2月 16

今回の青森の旅も終盤へ。あとは、お土産を物色してお弁当とビールを購入して、新青森まで延伸した東北新幹線に乗って帰るだけだ。

お土産は、どこへ行っても最終目的地の駅や空港で購入している。今回は新青森駅で購入することに。

IMG_1738

弘前駅は、駅舎が現代的な建物で凄く綺麗だ。しかし、この駅も特徴がないので、他の駅と一緒であまり面白くない。JRももう少し考えれば良いと思うのだが。。。

IMG_1742

弘前から新青森へ奥羽本線の普通列車に乗って移動。

IMG_1745

新青森駅に到着。

IMG_1747

はやて36号。新青森を17時12分に出発して盛岡、仙台、大宮、上野、そして東京に20時36分に到着する。所用時間は3時間24分。寝台特急「あけぼの」で約12時間かけて来たのに、新幹線だと3時間30分弱。やたら目ったら早い。技術の進歩というか、資本力というのか、人間の飽くなき欲求というのか凄すぎる。

IMG_0183

IMG_0185

寿司で始まった、今回の旅のグルメも最後は「しゃけいくら釜飯」でおしまいだ。この弁当を買った後で思ったのだが、この弁当は昨年3月の「東北の旅」で青森駅で買った弁当と同じだったのだ。

本当は「浜焼きホタテ 海鮮ひつまぶし」弁当がほしかったのだが、残念ながら売っていなかったので、この弁当にしたのだが。。。

さて、ビールを飲みながら弁当を食べている間に新幹線は一路、東京へと。

3時間30分なんて、来た時の12時間に比べれば、あっという間だ。時間が短く早く到着するのは、忙しい現代人には良いのかもしれないが、旅情は味わえない。

やっぱり、旅は時間を掛けていくところに良さがあるのではないかと思う。流石に12時間かけて到着すると、遠くまで来たな~ということを感じる。青森の地元の人には、やっぱり便利になって良いとは思うが。

ならば、ゆっくり行きたい人向けの列車も運行してほしいと思うのは僕だけだろうか。寝台特急「あけぼの」もいつ廃止になるのか判らないが、きっといつか廃しになる運命なんだろう。

現代の旅は、世知辛くて良くないと思いながら新幹線は東京駅へと到着した。

今回の「青森の旅」はこれでおしまい。

Tagged with:
8月 23

山形の旅も、そろそろ終盤へと。

IMG_6982

米沢駅へ到着。

IMG_6995

一緒に旅をした一人は、ここから新潟方面へ行くとのことで、一足先にお別れだ。鉄男の本領発揮で新潟方面までローカル列車を乗り継いで行くらしい。我々が一時間後の新幹線に乗って家に着いた頃に彼はまで列車で移動中ということらしい。後から携帯で調べると新幹線で大宮まで出て、新幹線を乗り継いだ方が時間的には早く着くことが出来るみたいだったのだ。流石、鉄男だ。

IMG_6996

IMG_7008

つばさ90号(臨時列車らしい)に乗って一路東京へ。

IMG_7017

車内販売で買った今回の旅の最後のご飯。「牛肉どまん中」弁当。平たく言うとすき焼弁当なのだが、ビールと一緒に食べると旨かった。

こうして、今回の山形の旅も終わり。濃厚な3日間を過ごした気がする。普段は、一人での旅が多い。多くても2、3人の旅なのだが、今回は5名ということで楽しい旅が出来ました。温泉あり、グルメあり、歴史あり、絶景ありの盛りだくさんの旅でした。山形には、今回訪れることが出来なかった場所がまだまだありますので、次回いつかまたこの地を訪れてみたいものです。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

4月 19

列車の旅には「駅弁」。このブログを読んでいる人なら、列車の旅をして「駅弁」のネタは無いとは思わないだろう。その期待に答えるが如く、直江津から「特急はくたか」で越後湯沢駅に到着後、越後湯沢駅で駅弁を購入。

P1010949

今日の駅弁は「日本海さけかに合戦」弁当だ。越後湯沢駅の乗り換え時間が8分しかなかったので、あまりじっくりと駅弁を選ぶことが出来なかったのだが残念である。

P1010953

中は、名称の通り「さけ」と「かに」だ。「さけ」の方には鮭フレークとイクラが新潟のご飯の上に乗っている、いわゆる親子丼だ。何が旨いって、ご飯が甘くて旨いのだ。ご飯だけでも食べられるぐらいにである。

