5月 31

WindowsLiveWriter

Windows Live Writer が意外と使いやすい。 WordPress の環境でも利用可能である。日本国内では、ネット接続環境が整ってきているがそれでもまだネットに繋がらない環境はまだまだ多い。飛行機の中では使えないとか、いろいろある。

そんなネット接続が出来ない環境で、ブログの記事を書こうと思った時には結局テキストエディタを使ったり、BlogWriteを使ったりしているのだが、Windows Live Writer も BlogWrite と同様に OffLine の環境では便利である。

Windows Live Writer は、BlogWrite と比較して Blog サイトの管理などが出来て便利である。(でもこの機能は使わないとは思うが)

5月 31

コメントをしようと思ったけど、エラーが出てうまく動かないというメールを頂いた。ちょっとテストしてみたけど現象が再現されない。

試験パターン①

トップページで表示された記事にたいしてコメントをする。

試験パターン②

特定の記事を表示した後コメントをする。

試験パターン③

試験パターン②で URL を記述。

試験パターン④

試験パターン②で半角カタカナを記入

試験パターン⑤

試験パターン②で半角英数記号

どのパターンでもエラーが再現しない。。。ブラウザなのか、それともデバイスなのか?謎だ。

はてさて、どんな状況でエラーが出たのでしょうか???

ん~???

5月 30

先日買って、なかなか読む時間がなかった本をやっと読む事が出来た。森博嗣さんのミステリーは、買った当日に読んでしまうのだが、今回はそんな時間がなく、発売後2週間も経った後に読み終わるという異例の事態。

今回からXシリーズの第一弾。舞台は東京へと移って、新たな個性的な登場人物たち。椙田探偵事務所のただで留守番をしている芸大生、そして前社長秘書という経歴の探偵助手。そして、椙田探偵事務所の探偵。この人物たちがどのような活躍をしていくのか、期待は高まるのだが、森ミステリー特有の天才は第一弾には登場していない。

そして物語の最後に一瞬登場する、森ミステリーと言えばの西之園萌絵。はてさて、この先、この登場人物たちがどんな事件を解決していくのか、そして、このシリーズで森氏は我々読者にどんな挑戦をしてくるのか楽しみである。

イナイ×イナイ
イナイ×イナイ 森 博嗣

講談社 2007-05-10
売り上げランキング : 927

おすすめ平均 star
star天才が(まだ)出てこない?

Amazonで詳しく見る by G-Tools

5月 29

ブログも2年近く書いていると、いろんな人との出会いがある。コメントをして頂ける方、このブログのファンだと言ってくださる方、その他、ブログを読んで頂いている方。

そんな方々に、このブログのファンだと言って頂けると、本当に嬉しいです。大した事を書いている訳でもなく、日々、身の回りで起こる事、ふと疑問に思う事などなどを書いているのですが、皆さんのコメントや一言一言が支えになって、ブログ続けようと思ったりします。

ブログ=コミュニケーションツール。

コミュニケーションは、僕の人生の中でとっても大事なキーワードの一つ。中学生の時に当時の NEC の会長が書いた本を読んだのですが、その著書の中に、これからは Computer と Communication が融合するのだ!と書いてあって「そうか、これからは、Computer と Communication が融合して、人とコンピュータが会話が出来るようになるんだ!スゲー!」と思ったりした。その本と小学生の時に出会った Computer (Personal Computer) が、僕の人生をほぼ決めたと言っても過言ではない。

その Computer と Communication というキーワードで人生を生きてきたのですが、時代は経て、Internet と出会った20数年前も当時「スゲー!世界中の Comupter が使える!」と思い、そして不特定多数の人とのコミュニケーションが出来るブログによって、世界中(日本語で書いているので、日本語圏に限られますが)の不特定多数の人とコミュニケーションが出来るようになって、またまた「スゲー!」って思って。

このツールが無かったら出会う事が出来なかった人も沢山。人々に支えられて、これからも Communication をキーワードに、いろんな人と出会いがある事を夢見て、ブログを続けて行きたいと思うのでした。ブログを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。感謝感謝です。

5月 26

P1020451

Minute Maid の ITALIAN Malvasia Grape & Lemon が旨い。イタリアンマルバシアグレープとは?と言いたい人もいるでしょう。自分もその一人なんだけど。Malvasia Grape を Wikipedia で調べてみるとギリシャが原産のワインのグレープ(ぶどう)らしい。

この ITALIAN Malvasia Grape & Lemon は、マスカットにレモンを少し入れた感じの味で凄くスッキリとした味わいで甘さもそれ程なく、飲んだ後の爽快感が非常に良い感じ。

今年の夏は、これがマイブームになりそうな予感。

5月 26

P1020445

6年ぶりに竹内まりやの New CD (New Album) の Denim が発売された。

個人的には、日本人、外国人問わず女性ボーカリストが好きなのだが、日本の女性ボーカリスト(歌手と言っても良いのだが)の中で昔から良く聞く人の中の一人が竹内まりやだ。

女性ボーカリストが、男性ボーカリストより好きなのかと言えば、声の優しさと柔らかさ、そして透明感が良い感じなのだ。女性ボーカリストの中でもダメな感じの人はいるのだが。。。

