4月 30

月曜日は、会社の代休消化って事でお休み。ゴールデンウィークの飛び石連休の平日。これは観光地へ行くしかない!って事で Canon 40D を持って旅に出た。また、行ったの!と言われるかもしれないが行ったのだ。

今回は、今年2回目の鎌倉・湘南の旅だ。正月の鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮の初詣を1回に数えるのも…って話はあるが。

今回の旅の目的は、何と行ってもカメラで写真を撮る事だ。何で鎌倉なのかって言うと、近いし、歴史物が多いことかな。横浜のみなとみらいでもいいのだが、みなとみらいって建物に冷たさを感じるんだよね~。なんかグレーとか冷たい系の配色が多くてどうも、写真にするには今ひとつ好きになれない。

さて、鎌倉の写真の一つ目だが

IMG_0196

これがオリジナル。カメラの設定で raw + jpeg にすると raw ファイルと jpeg ファイルを同時にメモリに保存してくれる機能がある。その機能を利用して jpeg で保存されたファイルだ。

因みに、写真に写っているオバサンは全く知らない人です。ちょっと邪魔って感じですが。。。

ホワイトバランスが悪いのか、絞りが悪いのか、腕が悪いのかは定かではないが画像全体が白っぽい。専門用語で何と言うのかは解からないが、とにかく白っぽいのだ。

IMG_0196_1

そこで raw ファイルを加工現像してみた。かなり自分の目で見た感じに仕上がっている。これは結構すごい!と自分で編集しておいていうのもなんだが、やっぱり凄い。

次はこの2枚だ。

IMG_0200

IMG_0200_1

ちょっとだけ明るくして、シャープさをつけてみたりした。まだまだこの世界は奥が深そうなので、どっぷりとはまってみたい。というかはまりそうだ。

因みに、鎌倉・湘南の旅は

鎌倉駅->鶴岡八幡宮->頼朝の墓->荏柄天神社(学問の神様らしい)->鎌倉宮->北条高時腹切り櫓->本覚寺->妙本寺->鎌倉駅->(江ノ電)->七里ガ浜->徒歩->鎌倉高校前->(江ノ電)->江ノ島->片瀬西浜海岸->江ノ島->(江ノ電)->鎌倉駅

と、こんな感じでよく歩いた旅だった。日本でも海外でもぶらり旅の基本は歩きだ。早く動ける乗り物だと面白そうなことを見逃しそうなので、基本は徒歩なのだ。

写真はいつもの通り Flickr の「ぶらり旅~鎌倉・湘南の旅~2008年春

4月 29

秋葉原に用事があった訳ではなく、本当は銀座へ買い物へ行ったのだが、数年、いや10年ぶりぐらいに銀座の歩行者天国へ行ってみた。

IMG_0349

銀座には平日なら来ることもあるが、休日に来ることはあまりない。更に歩行者天国が行われる日曜・祭日に来る事など滅多にない。なぜなら混んでるからだ。しかし、ゴールデンウィークの谷間の祭日って事もあって、今日はそれ程でもなかった。天気もいいし、人もそんなにたくさんいなくていい感じでした。

IMG_0348

そんな銀座をブラブラと歩いていると、なんと Lamborghini Murcielago LP640 Roadster を発見!しかし、この車は凄いとしかいいようがない程カッコ良い。ちなみにお値段は e-gear 6 速セミAT で ¥37,826,250 だ。一度でいいから運転してみたいものだ。

4月 29

ちょっと秋葉原へ行った。秋葉原でちょうどお昼になったのでラーメンなんぞを食べてみた。

IMG_0347

ぶらっと入ったラーメン屋は「麺屋 あうん」だ。このラーメン屋の自慢はどうやら鯛のだしが効いたスープのようで、メニューに一番大きく載っていたので、鯛ラーメンを注文した。

IMG_0344

スープは鯛のだしがきいていてあっさり系だ。そのあっさりしたスープに細麺がよく合う。

秋葉原であっさり系のラーメンが食べたい時にはいいかも。

麺屋 あうん
千代田区神田和泉町1-2-4
TEL:03-5823-3232
営業時間:11:00~23:00
定休日:日曜日

[gmaps:35.69979521049394/139.77583408355713/17/480/360](comment)[/gmaps]

4月 27

どうも最近、ブログネタが食べ物ばっかりになっている気がしないでもないが、まあいいとして。今回は、韓国のりにはまっているというお話。

IMG_0320

別に今まで食べたことがない訳ではないのだが、何故か急に韓国のりにはまっているのだ。ごはんに乗せて食べてもよし、ちょっと小腹が空いたときにそのまま食べてもよい。

胡麻油と塩とのりの風味が絶妙な感じでとっても旨いのだ。こりゃ当面止められない。

4月 27

まだ、このネタを引っ張るのか!と言われそうだが、まだネタはあるのです。

IMG_0195

稚内の寿司屋のオヤジに教えてもらった日帰り温泉へやってきた。「港のゆ」だ。
この温泉のお湯がこれまた良い。ちょっとぬるっとしていて、肌がすべすべになるお湯なのだ。稚内に行ったら是非入った方がよいと思う程よい。昼間なら稚内の港と海を見ながら温泉に浸る事が出来る。行った時間は夜8時過ぎだったので、残念ながら景色は見られなかったが、海からの心地よい風の中で温泉に入れるのだ。

