3月 11

東日本大震災が発生して一年の時が経った。そして、福島原発の人災からも一年の時が経った。

そして、今このタイミングで映画「100000年後の安全」(DVD)を観てみた。

100,000年後の安全 [DVD] 100,000年後の安全 [DVD]アップリンク 2011-12-23
売り上げランキング : 1512Amazonで詳しく見る by G-Tools
世界で最初の最終処分場

2001年5月、フィンランド議会は原子力発電所で発生する高レベル放射性廃棄物の最終処分場をユーラヨキ自治州のオルキルオト島に設置することを決定した。これによりフィンランドは高レベル放射性廃棄物の最終処分場を世界で最初に決定した国となった。

現在の研究での高レベル放射性廃棄物の最終処分方法は、宇宙へ放出(太陽へ打ち込む)、海底へ埋める方法、地下に埋めるする方法などが考えられているが、現実的な方法として地下に埋める「地層処理」が一般的になっている。

2004年からオルキルオト島で世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場、通称「オンカロ(隠された場所という意味)」の建設が始まった。

オンカロは、2020年までに運用を開始(2020年から高レベル放射性廃棄物の貯蔵が始まる)し、2120年ごろまでの100年間にわたり、どんどん高レベル放射性廃棄物を埋め続けるという計画。100年後に施設が満杯になった後は坑道を埋め戻して完全に封鎖するそうだ。

そして西暦102020年(なんか、デーモン閣下の年齢みたい)まで埋めておくそうな。

さて、高レベル放射性廃棄物の一つであるプルトニウムの半減期は2万4000年。 フィンランドでは、 生物にとって安全なレベルまで放射能が低下するには10万年が必要であると言われている。アメリカやフランスでは100万年とも言われてるらしい。

オンカロは、10万年にわたって高レベル放射性廃棄物を貯蔵することになっている。

10万年の長い時間に耐えうる建造物を現代の人間の知識で作ることは出来るのだろうか?というのが最初の疑問だ。

人類が過去に作った建造物で一番長い期間持ちこたえているものは、エジプトのピラミッドだ。しかし、ピラミッドでさえ約5000年という時間。10万年や100万年という時間からすれば、かなり短い時間と思える。

映画の中で、フィンランドが最終処分場をオルキルオト島を選んだのは、この場所が過去18億年において地層が安定しているからだと。

確かに、この場所はユーラシアプレートの真ん中付近にあり今後10万年程度は安定している可能性が高いことは素人でもわかるが、過去18億年安定していたからといって、今後も安定しているという保証はどこにもない。

日本の高レベル放射性廃棄物の現状

場所は変わって、現在の日本の状況はどうか?というと、先日、福島県内に中間貯蔵施設を建設するという話題があったばかり。

日本では「地層処分」するということが決まっていると電気事業連合会の「高レベル放射性廃棄物の処理・処分」に書かれている。要するにフィンランドと同じように地下に埋めるってことみたいだ。

ここで、気になるのがフィンランドはユーラシアプレートの真ん中あたりで地層が安定しているということで、まだ納得も出来なくもないが、日本は、いろんなプレートの端っこにある。

ユーラシアプレート、北アメリカプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートという4つのプレートの境界にある場所で地震がもっとも多い地域の一つに数えられる。

素人考えでは、そんな場所に「地層処分」なんてして大丈夫なんだろうか?と思う。

しかし!電気事業連合会の「高レベル放射性廃棄物の地層処分」というページの「適切な地層への処分」には以下のような内容が記述されている。

人間とその環境との距離を保つためには、地下資源開発など、人間活動の対象にならない地層で、しかも十分な深さをもち、地殻変動が少ないことなどの条件を満たす地層が必要です。
わが国では、(独)日本原子力研究開発機構が中心となって地層処分の研究が進められてきましたが、その結果、日本には火山や地震、断層活動の影響が少なく、今後10万年にわたって安定していると評価される地層が広く存在することが明らかになっています。

と書かれている。

え〜!本当ですか!?と言いたくなる。10万年にわたって安定している地層が広く存在するなんて信じられない。それは、日本中いたるところに断層があると思っているからだ。10万年もあれば、日本中にある断層のどれがどう動いても不思議ではないと思うのだが・・・。

はてさて、その広く存在する場所は一体どこなんですかね?