「かに」の方は、美味しい寿司飯の上に蟹が乗っているという状態。こちらもご飯が旨いのだ。米どころの駅弁だけのことはある。

そんな訳で、今回の旅も上越新幹線に乗って帰路に着いた。

4月 14

「偕楽園」を堪能し、次へ移動である。

IMG_4511

随所で桜満開だ。これは「護国神社」の桜。

IMG_4515

次にやってきたのは「徳川博物館」だ。流石に徳川家の街だけのことはある。徳川家といっても、尾張、紀伊、水戸、一橋などあと2つぐらいあった気がするが。。。

IMG_4520

[gmaps:36.37271410494886/140.44591426849365/15/480/360](comment)[/gmaps]

バスで水戸駅へと。このバス、床が木だ。久々に木の床の乗り物に乗った気がする。

IMG_4524

少々小腹が空いたので、たい焼きを食べてみた。何故たい焼きなのかと言えば、前から歩いてきた3人中3人がこのたい焼きを食べているのだ。それはきっと旨いに違いない!と勝手に思って買ってみたのだ。

このたい焼き、薄皮がパリパリしていて中のあんの小豆がまた旨いのだ。水戸では有名なんでしょうかね?

IMG_4541

たい焼きを食べながら「弘道館」へとやってきた。

IMG_4545

IMG_4546

江戸時代のトイレ。

IMG_4548

江戸時代の風呂。

日本中に古い建物を公開しているところは沢山あるが、トイレや風呂を公開している建物はめずらしい。
水戸藩は、当時全国的に最も教育に力をいれていた藩とのこと。この弘道館は、当時で最大規模だったらしい。
そんな教育熱心な土地の水戸は今でも教育に熱心なんでしょうか。

[gmaps:36.37528836653048/140.4774570465088/15/480/360](comment)[/gmaps]

そんなこんなで、駅前のスタバで休憩をして帰路につくことに。

IMG_4597

旅と言えば「駅弁」って訳で今回も駅弁を食することに。ちょっとベタではあるが「印籠弁当」1100円。少々高い気がしないでもない。味は、可もなく不可もなくって感じで印象は薄い。

2月 22

旅の楽しみの一つに食べ物があるのは皆同じだろう。

今回は、いつもの「ぶらり旅」よりも充実した「グルメ」な旅となった。旅で出合ったグルメ情報についてもまとめておきたい。

「漁師料理 がね屋」(福岡)

◆「活き烏賊刺身」

P1010796

昔から博多へ来た時に烏賊を食べるときは、ここの烏賊を食べることにしている。既に数回訪れているが毎回活き烏賊の刺身を注文している。今回はわざわざ予約時に「烏賊」を食べたい!と言っておいたほど。
何がそんなに虜になっているのかと言うと烏賊の刺身が透明で身が柔らかくて甘くて美味しいからだ。東京じゃ滅多に、こんな烏賊は食べられない。

これが食べたいが為に、博多へ来たと言っても過言ではない。

◆「烏賊の天ぷら」

IMG_3691

この店は、刺身で出した烏賊の余り(だいたいゲソと頭の部分が残るのだが)を天ぷらにするか、から揚げにするとかを選ぶことが出来る。今回は「天ぷら」と「塩焼き」を頼んだのだが、個人的には「天ぷら」が旨い気がする。

◆「馬刺し」

P1010800

久々に旨い「馬刺し」を食べた気がした程に旨い。馬刺しには普通ニンニクが添えられるが、ここは生姜だ。福岡の夜を楽しむ為の配慮なのかどうかは定かではない。

◆「魚の煮汁かけご飯」

IMG_3696

これは、メニューにはないので、食べたい人は煮魚と白飯を注文してください。写真が少々旨そうには撮れていませんが、実に旨いのでお勧めです。

「食咲ゆふいん」(由布院)

◆「とり天定食」

IMG_3785

「御宿 さくら亭」(由布院)

◆夕食編

IMG_3871

これ以外にもご飯とかお味噌汁とかが付いてきます。もうお腹一杯になります。

P1010829

サラダ。由布院で採れた野菜に、言葉では表現できないほど旨いドレッシング。どちらかと言えば、ドレッシングの旨さが驚異的なサラダ。

P1010831

野菜が旨いのは既に書いたが、

P1010832

焼き物だが、これはこれで旨いのだが他がメッチャ旨いので、旨さが引き立たない。

P1010833

一番右に烏賊の塩辛があるのだが、この塩辛は今まで食べた塩辛の中で最高の味。塩辛って塩辛って書くぐらいだから塩辛いんだけど、この塩辛は塩辛い中にも甘みがあるのだ。驚異的な感じがした。

P1010839

このグラタンの中にパイナップルが入っていたんだけど、このパイナップルの食感と甘さが精妙にグラタンの塩加減とマッチしてうまみを引き出してる感じ。

P1010840

茶碗蒸し。久々に食べた気がする。上品な感じの茶碗蒸しだった。

P1010843

お吸い物。上品でやさしい感じのだしがきいていました。

P1010844

そしてメインの豊後牛。蒸し焼きにして食べる感じ。この豊後牛まで来るまでに既にお腹一杯ではち切れそうな状態だったのだが、この肉がとっても柔らかくて、今まで食べた牛肉の中で一番か二番な柔らかさの牛肉。霜のはいり方も絶妙で有名になるだけのことはあります。学生時代には食べられなかった豊後牛。20年の歳月を経てやっと食することが出来ました。感無量。

