3月 02

クイーンズ・イーストのKEYUCAでBeer Glassを衝動買いした後、家に帰る途中で横浜ランドマーク・プラザを通り抜けているとCOACHのSHOPを見かけた、そういえば、財布がボロボロでそろそろ買い替えだな、ともう1年以上前から思っていた。衝動買いついでに財布も衝動買い(?)してみた。

今使っている財布もCOACHなのだが、10年ぐらい前にハワイかニューヨークで購入して以来ずっとは使っている。流石に皮製品の品質のよいCOACHでも10年も使えばボロボロにもなる。

P1040359

P1040365

お店に入って、3種類ほどあったメンズ用の財布の中からこの財布をチョイス。財布の内側の生地が写真よりも落ち着いた色合いの赤茶というか赤紫で、その3色の中間色のという感じ。カメラの性能か、撮影の技術不足なのかは定かではないが、もっと落ち着いた色合いで、そんな色合いが気に入って購入したのだ。

次に財布を買うのは10年後かな~と新しい財布をビールを飲みつつ見入ってしまった。物持ちが良いのか、ケチなのかは定かではないが、良い物・気に入った物を長く使うのは良い事だと自分を納得させたりして。。。こう書くと何か後悔をしているように思われるかもしれないがそうでもない。

3月 02

車の修理後に、知り合いの結婚祝いのプレゼントを購入する為にみなとみらいのクイーンズ・スクエアに出かけたのだ。いろいろ考えて、こんな感じだろうって事でKEYUCAでいろいろ物色してプレゼントの品目は決定したのだが、いろいろ見ているとちょっと気になる商品が。。。

P1040333

一目見てこれはいい!と一目ぼれをして購入したのがこのビアグラスの「泡立ちグラス」だ。この泡立ちグラスのコピーは

ビアグラスにビールが注がれるとグラスの内側の細かな凹凸がビールの泡立ちをより細かくし、クリーミーな泡がまろやかな旨さを閉じこめます。
乳白色のグラスが透明になり、クリアな清涼感が感じられます。

なとと書いてあるのだ。これは買うしかないだろうと衝動買いをしてみたのだ。

P1040340

そんな訳で、ビールに合う夕食をという事で高島屋のデパ地下で「タラバガニのクリームコロッケ」と「カキフライ」と「北海道男爵のポテトサラダ」&エビスビールを購入して帰宅。

P1040358

そして、かなり気に入ったBeerGlassにエビスビールを注いでみた。確かに泡がきめ細かく旨い気がする。まあ、ビールの美味しいお店で出てくる程、泡がきめ細やかではないにしても家で味わうには旨い部類に入る。しかし、家でビールがより美味しく飲めるのはいいのだが、いつもより余分に飲んでしまったのだ。これはいい事なのかちょっと疑問であるが、旨いから良いとしておきましょう。

3月 02

久々に車を利用しようと、ふとタイヤを見るとなんと後輪のタイヤがペタンコになっているように見えるたのだ。ちょっと気になったので空気圧を計ってみると0.2気圧ぐらいしかないのだ!

これはパンクに違いないと判断したのだが、ぱっと見で釘を踏んでいる様子もないし原因がわからない。もう10年近くタイヤを交換してないのだが、タイヤのゴム?の耐久年数は約7年なので、この際タイヤを交換する事にしたのだ。

タイヤを交換するのはいいのだが、まずは、ペッタンコになったタイヤをスペアータイヤに交換しないと、タイヤを買いにも行けない。そんな訳でタイヤ交換作業を実施。

P1040320

タイヤ交換なんて、20年近くやった事がない。だいたい、最近のタイヤはパンクしないし急に空気が抜ける事も滅多にない。
この車をジャッキアップしたのはこれが初めてなのだ。

P1040322

タイヤを外したところ。因みに、緑色のショックアブソーバはTRDの減衰力調整式だ。コイルは何故かノーマルのコイルなので、思いっきり固めのサスペンションにはなっていない。

P1040331

スペアータイヤに交換完了。早速、タイヤの修理に近所のオートウェーブなんぞに行ってみると、タイヤはパンクではなくタイヤバルブ(空気を入れるところね)の欠陥である事が判明。たぶん、経年劣化が原因と思われるので4本ともバルブを交換する事に。

さて、タイヤ交換の件はというと、目当てにしていたタイヤがブリジストンのPOTENZA RE-010だったのだが、このタイヤの製造は中止でノーマルのタイヤと同じサイズ(215/50R16)のサイズだとRE-01しかない。しかもメーカーにも在庫がないので、受注生産であるとの事とRE-01は、ドライ用に開発されたタイヤなので、雨天時は・・・との事。他メーカーで同じサイズだとダンロップぐらいとの事なので、ダンロップのDIREZZA DZ101に決定。幸か不幸かメーカー在庫があるとの事で、早速注文。納期は来週の火曜日ぐらいになるそうである。

ダンロップのDIREZZA DZ101というタイヤの性能は全く知らないので家で調べてみると、スポーツタイヤではあるが、流石にPOTENZA RE-010には及ばなさそうである。先ほども書いたがサスペンションを多少変更しているので新しいタイヤとサスペンションの相性が気になるところであるが、これは走ってみなとわからない。サスペンションが多少固めのセッティングにしてあるので、コーナーリング時のグリップ力が低下すると4WDの車の特性で、全輪がすべり出すのだが、この状態が今までのPOTENZAよりも早くなるかも。。。最近はそこまでスピード出す程若くはないのが。。。

そんな訳で来週(今週中)にはタイヤが新しくなるのだ。交換後にニュータイヤのレビューなんぞでも。