そんな女性ボーカリストの事が好きだと書いておきながら、ついつい衝動買いしたのは最近ヒットしている MAROON 5 (男性の5人のグループ)の IT WON’T BE SOON BEFORE LONG だ。

お前、言っている事が矛盾している!と言いたい諸氏もいるとは思うが、衝動買いとはそんなものだ。取り敢えず、試してみてダメなら止める。これ人生のモットー。

5月 26

P1020465

ビジネスマンの Business Battle Uniform いわゆるビジネススーツを新調した。このスーツという言葉は、システム開発の現場のレベルの人は、管理職で無能な奴らという意味になる。アメリカの西海岸系のコンピュータ関連の人たちでは、東海岸のイエールとかハーバードのMBA出身の優秀だがマネージメントの事しか解らない奴らの事を意味する。どちらも共通な事は、良いイメージはないという事だ。

そんな話は、どうでも良いとして日本でもビジネスマンは大体スーツを着ているのだが、このスーツは基本的にビジネスの時にしか着ない。当たり前だが。サラリーマン(税金が給与天引きになる人たち)にとっては、このスーツの費用は必要経費として税務署には認めてもらえない。

ちょっとおかしくねー!って言いたい。何故、ビジネス上で必要なのに経費として認めてもらえないのかが今ひとつ理解できない。このスーツ、会社で用意したらきっと法人税から経費としてもらえるに違いない。だったら、会社の支給品としてくれたら、余分な税金払わなくても良いかもしれないのに。

しかし、会社の支給品=制服だと、オシャレの幅が少なくなるのも事実。それはそれでつまらないでもあるが。洋服は、その人のセンスやキャラクターを形成し外部に対して主張するもの。ビジネス上でも、洋服でセンスやキャラクターや金持ち度をあらわしたりするので、一概に会社からの支給品というのもダメかも。

やっぱり、必要経費としてももらいたいのだな。これが。

P1020456

スーツと一緒に、シャツとネクタイも新調。これも経費として認めてくれ!って感じだ。因みに、シャツは長袖のボタンダウンしかもっていない。半袖のシャツだと、スーツの裏地に腕が汗でくっついて気持ちが悪いから年がら年中長袖のシャツを着る事になる。

あ~。また辛い梅雨と夏が来る。日本の夏は、蒸し暑くて嫌いなのだが、このスーツに長袖のシャツが更に梅雨と夏を嫌いにさせる。

5月 26

昨日は、別れと出会いを一度に味わう日だった。密かに尊敬していた人が去る事を知ったのだ。残念でならない。大変お世話になったので、聞いた瞬間は正直「えぇ〜!!マジで!」という感じ。

そんな別れの寂しさを感じながらも、その夜は新しい出会いがあった。

会社の人たちには、少し無理言って仕事を抜け出させてもらってあるオフ会へ参加したのだ。

あるオフ会とは、こだわり社長の「こだわり社長の極上グルメ勝手にランキング」というブログを半年ぐらい前に発見したのだが、そのこだわり社長が企画したオフ会に参加したのだ。

会場は六本木の『クレープ&ガレット/プティキャトルズ』。このお店はガラス張りで店内の様子が外から見えるのだが、最初到着して外から店内を覗いた時に若い人が多くて少々気が引けたんだけど、まあ、折角来たからにはという事で店内へと。

店内に入っても多少場違いな雰囲気がなくもなかったのだが、いろんな人と話をしているうちにだんだん楽しくなってきたりする。何事も飛び込んでしまえば楽しい事があるという典型的な例である。

会場の「クレープ&ガレット/プティキャトルズ」は、そば粉100%のクレープ”ガレット”が有名なお店のようで、この100%そば粉のクレープ”ガレット”は初めて食べたんだけど何気に美味しいのだ。そのガレットも沢山の種類がテーブルに配膳されていたのだけど、半熟たまごとハムが入ったガレットが一番美味しかったかな。

そんなこんなで、一次会の終了時間。そのまま二次会の会場の「LESCURE(レスキュール)」へも行ってしまいました。二次会の会場へも沢山の人が一次会から来ていて大変盛り上がっていたのだ。

ブログ系のオフ会に出るのは初めてだったけど、いろんなの人たちと出会える事が出来た。全く業界の違う人、家が近所な人(近所と言っても横浜というキーワードなんだけどね。横浜って言っても結構広いから近所とは言わないかもだが)、会社が近所な人、僕の仕事に近い人などなど、普段の生活では一生かかっても出会えないような人たちと名刺交換したり、お話したり、横浜関係の人たちをメインとした横浜オフ会をやろう!と約束したりと。

そんなこんなで、横浜オフ会を約束した皆さん、是非実現しましょうね!

こだわり社長さん、スタッフの皆さん!楽しい時間と機会をありがとうございました。次回の企画の時にも是非参加させて頂きます。第四回、第五回の企画を楽しみしています!

そんな別れと出会いを一日で経験するという、これまでの人生の中ではなかなかない経験が出来た凄い一日だったのだ。別れは寂しいけど、出会いは楽しい。寂しさを上回る程の出会いで良い一日と変わった。

preload preload preload