すっかりお腹い一杯で幸せ過ぎて、この後胃薬飲んで更にお腹の調子が悪くなったことも書いておこう。

◆朝食編

夕食にあんだけ沢山食べさせて、更に、これでもか!ってぐらいに料理が並ぶのが日本の旅館。予想の通り、朝食から沢山の料理が並びました。

P1010862

夕食もそうだが、朝食も写真の中に全部の料理が入りきらない。。。

P1010869

この梅干は、今まで食べた梅干の中でもっとも上品な梅干でしたね~。塩味といい、浸け方といい美味しい梅干でした。

P1010871

昨夜と同じドレッシングを使ったサラダ。このドレッシングを購入して帰りたいぐらい。

P1010874

煮物もあります。

これだけの食べても、野菜が多いからきっと太らないし、バランスのいい食事な感じである。

この他に食べたものは「関サバ」「関アジ」と寝台特急 富士の中で食べた「豊後牛めし」弁当があるが、それは別の記事を参照してもらいたい。

しかし、エンゲル係数の高い旅だったことに間違いはない。いや~、よく食べましたな。少しの間ダイエットな生活をしないとならないかも・・・。

鉄男たちと行く九州の旅~企画編~
鉄男たちと行く九州の旅~出発・博多の夜編~
鉄男たちと行く九州の旅~特急ゆふいんの森号編~
鉄男たちと行く九州の旅~由布院編~
鉄男たちと行く九州の旅~別府・大分編~
鉄男たちと行く九州の旅~寝台特急富士編~
鉄男たちと行く九州の旅~ホテル・旅館編~
鉄男たちと行く九州の旅~食べ物編~

10月 19

先々週も先週も旅に出たが、なんと、今週も旅に出た。今回は平塚に所用があり、そこから足を伸ばして箱根まで旅してみたのだ。


大きな地図で見る

IMG_2226

「うな新」でうなぎを堪能した後、東海道線に乗って小田原までやってきた。小田原駅に来たのは久々だ。小田急線には日ごろよく乗っているが、小田原までは来ない。小田原へ来たのも数年ぶりだ。

IMG_2327

今回は、箱根登山電車と箱根登山ケーブルカーの1日乗車券「トコトコきっぷ」(1500円)なるものを購入してみた。1500円を使い切る為には、全線を乗るか、そこらじゅうで乗り降りしないとならないが。。。

IMG_2235

以前から、この前を通る度に気になっていた「神奈川県立 生命の星・地球博物館」にやってきた。この博物館は、地球の鉱物とか動植物などが展示されている。

ちなみに、「トコトコきっぷ」があると通常料金510円が、団体料金の400円で入場が可能だ。

IMG_2252

展示物の中で一番面白かったのは、この恐竜の骨格のレプリカだ。恐竜の大きさにびっくりだ。こんなデカイ動物が闊歩していた地球ってどんな地球だったんでしょうかね。

IMG_2365

旅行関係の雑誌とか記事で必ず出てくる列車の写真だが、旅情を醸し出す雰囲気のある列車の写真は撮影ポイントに行って撮ることが必要だ。今回の箱根登山鉄道の撮影ポイントの一つへ行ってみたのだが、なんと、撮影ポイントの橋に入れないのだ。たぶん橋の先にある旅館がつぶれて入れなくなってしまっているのだろう。

IMG_2360

それでも無理やり撮影した1枚がこれだ。

IMG_2369

塔の沢駅まで戻ってきて、箱根登山電車に乗って強羅へ。

IMG_2376

箱根湯本行きの列車。

IMG_2388

箱根登山列車は、先ほどの徒歩で行った撮影ポイントを含めた景色が見えるところで一時停止してくれる。どうせなら、列車が鉄橋を渡っているところを撮影したが、ダイヤの関係上そうもいかない。
手前のつり橋上から奥の鉄橋を渡る箱根登山鉄道を撮影するつもりだったのだが、手前のつり橋には入れないのですよ。。。

