12月 31

今年もあと、4時間ぐらい。

今年出来た事、出来なかった事、来年やりたい事を考えて今年もおしまい。

来年は後厄(やっと厄年が終わる)。来年も厄除け行かなくちゃ!

では、皆さんよいお年を!

12月 30

梅田望夫氏の本を読むのは、この本で2冊目である。最初に読んだのは「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」だ。この本は、とっても良い本だった。そして、2冊目が「ウェブ人間論」。この本は、作家の平野啓一郎氏と梅田望夫氏との文芸誌「新潮」の対談を本にしたもの。

第一章の「ブログで人は成長できる」の中で

ところが、ブログをやり始めて数ヶ月たった時に、オープンソースのことを書いたんですね。オープンソースで世界的に活躍している日本人というのが実は何人もいるんだけども、そういう人の一人から「この部分は浅い」という内容の批判的はトラックバックをされたんです。最初は驚いたし、反発する気持ちも持った。でもその後、何回かやり取りをしているうちに、会ったこともない彼との信頼関係がネット上で醸成されるのを実感できた。
・・・・
ネットの向こう側にはとんでもない広がりがあるということに心の底から気づいたんです。それからはもの書きを始めた頃のような謙虚さを取り戻して、勉強する量も増えたし、何事においてもじっくりとより深く考えるようになった。

と書いている。まさに、ネットを通して人と人がコミュニケートし成長している。このような経験を出来る事はすばらしい。
では自分はどうなのかというと、このブログは、読者をある程度限定した形で書いている。見ず知らずの人も定期的に読んでくれているかもしれないが、書いている想定としては顔の見える範囲で限定している。定期的にブログを読んでいて下さる方には感謝感謝です。

そして、もうひとつは、書いている内容はなるべく深くならないようにしている事だ。こう書くと深く書く事もできるけど、敢えて深く書かないみたいなイメージだが、深くかける部分もあるが、その領域は狭くて、何かのコメントを書くだけの知識や経験も少ない事も事実。

折角、世界中に向けてコミュニケート出来るメディアのブログなのにもう少し情報発信・交換した方がいいかもと思ったりもする。世界中とは言っても言語の壁があるので、言語でいう日本語圏の中だけではあるが。(偶には英語で書いてみるのもいいかもとも思ったりして・・・。英語勉強しなくちゃ!)そんな意味では、まだまだ成長が足りないし、成長出来るように努力も足りないと反省もしたのだ。

そしてブログの内容については

有益な情報発信、情報交換の場としてのブログ。もう一つは個人のアイデンティティに関わっているような、つまり今日何を食べて誰に会って、何を考えたというような、当人を知っていれば、それは面白いのかもしれないけど、あえて言えば、当人以外にとってはどうでもいいようなことをこつこつ記録していくブログ。

と平野氏のコメントにあるように、まさしく個人のアイデンティティの確立に役立ち、さらに想定範囲が限定されているという指摘のとおりである。しかし、そうでもない側面もあると思う。日々メールを交換するほどでもないが、元気にやっているぜ!なんてのを伝えるツールとしてもブログは使えるのだ。もうすぐお正月だけど、年賀状と暑中見舞いは出している程度の関係性といった場合とか、もしくは、インターネットの特性である距離と時間を超えられる点を考えれば地球の裏側にいる人とも疎遠にならずに久々にあってもコミュニケート出来たり。要するに生存確認(業界用語で言うなら Keep A live だな)が出来る事だ。まあ、そんな使い方もあるのだ。別にすべての人が情報発信・交換を行う為にブログを利用しなくても良い訳で、その人なりの使い方をすれば良いと思う。ブログにもいろいろ多様性があっても良い。この本の中ではブログを書いて成長しなければならないみたいな文脈になっている部分があるけど、多種多様な価値観の中で使われても良いのではないだろうか。