調査は実施したとは思うけど、なんらかの理由で場所は書かれていない。そりゃそうだろう。そんなことを書いたら、該当の地域の人は大騒ぎになることは間違いない。
もっと詳しくは、2000年の「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」に基づき設立された実施主体(原子力発電環境整備機構、以下、「原環機構」という)が、最終処分施設の設置可能性を調査する区域の公募を開始し(原環機構、2002)、応募獲得に向けた立地・広報活動及び地層 処分技術の開発を行っているそうである。

原子力発電環境整備機構の最終処分地の公募についての「地層処分施設の設置可能性を調査する区域への応募をご検討のみなさまへ」のページを見ると、処分施設建設地の選定は平成40年前後ごろと書かれている。

フィンランドの例を見るなら、最終処分場の建設には16年の歳月を要することがわかる。

平成40年前後に選定なので建設開始は数年後だろうから、実際にできあがるのは平成60年ごろだ。因みに、あと40数年も現在の天皇陛下は生きていないと思うので年号は変わっていると思うのだが・・・。原子力発電環境整備機構も西暦で書いた方がいいんじゃないの?っていう指摘もしてみたり。

更に、フィンランドには現在4つの原発があり、この原発から出る高レベル放射性廃棄物を埋め尽くすのに現在建設中のオンカロと同等程度の施設を4つ程度建設するという。

日本では54基の原発があり、今ある原発の高レベル放射性廃棄物を処分するだけでもオンカロと同程度の施設を54〜60ぐらい建設する必要がある。各都道府県に1個以上をつくらないとならない計算になる。

なんと!日本の地下には高レベル放射性廃棄物だらけという状況になるのだ!

それだったら、太平洋プレートに埋め込んでそのままマントル対流に乗せて地殻内部で処理してもらった方がいいんじゃないの?とおもってしまう。技術的には難しいかと思うが、太陽に向けて発射するよりも安全かもしれない。

因みに、ウランなどの原発に必要な資源も有限である。ウランを取り尽くしてしまえば原発という発電方法はなくなる。はて、その時間があとどれぐらい続くものなのかは定かではないが、未来永劫原子力発電をする訳ではないが、ウランやプルトニウムを処分しなければならないことには変わりはない。

映画の話

映画の話に戻ると、他にも未来の人間たちのトレジャーハンティングで地下を掘り起こそうとするんじゃないのか、とか、どうやって、ここは危険であることを伝えていくのか?などを指摘している。

なかなか考えさせられるドキュメンタリー映画である。興味のある人は、一度観てみると良いかもしれない。

興味がなくても、観る方がよいとは思うが。。。

原発って、どう考えても問題だらけということを改めて認識した次第です。

参考URL

映画「100000年後の安全」公式サイト

WebD!CE「福島原発は地上のオンカロになるだろう」マドセン監督 インタビュー記事

Weblio「オンカロ

原子力発電環境整備機構

電気事業連合会

2月 21

故森田芳光監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」という映画が3月24日から劇場公開される。

「鉄道好き」はTV番組の「電車男」から一般化したと言えるだろう。

それ以前は、マニアとか言われるような状態だった。しかし、その数は日本だけでも大変な数になるだろう。世界でみれば、とてつもない数の「鉄道好き」がいるだろう。鉄道発祥の地のイギリスの鉄道博物館に行くと、平日でもたくさんの人が訪れていたりする。

この映画の監督だった森田芳光も鉄道好きな一人だったようだ。そんな森田氏が作った映画だけに鉄分が多いシーンがいろいろ出てくるようだ。

鉄道好きな人は、是非観てみると良いかもしれないですね。

9月 29

「神様のカルテ」は、本でも読んだが、映画化されたので映画も観てみた。少々ミーハーな感じがしないでもないが、まあ、良いとして。

実際に観たのは少し前ですが。。。

さて、映画版の「神様のカルテ」も、本と同様に良い感じに仕上がっている。榛名役の宮崎あおいがハルのイメージにぴったり。一止の役の桜井翔は、正直、ん~、まあ、なきにしもあらずな感じ。
本もそうだったけど、映画も泣ける。まあ、泣かそうとしている向きもあるのだが、彼女とかといくとどうなんだろう?って感じだが、一見の価値はあるかもかな。

