9月 19

頭で考えたことを、出力(アウトプット)する。いつの時代も大事なことだ。しかし、このアウトプットすることは、なかなか難しく、時間のかかることだ。

「アウトプットする」というセンテンスには、頭の中で物事を整理して、どのように表現するのかを考えて、実際に媒体に記述し、体裁を整えるという作業やニュアンスが含まれていると思う。(人によって、若干定義が違うかもしれないが)

このプロセスを分類すると

<頭の中で行うこと>

  • 頭の中で物事を整理
  • どのように表現するのかを考えて

<手などを使って行う作業>

  • 媒体に記述
  • 体裁を整える

に分けることが出来るだろう。

この「アウトプットする」という作業の中で「媒体に記述」という作業の効率化が出来ると、アウトプットされるまでの平均時間は短くなる。

「媒体に記述」する作業の具体的内容は、ペンで紙に書く、PCなどの電子デバイスならキーボード入力や音声入力などの方法がある。

それぞれの特徴は

<紙に記述する(手書き)>

紙に記述する。これは、人間が文字を作って以来の伝統的な方法。なんと言っても、生まれて以降やっているから慣れているし、文字、図表などを思ったままを表現可能。

<電子デバイスに入力する>

電子デバイスに入力する。最近の生まれてきた人には、生まれた時からパソコン、携帯電話、スマートフォンがあるので、紙と同様に慣れていることだろう。

しかし、生まれた時にパソコンなどのキーボードが無かった世代からすると、手書きが早い場合もある。キーボード入力がいくら早くなっても、図などは手書きの方が早かったりもする。アウトプットするアプリケーションにも依存するかもしれないが。

さて、紙に記述する場合(手書き)とキーボード入力は、どちらが早いのか?というと、デバイスとアプリケーションに依存する傾向がある。僕が使うデバイスとアプリにわけて考えてみたい。

デバイス&アプリ別の入力区分

Mac or Linux or Windows

<文書系/表計算系アプリ>
断然キーボード入力の方が手書きよりも早くかける(打てる)

<Draw系アプリ(マウス利用が多いアプリ)>
ペン型の入力デバイスの方が早い&書きやすい

iPhone

これは断然、手書き入力の方が早い。テンキーでの入力は文字を打つ回数が多いこと、キーボードの場合は、キーボードが小さいので間違える確立が高い。

要するにiPhoneへの入力が面倒という状態だ。あと、Macなどのパソコンでマウスを利用することが多いアプリの場合は、手書きをした方が早いし、自由度も大きく書きやすい。

今回は移動時に利用することが多いiphoneの入力について検討。

7notes mini for iphone

iphoneで手書き系ソフトを試してみた。その中で最高だったものが「7notes mini for iphone」だ。

良い点
  • 手書き文字の認識率が予想以上に高い
  • 外部連携出来るアプリが多い
  • 保存するファイル形式が多い
不満点
  • いまのところない→これは凄い。アプリで不満なところがないなんて!
実際の画面

<入力画面(Convertモード)>

実際の入力画面(Convertモード)は、こんな感じ。緑のところに手書きすると文字認識後、テキスト変換される。

<入力画面(keyboardモード)>

iPhoneのキーボードが表示される。

<入力画面(strokeモード)>

入力領域がグレーっぽい色に変わる。手書きをそのまま記録する場合に利用ですね。

<文字変換(英数字)>

けこの程度の文字で認識してくれる。

<文字変換(ひらがな)>

認識率は、抜群に高いと思う。認識さえ出来れば、自動的に漢字変換も行われる。因みに、ひらがなを認識さえ出来れば、漢字変換してくれる。この当たりの変換は流石にATOKをやっていた人だけのことはある。

<文字変換(漢字)>

漢字も認識率が良い方だと思いますよ。当然、手書きの字は綺麗に書いた方が認識されやすいですよ。

<後から変換>

strokeモード(手書き)で入力した後から文字認識させることも出来る。急いでいる場合には、取り敢えず手書きでどんどん書いておいて、後からゆっくり変換していけるのは良い。会議やカンファレンスなどの時に便利に使える。

<外部連携>

メール、twitter、Facebookなどのコミュニケーションやソーシャルアプリと連携が可能。

<保存形式>

「アプリケーションに送る」を選択すると、保存するファイル形式が聞かれる。これだけ対応していれば大体問題はないだろう。

<対応アプリケーション>

送信できるアプリケーションは、EvernoteとDropboxだ。これまた、この2つがあれば大概OKだろう。僕の場合は、これだけあればOKです。

タッチペン(プリンストンテクノロジー PIP-TP2 Touch Pen)