IMG_2397

箱根登山電車の名物のスイッチバック。世界を探してもスイッチバックをする列車はなかなか乗れない。

IMG_2420

これまた、良くある写真だが、3両編成で先頭車両が見えるってことは相当の曲率のカーブだ。

IMG_2435

箱根登山ケーブルカーから、出発駅を撮ってみた。一直線に上っていくのだが、これがかなりの急勾配なのだ。この車両はスイスで製造されたらしい。

終点の早雲山でケーブルカーを降りて改札口へ向かう途中、前方からなんとなく見たことがある顔の人がと思ったらオカワリさんがいるではないか!声をかけると、流石にオカワリさんもビックリしていた様子。そりゃそうだろう。まさか、こんなところで知り合いに会う確立なんて相当低い。オカワリさんとは少々会話を交わした後に、はてさて、これから箱根ロープウェイに乗る?と考えたが、すでに夕方17時近い時間。どう考えても大涌谷まで行ったら、帰りのロープウェイが無いってことで、ここでユーターン。

温泉地へ来て、温泉に入らずに帰るなんてありえないので、次は温泉に!ってことでどこの温泉に行こうかと迷ったのだが、旅館の日帰り風呂は流石にこの時間になると入れてくれないところが多いので、日帰り温泉施設の定番の天山なんぞで温泉に浸かってのんびり。

さっぱりしたところで、次は腹ごしらえということになるのだが、箱根湯本のこの時間(20時)では駅前もすっかり閉まっている。しょうがないので小田原駅で駅弁とビールを購入し、東海道線の中でお弁当を食べることに。

IMG_2489

駅の売店で購入したのは「たいめし」弁当だ。ここでラッキーだったのはお弁当を半額で売っていたのだ。そんなことを理由に、帰りの東海道線はグリーン車になんぞに乗ってしまった。土・日のグリーン車は平日よりも安くていい。弁当の半額で得した分をすっかり使ってしまったって話もありますが。

10月 09

P1030333

終にきたました。この時が。小田急新宿駅の駅弁シリーズも最終回です。最後はなんと言っても、この叙々苑の焼肉弁当を今日ついに食べたのだ。思えば6月の梅雨時期から始めた小田急新宿駅の駅弁シリーズなのだが、トータル18種類の弁当を食べてひと夏を過ぎ秋になってゴールを迎えるのだ。

もうちょっと引っぱっても良かったのだが、なんだか今日は食べてみたい気分になって、売店のお姉さんに、焼肉弁当と言ってしまったのだ。

P1030335

さて、お弁当の中は、タイトル通りの焼肉でなのだが、この焼肉の肉の霜降り具合がたまらなく旨い。焼肉のお弁当ってのもなかなか無いとは思う(因みにお弁当で焼肉ってのは初めての気がする)のだが、流石に2100円もするので当たり前と言えば当たり前かもしれない。お弁当で2100円も出費したのも初めてかもしれない。が、しかし、これは一度食べた方が良いかものレベルで肉が旨いのだ。

焼肉弁当を食べながら、この約4ヶ月を思い出しつつ、次なるお弁当企画を考えながらロマンスカーで移動したのだ。

次回からは、デパ地下シリーズでもやってみるか?と思ったり、思わなかったり。。。乞うご期待あれ!

【関連シリーズ】
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十八段「焼肉弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十七段「秋のおべんとう」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十六段「手こねハンバーグ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十五段「桜海老とじゃこの海物語」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十四段「チャーハン」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十三段「デラックスロースかつ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十二段「デラックス特ヒレかつ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十一段「シュウマイ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十段「柿の葉すし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第九段「じゃこめし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第八段「和風懐石弁当 和匠」ちょっと豪華版
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第七段「六郷のわたし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第六段「松花堂ご膳」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第五段「和風懐石弁当 和匠」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第四段「銀むつ照り焼き重」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第三段 「とん漬弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第二段 「あじさいちらしずし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第一段 「デラックスこゆざる」

楽天トラベル株式会社

9月 22

P1030285

今回は新作弁当だ。季節先取りのタイトル「秋のおべんとう」。そもままかよ!って感じ。

P1030287

秋を感じさせる食材として、サツマイモが入っている。近年、食べ物の季節感とか旬がなくなって年中食べられるのだが、やっぱり秋の旬の物を食べると秋を感じる事が出来る。季節感のない生活の中で数少ない事だ。

【関連シリーズ】
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十八段「焼肉弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十七段「秋のおべんとう」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十六段「手こねハンバーグ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十五段「桜海老とじゃこの海物語」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十四段「チャーハン」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十三段「デラックスロースかつ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十二段「デラックス特ヒレかつ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十一段「シュウマイ弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第十段「柿の葉すし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第九段「じゃこめし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第八段「和風懐石弁当 和匠」ちょっと豪華版
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第七段「六郷のわたし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第六段「松花堂ご膳」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第五段「和風懐石弁当 和匠」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第四段「銀むつ照り焼き重」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第三段 「とん漬弁当」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第二段 「あじさいちらしずし」
小田急新宿駅 駅弁シリーズ 第一段 「デラックスこゆざる」

楽天トラベル株式会社

preload preload preload