時間が空いた時に、観てみるって感じですかね。

8月 29

日本は、「物質的な豊かさ」を「幸せなこと」として経済を優先させてきたと思う。結果、日本全体としては経済的に豊かになったと思う。物質的に豊かになったことは、決して悪いことではないとも思う。しかし、ふと、自分の生活をみつめて、この生活が本当の幸せや豊かさなのだろうか?と疑問に思うことはないだろうか。

長い労働時間とストレスや、人生で働くことがメインなのか、人生を楽しむことがメインなのかがわからなくうなっていたり。人それぞれ、何かしらの疑問があるような気がする。

そんな、疑問を正面から訴える映画が「幸せの経済学」だ。
ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」

映画は、ヒマラヤのふもとで豊かな生活をしていたラダック村の人々が、グローバル経済にさらされ、いわゆる先進国で起こっている失業や貧富差などの問題に直面し、昔の豊かさがなくなっているという感じで始まる。

そして、グローバリゼーションとローカリゼーションを対比することによって、我々の生活はローカリゼーションに向かうべきではないかと提唱している。

あらすじをかなり要約しているので、詳細なあらすじはこちらを参照下さい。

さて、映画を見終わった感想は

  • 基本的には、賛成ではあるが、すべての人が直ぐにはローカリゼーションへとシフトは出来ないと思う。
  • グローバリゼーションとローカリゼーションとのバランスをどうとっていくのかを考える必要があるな〜と。
  • グローバリゼーションの8つの問題点の中で「CO2の増加による地球温暖化」があったのけど、少々強引だったかなと。CO2の増加が地球温暖化の原因だとは、まだはっきり検証できた訳ではないと思う。
  • CO2は、出さない方が良いに決まっているので、CO2削減する努力は続けていく必要があるが、国の経済優先とか言っているうちはダメだろうな〜。
  • 映画を見に来ていた人の年齢層は、20〜30代の人が30%〜40%ぐらいで、それ以上の年齢層の人が60%〜70%だった。
  • 60人〜70人ぐらい入れるシアターだったけど、映画を観ていた人は20人弱だった。土曜日だからなのかは不明。
  • 少々強引だけど、上の数字を日本全体で考えた場合30%弱ぐらいの人しか、関心がないってことなのかな〜?関心はあるけど、映画をわざわざ見に行くという行動を起こすまでの関心はないってこと???

映画自体の感想としては、要するにひとり一人がそれぞれの立場で、どんな「幸せ」を求めていくのか?を考えていく必要があるね!ってことを認識させられる。

東京近郊に住んでいる人なら、渋谷のUPLINKで9月9日(金)まで上映しているので、興味のある人は観に行くといいかもです。

その他の地区の上映スケジュールはこちらを参照頂ければ、全国各地のスケジュールが見られます。

また、この映画自体が自主上映方式をとっているので、上映スケジュールがない地域の場合は、自分で上映を企画することも可能です。

自主上映のやり方についてもホームページ上に記載されていますので参照頂ければと。

7月 28

横浜市民としては、この映画は観ておく必要がある!と勝手に言ってみる。

コクリコ坂から

コクリコ坂から 公式サイト_1311138753850

時は東京オリンピックの前年。まだ、戦後の臭いが残る高度成長期を迎えた横浜のとある高校。「コクリコ坂から」は、1963年の横浜を舞台にした青春物語だ。

ちなみに「コクリコ」は「ひなげし」のことね。

僕らの年齢以上の世代には、懐かしい物が多数描かれている。なんとも懐かしい感じを持つだろう。10代とか20代の人には、へぇ〜って感じなんだろうな〜。

さて、その懐かしかったものを少々。

ガリ版(謄写版印刷)

