-WH2.0TGL/R1 だ。要するに2TByteのハードディスクだ。

IMG_1709

この製品は、機能も沢山あってと~っても便利なのだ。しかしだ、ファイルをコピーとかする時間が少々長すぎる(転送スピードが遅いって事ね)。1GbpsのNICが付いているけど40Mbpsぐらいのパフォーマンスな訳ですよ。ビデオのファイル4GByteを転送するのに20分から30分ぐらいはかかってしまうのだ。全部コピーし終わるまでに一体何時間かかるやら・・・。

さて、がんばってコピーしよっと!

preload preload preload