第二章の「匿名社会のサバイバル術」の中では、

「膨大=ゼロ」と考えてみることから出発します。全部オープンになっていると、逆に誰も全部は読まないだと。

このくだりを呼んだ時に、そうか逆説的な発想で物事を考えた方がいい場合もあるという発想を再確認出来たのだ。これは、今の仕事での課題の一つの突破口として使えるかもしれない発想かも。ちょっと真剣に考えてみたいと思わせてくれた。この点だけでも読んだ価値があったかもしれない。
しかし、本文の内容と全く関係ないところはどうなのか???という気がしないでもないが。そんな細かい事は気にしない気にしない。本文では要するに匿名社会でどう生き抜いていくのか?という内容だが、一言で言えば「スルー力(するーりょく)を鍛えるという事みたい。

そして、この本のまとめとしての第四章の「人間はどう進化していくのか」の中で梅田氏は

ブログを書き始めたとき、自分はいったい何が好きなんだろう。
・・・・
ただ、自分が好きなことはこれとこれなんだってある時わかって、そう決め手しまうとい、それ以外のことを遮断する方向に働いてしまうのも事実なんですね。好きなことだけそしている方が心地よいから。しかも同じ関心を持つ人とのつながっていくし。それで好きなことを一生懸命やって、専門とか自分のすきなことの中に閉じこもっていると、オタク化していく。ネットはそういう傾向を増幅するから、ネットの中で自分がやっていることの領域が、ひとつの「島宇宙」化していくわけです。でも、この状況を、自分としては結構いいなと思っているんですよ。肯定していいんじゃないかと。

と。確かに今のネットは、そんな感じでも良いかもしれない。しかし、「島宇宙」化した先には一体何が待ち受けているのか?と疑問を抱いてしまう。今後は「島宇宙」化の方向への動きは止まらないかもしれない。世界全体が画一の方向へ流れる事はないとは思うが、ネットとリアルが相乗的に関係しだした時に、自分のコミュニティ以外には全く興味がなく、自分の属するコミュニティだけで生きてきた人は、どう生きていくのだろうか。そして、その社会はどうなってしまうのだろうか。。。

まあ、そんなこんなでいろいろ考える事がある本だ。

ウェブ人間論
ウェブ人間論 梅田 望夫 平野 啓一郎

おすすめ平均
stars自分なりに考えてみる
stars『ウェブ進化論』の続編として
starsあくまで「人間論」
stars壁を超えられる人は、本をたくさん読んでいる人
starsリアリスト梅田のコメントが冴える一冊

Amazonで詳しく見る by G-Tools

12月 30

いろんな本をたくさん読んでいると、昔読んだ本を買って家に帰ったら書棚に同じ本があったという事件が偶に発生する。結構ショックだったりする。そしてまた同じ事を繰り返した。今回は読み始めて、これは読んだ事があると気が付く始末だ。

こんな経験がある人は結構な数いるのではと思う。あと、ちょっと気になる本や買おうと思った本はリストにして携帯電話にメールしておくのだが、これが結構面倒だったりしないでもない。

そんな事を考えていたら、同じ事を考える人はやっぱりいるもので、携帯にRSSで配信すればいいじゃん!という発想を持った人がいる。確かに。

それならって事で、本にはISBNなるコード体系があるのだが、これだけを登録できるツールを作成して本のタイトル、出版社などの情報は Amazon Web Service と連携させれば良いから結構簡単に自分が持っている本や欲しい本や気になる本のデータベース化が可能だ。そんでもって本屋で携帯を使ってWebやRSSを確認しながら本が買えて、同じ本の2度買いも防げたりする。更に、みんなで欲しい本とかの情報をまとめれると今何を人々は欲しているのか?というトレンド分析も出来るかもしなれない。便利かも。もう少し真剣に考えてみる事にしよっと!