僕が小学校の時には、まだ存在していた。今の若い人には絶対に分からないものだろうな〜。

ロウ原紙という薄紙(ロウが塗ってある半透明の紙)に、鉄筆で文字を書き、謄写版という簡易印刷機で、ローラーとインクを使って刷る印刷技法。

このガリ版を使って「学級通信」や「学校新聞」などを刷って配っていたのだ。

現代は、パソコンのDTPソフトで構成して、プリンターで印刷&コピーで終了だが、昔は、原稿をロウ原紙に書き写すという作業があった。そして、紙一枚一枚をローラーとインクで印刷していく。今から考えれば、とっても大変な作業をしていたのだ。

技術の進化は、人間がする作業工数を劇的に削減しているものの一つですね。

カルチェ・ラタン

パリのソルボンヌ大学を中心とした学生街。昔、ラテン語を使っていた地区で、ラテン語の地区という意味に由来する街だ。

この「カルチェ・ラタン」の名を、高校の文化部の部室の建物の名称として使っている。ん〜、なるほど。

横浜の市電

1972年まで、横浜では街中に市電(路面電車)が走っていた。その様子が映画でも描かれている。1960年代の地図を見ると、市電が市内各所まで運行されていた。今は電車の通っていない「三渓園」地区も路面電車は走っていたようだ。当時の方が便利だったのかも?

現在は地下鉄の路線を除いて、バス路線に変更されている。市電(路面電車)の方が味わいがあって良かったと思うのだか・・・。

1963年(昭和38年)の物価

映画とタイアップしたKDDIと横浜市のキャンペーンの冊子に当時の物価が掲載されていたので転載してみる。

  • 豆腐(一丁):20円
  • 慶應義塾大学文学部1年分の授業料:6万円
  • 大型時刻表:150円
  • 上野動物園入園料:50円(子供10円)
  • もりそば:40円
  • 牛肉(100グラム):67円
  • 白米(10キログラム):870円
  • コーヒー(一杯):60円
  • 都電:15円
  • タクシー(基本料金):80円
  • 理髪料金:280円

だいたいだが、当時から5〜10倍に物価が上がっている感じだ。

しかし、当時も慶応大学の授業料というのは半端なく高額だったようだ。当時のサラリーマンの給料では、どう考えても慶応大学には行かせられないだろう。お坊ちゃま学校ということがよく分かる。ちなみに現在の文学部の授業料は80万円。

映画全体の感想

この映画は、宮崎駿企画・宮崎吾郎監督で作った映画だ。宮崎映画は、どの作品にも共通して、絵の柔らかさと優しい物語がとっても良い。今回の「コクリコ坂から」でも、その良いところは失われていない。

宮崎吾郎監督の思いを公式サイトから抜粋すると

古い歴史ある校内の建物を壊すか保存するかについて生徒たちが討論するシーンの俊(主人公)のセリフ。

「古いものを壊すことは過去の記憶を捨てることと同じじゃない のか!?」

「人が生きて死んでいった記憶をないがしろにするということじゃないのか!?」

「新しいものばかりに飛びついて歴史を顧みない君たちに未来など あるか!!」

と。現代を生きる我々へのアンチテーゼとしての台詞だろう。

少々考えさせられるものがある。今となってはかけがえのなかったモノを捨ててきた我々。そのかけがえのなく大切なものを取り戻すべく、考えていかなければならないのではないかと思わさせるだけの台詞だ。

個人的には、かなり良かった映画だ。年取っている人は、昔を思い出して。若い人は、主人公たちの青春物語を楽しめる映画になっている。

そして、映画を観たあと、横浜を散歩してみるってのも良いかもしれませんよ!!

