9月 14

技術メモです。興味の人はスルーで。

Google Map Java Script Version 3 でルートマップを書く時のwaitpointsの使い方です。

Google のドキュメントには

DirectionsWaypoint オブジェクトの仕様

DirectionsWaypoint は、旅程の途中で立ち寄る出発地点と到着地点間の場所を示します。
プロパティ

プロパティ タイプ 説明
Location LatLng | string ウェイポイントの場所。住所文字列または LatLng を指定できます。省略可能です。
 stopover  boolean true の場合、このウェイポイントは出発地点と到着地点間の停止地点であることを示します。これにより、ルートが 2 つに分割されます。この値はデフォルトで true です。省略可能です。

とあります。

上記の「location」はLatLng と string が指定可能。

LatLngの実際の書き方は

new google.maps.LatLng(36.68579,138.774447)

のようになります。

string は、google map に登録されている名称なら解析をしてくれる。

具体的なコードは以下のようになる。

	var start = "横浜駅";
	var end = "横浜駅";
	var request = {
		origin:start,
		destination:end,
		waypoints: [
			{location:"中之条駅,日本", stopover:true},
			{location:new google.maps.LatLng(36.68579,138.774447),stopover:true},
			{location:"長岡駅,日本",stopover:true},
			{location:"新津駅,日本",stopover:true},
			{location:"喜多方駅,日本",stopover:true},
			{location:"米沢駅,日本",stopover:true}
		],
		travelMode: google.maps.DirectionsTravelMode.DRIVING
	};

	directionsService.route(request, function(result, status) {
		if (status == google.maps.DirectionsStatus.OK) {
			directionsDisplay.setDirections(result);
		}
  });

これを実際に表示すると

Google Maps JavaScript API v3 Example: Directions Simple_1315984275770

とまあ、こんな感じで waitpoints をふやせば、実際にドライブした経路を表示出来るようになりますな。

上記のコードだけでは動かないので実際に動くコードも書いておきます。






Google Maps JavaScript API v3 Example: Directions Simple





という感じです。

9月 01

技術メモなので、読み飛ばして下さいなと。

アプリケーションの日本語化する方法

コマンド(msgfmt)ベースで翻訳ファイルを作成する方法です。

環境

OS : Debian 6.0.2

gettextのインストール
# apt-get install gettext
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
autopoint libunistring0
提案パッケージ:
gettext-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
autopoint gettext libunistring0
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 2 個。
3,032 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 8,892 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ squeeze/main autopoint all 0.18.1.1-3 [627 kB]
取得:2 http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ squeeze/main libunistring0 i386 0.9.3-3 [433 kB]
取得:3 http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ squeeze/main gettext i386 0.18.1.1-3 [1,973 kB]
3,032 kB を 1秒 で取得しました (2,982 kB/s)
未選択パッケージ autopoint を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 131391 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../autopoint_0.18.1.1-3_all.deb から) autopoint を展開しています...
未選択パッケージ libunistring0 を選択しています。
(.../libunistring0_0.9.3-3_i386.deb から) libunistring0 を展開しています...
未選択パッケージ gettext を選択しています。
(.../gettext_0.18.1.1-3_i386.deb から) gettext を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
install-info のトリガを処理しています ...
autopoint (0.18.1.1-3) を設定しています ...
libunistring0 (0.9.3-3) を設定しています ...
gettext (0.18.1.1-3) を設定しています ...
#
msgfmtの実施
$ msgfmt -o 出力ファイル名 .mo 翻訳ファイル名.po
参照先

GUN gettext
Gettextによるウェブアプリケーションの国際化と地域化

Tagged with:
8月 01

7月30日(土)、品川のマイクロソフト本社の会議室で行われた WordBench 東京 に参加してきた。

勉強会

「WordPress 3.2 の新機能の解説&デフォルトテーマ Twenty Eleven のソースコードの分析・解説」
「PHPに自信のないデザイナーでもできるテーマ作成」
  • ゼロからWordPressのテーマの作り方について。
  • なんと、発表のあとにプレゼンターのさわだえりさんの「10日でおぼえる WordPress入門教室」のプレゼントのジャンケン大会で見事勝利をおさめ本をゲットしました。