12月 29

今日から冬休み。今年は例年になく事前に大掃除を事前に行ったのでのんびりした休みのはじまりである。後は今年のやった事、出来なかった事をやれば今年も終わりだ。

さて、買ったけどまだ読んでない本と、昨日新たに買った本を読むとしますかね。

12月 28

昨日は、暖かさと風の強さでまるで春一番のような天気でした。因みに、気象庁の「こんにちは!気象庁です! 平成15年2月号」によれば春一番の定義は

① 発表する期間は立春から春分までのあいだ
② 日本海に低気圧があること
③ 強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで、風速8m/s以上)が吹き
④ 気温が上昇すること

という事だそうだ。春一番というよりも、異常気象と言った方がしっくりする感じではある。しかし、地球誕生以来の長い期間の気象変動からすると、特に異常気象って訳でもないかも。人間が気象観測を始めてからたったの100年(?)ぐらいとかを考えると、大した事はない!って感じなのかも。(現在の気象庁が観測を始めたのは1871年かららしい。)

いろんな事を大局的に考えるって大事ですね。なんか、ちょっと真面目な話になったけど、まあ、そんな日もある。

12月 25

偉大な Soul Musician の James Brown が死んだ。The New York Times は「James Brown, 73, Dies; ‘Godfather of Soul’」と伝えている。

偉大な人は、死ぬときも人々の記憶に残る日を選ぶのだろうか。キリストの生誕の日に死を迎えたのだから。

12月 23

第二段の今回は、書棚と机の整理&掃除。本はかなりあるので、相当な時間がかかりそうだ。

P1010500

まずは、書棚に入っている本たちを一度出してみた。かなりの量だ。さて、この中から残す本とブックオフでリサイクルする本に選別。

P1010515

選別の結果、これだけの本をブックオフへ持参する事に。

P1010511

綺麗になった書棚。いい感じだ。

さてこの後、約250冊の本たちを車に積んでブックオフへ。ブックオフで本をチェックしてもらうと200冊が買い取り対象となり8100円で換金されました。1冊約40円。この8100円でまた本を買うって事だな。

あと残るは、飯山電機のCRTと粗大ごみの処分。CRTは、飯山電機にリサイクル料金を振り込んだのでリサイクル用のボックスが送られてくるのを待つのみ。粗大ごみは、先日申込みをして1月5日に回収予定だ。

そして残るは、ビデオテープとカセットテープなどだが、ビデオテープは出来ればコンテンツをデジタル化して残したい。しかし、ビデオデッキが壊れているのでデジタル化する為にデバイスの購入が必要になるのだ。

どうせ買うなら、地デジ対応の VHS/HDD/DVD Recorder を買うしかないか・・・。でもテレビはあまり観ないのでちょっと投資額が大きい点がちょっと気になる。地デジ対応の VHS/HDD/DVD Recorder だと10万円ぐらいの値段になってしまうのだ。さて、どうしますかね。

12月 22

昨夜は、会社のひと3人で銀座の「Pappatore」でプチ忘年会。このお店は銀座にありながらも結構リーズナブルで尚且つ美味しくて、そんでもって朝4時まで営業している。銀座で終電を逃して、しょうがないから朝まで飲むか!という時にも活用出来るところがまた良い。このお店は、そもそも smile-naka3さんの blog site 「日常のアリア」で紹介されていたお店。タイトルの通り、銀座の路地裏のレストランで、地下と1Fと2F(階段があったのでたぶんあると思う)のこじんまりしたいい感じのお店。始めて行く人には少々解り辛い場所にあったりするのだが。

[gmaps:35.6707394877409/139.76029068231583/16/460/300](Pappatore)[/gmaps]

場所はここ。

P1010487

ドレハー(イタリアのビール。結構ライトな感覚)。昨夜は地下の席だったのだが、お店の照明がかなり暗くて照明だけでは写真が綺麗に撮れないので、テーブルのローソクの明かりで一枚。それでもやっぱり解りにくいですね。

P1010489

この写真の料理名、イマイチ記憶がないけど美味しかった。ストロボを活用すると、ちょっと冷たい感じに写るのであまり好きではないのだが、まあ、しょうがないって事で撮影。

ワイン(銘柄は全く覚えていない)、ミラノ風仔牛肉のカツレツ、温野菜サラダ、マルゲリータ、イカ墨とイクラのパスタなどなどお腹一杯食べて、お腹を抱えて笑って。楽しい時間でした。この中で特に美味しかったのは、マルゲリータかな。絶妙に旨いトマトソースと薄いピザ生地がメチャメチャ旨かった。:d

smile-naka3 さん情報を活用させてもらいました。いいお店でした。感謝感謝です。

preload preload preload