Tagged with:
5月 31

IDEA*IDEA 百式管理人のライフハックブログの田口さんが『【書評】風が強く吹いている』でこの作品いいよ!と書いていたので、映画化したDVDを観た。

ちなみに本は読んでない。

ストーリーは、寛政大学の弱小陸上部が箱根駅伝を目指すというお話だ。軽いタッチにはしてあるが基本はスポ根だ。

しかし、この直球勝負のスポ根が意外と良い。結構泣けてくる。

基本的な内容とか言葉とかの感動の他に映画(DVD)では、映像化された楽しみがある。

何がいいって、主演のカケルを演じる林遣都の走る姿が良い。

  • フォームが綺麗で無駄がない
  • ストライドが長くて走り方が綺麗
  • 足が綺麗に蹴り上がっていて、あんな風に走りたいとあこがれる
  • 頭(目線)がぶれていない
  • 足が長い(これはどうしようもないが)

とまあ、林遣都の走りは結構なレベルなのだ。他の演者たちは、まあそれほどでもないが林遣都だけが際だっている。

因みに、この映画では大学の駅伝部が撮影協力をしていたそうだが、林遣都を駅伝部にスカウトしたとか、しないとか。確かに、この走りを見たら、こいつは陸上をやってだぞ!と思うだろう。

最近、ジョギングとかマラソンとか流行っている。ランニングをしている人が、この映画を観た後に走るとちょっとヤバイかも。映画のカケルのように走れるのでは?と錯覚してスピードが上がってしまうかもしれないので気をつけよう!

映画だし、現役大学生の話だし、そのあたりのことと、今の自分の体力とかを考慮して、楽しくランニングしましょう!

そうしないと、翌日とか、下手すると足を痛めて悲惨な状態になるかもです。

風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD] 風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

バンダイビジュアル 2010-04-09
売り上げランキング : 8170

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tagged with:
5月 04

ちょっと、勢いで投稿。

車に乗る人、車を所有している人ならJAF(Japan Automobile Foundation)を知っている人は多いだろう。

JAFは、車が故障した時のロードサービスの提供をメインに実施しているのだが、実はこれだけではない。

JAFは、いろいろな施設を割り引き利用出来るように各社と契約している。たくさんの割引可能な施設があるのだが、あまりJAFでの割引を利用したことがない。記憶している限りでは、カーフェリーを利用するときに一度利用した程度だ。

話は変わるが、毎月JAFから「JAF Mate」なる冊子が届く。5月号には「JAFご利用ガイド」なる別冊がついていた。
この別冊をまじまじと見ていて、109シネマズも割引の対象であることを発見。映画の料金1800円が1500円で観られる。まあ、300円引(17%引)なので大したことはない。その他の施設に比較しても特に割り引き率が高いわけでもない。

しかし、映画館では必ず飲み物とお菓子(主にポップコーンだろうが。。。)を買うことは多い。その飲み物代ぐらいにはなるのだ。

ちなみに、JAFの割引対象の映画館やシネコンは他にはないので、地域特性があることも確か。僕の住んでる横浜で109シネマズだと、MM横浜(MM線の高島駅)とムービル(昔の相鉄ムービルね)で利用が出来るので、僕の場合は利用頻度が高い。

109シネマズで映画をよく観る人でJAFカードを持っている人は利用するとお得だ。

4月 19

むかし、「エクソシスト」という映画があった。この映画は、同名の小説を映画化したものだった。

エクソシストはWikipediaでは以下のように書かれている。

エクソシスト(Exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語でエクソシスムを行う人のこと。エクソシスムとは誓い、厳命を意味するギリシャ語であり、洗礼式の時に悪魔を捨てる誓約があるが、その後に悪魔にとりつかれた人から、悪魔を追い出して正常な状態に戻すことをいう。かつてはカトリック教会の下級叙階の位階の一つとして存在し「祓魔師」(ふつまし)と訳された。また、日本の神道用語が転用されたことがあるが、キリスト教と神道は異なる宗教であり、まったく別概念である。

実際にバチカンではエクソシスムの講義があるという。そんな事実を元にした映画「ザ・ライト」が公開されている。

事実を元につくらているこの映画では、アンソニー・ホプキンスの演技が秀逸だ。その他の役者の演技や映像表現にどんどん映画の中に引き込まれていく。映画としては、おもしろい。

映画の最後に主人公の「マイケル神父」とアンソニー・ホプキンス演ずる「ルーカス神父」は、現在もエクソシストとして活動を続けていると。

かなりリアリティのある映像で見応えがある映画だ。万人にお勧めではないが、興味のある人は観てみては如何だろうか。

preload preload preload