この温泉があるところは「稚内副港市場」(わっかないふっこういちば)という名称で、この敷地の中には飲食店やその名の通り市場もある。僕が行った時間は市場は閉まっていたのだが、これまた寿司屋のオヤジ情報によれば、この市場で魚を買ってその場で網焼きとかも出来るらしい。残念ながら体験は出来なかったが。この他にもロシア料理の店なんかもあって、ここがロシアとの国境の町である事を感じる事が出来る。

IMG_0198

温泉施設の建物の中には、樺太の歴史と地元の人達の樺太返還への想いが詰まったちょっとした史料館なんかもあったり、昔の稚内の街並みを再現したコーナなんかもある。

さらに、この稚内副港市場の敷地内に「松坂大輔スタジアム」なるものもある。フム?松坂大輔は稚内出身だっけ?と思ったのだが、これまた寿司屋のオヤジ情報によれば、松坂大輔の親父の出身が稚内らしい。

とまあ、結構いろんなものがある「稚内副港市場」はちょっと稚内でのお薦めスポットだ。稚内へ行く事があったら寄ってみても損はないかも。

稚内副港市場
北海道稚内市港1丁目
TEL:0162-29-0829(代表)

[gmaps:45.408498760472646/141.67627036571503/14/480/360](comment)[/gmaps]

4月 26

「食堂かたつむり」は、人間が自然から分け与えれたものを食べて生きている事を再認識させられる本だ。

後半では、自分の飼っているブタを食べてしまうのだが、生きているものへの感謝の表現や気持ちが凄く上手く表現されている。

自然からとれるものを大事に料理し、そして感謝して食べたいと思う。

食堂かたつむり
食堂かたつむり 小川 糸

おすすめ平均
stars料理でひとを幸せにする、理想のかたち。
starsエルメスを食べないで(泣)
starsちょっと残念。
stars期待したのですが…
stars湘南ダディは読みました。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

4月 26

「流星の絆」東野圭吾著。

東野圭吾の本は何冊か読んだが、最高というまでではない気がする。文章の上手さで引き込まれていくのだが、映像化を前提にしているのか、心情の表現が今ひとつなのだ。

推理小説としては、森博嗣の密室トリック物に慣れきっているとちょっと物足りない感じがしないでもない。

流星の絆
流星の絆 東野 圭吾

おすすめ平均
stars無理しすぎでは?
stars贅沢言ってもよかですか
stars安心して読んでいただける本です。
stars東野作品における「清涼剤」
stars面白かったです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

4月 25

今年初めての Baffo だ。昨年連れて行った人が、Baffo を凄く気に入ったみたいで何かあるとBaffoって感じで、今回もBaffoへ行った。

さて、今回のテーマは先日購入したデジイチ(デジタル一眼レフカメラ)Canon 40Dで酒を飲もう!というのがきっかけで、ちょうどアメリカから一時帰国する人もいるって事で、話は盛り上が集合と相成った訳です。まあ、理由は何でもいいような気がしないでもないのだが。。。

そんな訳で、平日にデジイチを持ってくる羽目になったのだが、平日にデジイチを持ち歩くのは少々辛い。ビジネスバックのほかにカメラバックも持たなければならないのは、正直勘弁って感じではありますが。。。

IMG_0290

今日のメニュー

IMG_0128

まずはビールって事で、モレッティ。

IMG_0131

いつものパン。

IMG_0297

「サヨリのグループフルーツマリネ」
さっぱり感のあるサヨリのお刺身とグレープフルーツが微妙に合う。

IMG_0301

「ハマグリと数の子ブルーベリー水菜のサラダ」
これ、前回も食べた気がする。会を企画した人のお気に入りみたいです。

IMG_0137

「甘海老バッフォ」
この海老旨いっす!

IMG_0139

「ホタテゆず湯のバーニャカウダ」
ホタテは先週末食べて気がしないでもないが。。。

IMG_0308

「鯛の釜焼き」
Baffo といえば鯛の釜焼き。毎回食べている気がしないでもない。

IMG_0313

「カラスミとちりめんキャベツのフェデリーニ」
さっぱり、こってりの中間な感じの味付けです。キャベツはさっぱり、シャキシャキ感があって、カラスミの濃厚さが微妙に合うのだ。

IMG_0314

そして、デザート(何を食べたのかよくわかってないって話もありますが)。

ん~、今回もよく食べたって感じだ。人間おいしいものを食べると幸せになりますね。Baffo また行こうっと。

その他の写真は Flickr で!

Baffo シリーズ
Geek de Baffo
Trattoria Baffo
My Friends Brithday

Trattoria Baffo
〒104-0061
東京都中央区銀座3-12-5 アサショウビルB1F
TEL & FAX : 03-5565-6139
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:30~21:30 (ラストオーダー)
定休日 : 月曜日

preload preload preload