10日でおぼえる WordPress入門教室

  • 勉強会が始まって間もない時間だったので、かなり目立ってしまった。まさか、ジャンケンに勝つとは思ってもいなかった。。。
  • 10日でおぼえることができるか挑戦ですかね。
「WordPressで必要なPHP基礎講座」
  • PHPの基礎講座で、PHPをおぼえるとWordpressでこんなサイトできるよ!というプレゼンでした。
  • 今回のプレゼンのために作ったというサイトの説明では、Wordpressもここまで出来るのかと思わせる程の内容。(この記事を書いている段階では、プレゼン資料や紹介されたサイトは公開されてないみたい)
「ショートコードの使い方&作り方のワークショップ」
  • 今まで Short Code ん〜って感じだったけど、プレゼンを聞いてセキュリティ的には確かに!と思えたかな。
  • PluginでShotCodeを使うってものだと、WordPressのVersionUpとPluginが連携できずに途中からPlugin変更とかすると大変だよな〜と思ってた。
  • でも、ShotCodeも使った方がよさげなので、ちょっと考えることに。

とまあ、いろいろ発見や勉強になったこと、考えるネタになったことがありました。

本もゲットできたし。

WordPress 3.2 リリースパーティ

勉強会の後は「WordPress 3.2 リリースパーティ」が同じ会場で開催されました。

Workbench tokyo 2011 July Cake

リリース祝いのケーキ。描かれているのは WordPress日本 のマスコットキャラクター。

マスコットキャラクターの詳細は

WordPress 日本公式キャラクターが登場

WordPress の日本公式キャラクターを設定

感想

今回、初めてWordPress系のイベントに参加した。WordPressのコミュニティーの雰囲気がなんとなく感じることができたかな。

コミュニティー自体は、凄く暖かい感じのするコミュニティー。だれでも気さくに入れていけるところが良かった。

リリースパーティでは、デザイナーの人、開発の人などなどいろいろな人と名刺交換もできてよかった。皆さん、気さくで良い人で、楽しい時間を過ごすことができたかな。

また、次回も参加してみたいですね。

7月 05

あっ!チェックし忘れていた。

日本Ruby会議2011(7月16日〜18日)_1309678363686

今年も日本Ruby会議が行われる。開催期間は、7月16日(土)〜7月18日(月)だ。

Ruby関係も最新情報を勉強しとかないと。。。

しかし、参加している時間があるのか?いや、違う!時間は作るものだ。

スケジュール調整するかな。

Rubyに興味がある方は、是非参加してみるといいと思います。いろんな勉強ができます!

7月 01

「DotCloud」が正式サービスを開始した。

DotCloud - Deployment made simple_1309494870892

「DotCloud」は、開発するコンピュータ言語、データベースを選べるPasSだ。

今までは、Cloudベンダーによって開発環境は限られていたが、これでCloud環境でもユーザが必要に応じて選べる環境が整う。

「DotCloud」には、知る人ぞ知るMiyagawaさんが最近転職して働いている。

プログラミング言語やデータベースが選べる新世代PaaS「DotCloud」が正式サービス開始

でも紹介されているが、MiyagawaさんのJoinによって、「DotCloud」のPerl環境も向上していることが期待できる。

Perlを始め言語とデータベースにかかわらず、2サービスまでの利用は無料で利用可能なので、まずはSignUpして使ってみると良いだろう。

Tagged with:
1月 06

先日実施した Sakura Internet 環境で運用している Word Press の Version 2.6 から Version 3.03 の Version Up 作業の備忘録です。

目次

  1. 運用中のブログ(Word Press / MySQL)の環境・設定確認
  2. 運用中のブログ(Word Press / MySQL)のバックアップ
  3. 運用中のバックアップ環境(ローカル環境)の構築と動作確認
  4. バックアップ環境(ローカル環境)でのVersionUp試験(必要なら実施)
  5. バックアップ環境(ローカル環境)でのWord Pressのデータエクスポート
  6. さくらインターネットのサーバコントロールパネルでのDBの削除と作成とリストア
  7. 運用中(Word Press)の動作確認
  8. Word PressのVersionUpの実施
  9. 何かに失敗した場合の対処Tips

てな感じで書いてみたい。

Tagged with:
preload preload preload