手書きに拘れば、当然ペンが必要になる。ペンはプリンストンテクノロジーの「PIP-TP2 Touch Pen」を導入してみた。

PIP-TP2 Touch Pen

<良い点>

  • iphoneとの相性はバッチリ
  • スクリーン上での滑りが良い

<今ひとつな点>

  • ペン先のシリコンゴムが少々柔らかすぎる感じがする。これは個人差があるので、あくまでも僕の場合。

まとめ

  • 外出時のちょっとしたメモを作成するのは、これ以上の組合せは少ないと思う。
  • 7notes mini for iphone の手書き文字の認識率が意外と高い
  • 欲を言うと手書きの図を描けるといいかも。(これは別アプリですかね)
  • 入力する機能と変換する機能は最高!
  • タッチペンを使うと更に手書き感が高まり、スピードが速くなる。
  • まさに紙に書いている感覚に近い。

とまあ、こんな感じで電車などで移動している時のiPhoneへの入力作業が効率化されて非常に重宝していますよ!というお話でした。

8月 24

モバイル環境を更新です。

E-Mobile GP-02 #1

E-Mobile の GP-02 を導入しました。

これで、外出時のPCでの作業が捗ります。

因みに、ヨドバシの横浜マルチメディア館でE-Mobileに加入したのですが、あやうくいろんなモノを一緒に買わされそうになりました。

E-Mobileの携帯電話

データ通信を契約すると、E-Mobileの携帯電話機が付いてくると言われて、何の話だ???と途方にくれる。

よ〜く、話を聞くと、端末代金1円で、E-Mobileの携帯電話機が導入出来て、E-Mobile同士の通話料金は無料と。通話をしなければ通話料金、基本料金は無料だと。ただし、E-Mobile以外へ電話した場合は、通話料金が発生すると。

上記の内容から

  • 端末料金1円で携帯電話を導入させる
  • 携帯電話機を持っていれば、結局E-Mobile以外にも通話するはず
  • E-Mobile以外に通話をすれば、通話料金が発生する
  • 発生した通話料金の数%が代理店へのバックマージンとして支払われる

という仕組みと推測出来る。E-Mobileの代理店の収益向上のキャンペーンのようですね。

通話料金が定額

ついでに、定額料金を払うと通話料金が定額になると・・・。

どちらも、いらない!で断ってきましたが、携帯電話の代理店もいろいろ大変そうです。

4月 25

台湾にはいくつかのモバイルキャリアがある。その中でW-CDMAを採用しているキャリアには

  • Chungha Telecom(中華電信)
  • Taiwan Mobile

などがある。他にも何社かあるが。。。

今回の台湾へは、Taipei ShoShan Airport(台北松山空港)行きの航空券を購入した。Taipei ShoShan Airportには、中華電信(Chungha Telecom)のみカウンターがある。

IMG_0871

台湾桃園国際空港にはTaiwan Mobileなどのカウンターもあるようなので、どちらの空港でもSIMは購入出来るだろう。他にも同じような記事を書いているブログがあるので検索してもらえればと。

台北松山空港の中華電信(Chungha Telecom)のカウンターの場所は

の赤丸の②の前の「携帯電話受付カウンター」ところ(図の字が小さくてすいません。クリックで拡大)で、到着して税関を抜けた到着ロビーを少し探せば見つかるだろう。
隣に日本のヤマト運輸の店があるので、ヤマト運輸を探してもらえれば良いだろう。

さて、Chungha TelecomではプリペイドSIMの販売を行っている。

種類は
Voice / Data の2種類。

Dataには3日間と7日間の使いたい放題の2つの種類がある。
価格は
3日間(72時間):NT$250(1日当たりNT$83で日本円で250円)
7日間(168時間):NT$450
※1NT$ = 3円で換算
ということで、iPhoneを海外で使った場合、1日1450円と比較して圧倒的に安く利用出来る。

今回はDataの3日間を購入した。電話はSkypeを使えば通話が可能なのでVoiceを選択する必要性は全く感じていない。

ちなみに、Voiceの場合の料金とDataが使えるのか?等は確認していないので不明です。特にVoiceの必要性がなかったので確認すらしませんでした。。。

店員に Data専用プランの3日間のものをくれ!と言うと手続きをしてもらえます。あとはパスポートを提示すれば購入可能である。

IMG_0889

SIMを端末に差して端末を起動するとSIMのパスワードを設定が促される。SIMのパスワードの初期値は「0000」に設定されているので、このパスワードを入力すればSIMが利用可能になる。

あとはAPNの設定だが、今回購入したHTC Desire Sでは特にAPNの設定をしなくてもネットが利用出来るようになった。

Chungha Telecomでの通信速度だが、通信速度を測定するアプリにどんなものがあるのかが不明だったので特に調べていないが、google map / GMail / ブラウジングなど特に遅いと感じることはなく快適に利用可能だった。

1日250円で街歩きや観光の利便性の向上と、Twitterなどのコミュニケーションも快適になって旅の楽しみ方がかなり変化したと思う。

日本では NTT Docomoが SIMロックフリーの端末を販売開始したようなので、今後は日本でSIMロックフリーの端末を海外に持ち出して利用する人も増えるだろう。

Tagged with:
preload preload preload