1月 02

あけましておめでとうございます。

2013年になりました。

今年もいろんなところへ行きたいと思います。

さて、今年の初詣は例年と違い、湘南での撮影を兼ねることにしてみました。

「湘南海岸の日ノ出」という絵を撮ろうということで、東海道線の始発列車に乗っていざ湘南へ。

横浜駅に着くと「ムーンライトながら」東京行きが到着する時間。

Moonlight Nagara

ムーンライトながら国鉄カラー

横浜駅で東京行きのムーンライトながらに遭遇したのは初めて。

鵠沼海岸駅

横浜から藤沢を経由して小田急線の鵠沼海岸駅で下車。この駅も下車したのは初めて。結構ちゃんとした駅ですね。もっと小さい感じの駅かと思っていました。。。

駅から歩いて海岸へ行ってみると、海からすごい風が・・・。とてもカメラを出してレンズを変える作業をできるような状態では。風で砂が舞い上がって顔にあたって痛いぐらいの風です。

正月の時期に温かい南風?って・・・。

仕方がないので、江ノ島方面へと歩いて移動。

今日の機材とマックのコーヒー

まだ日ノ出までには時間があったので、途中のマクドで朝マックでコーヒー。

iPhoneのカメラも明るい場所で撮れば、綺麗に撮れるもんですね。

江ノ島で日ノ出を撮ってみたのですが、どの写真も今ひとつ。

まだまだ風は止みそうもないので、そうそうに移動をすることに。

鶴ヶ岡八幡宮

そんな訳で鶴ヶ岡八幡宮へやってきた。毎年恒例なので、あえて説明の必要もなし。

初詣には甘酒!

初詣と言えば甘酒ってことで甘酒を頂く。江ノ島と見えない富士山

鶴ヶ岡八幡宮を後にして、次にやってきたのは江ノ島&富士山という絵を撮るために「稲村ヶ崎」へとやってきましたが、相変わらずの強風と霞で富士山は見えず。

稲村ヶ崎温泉

思い描いた写真が撮れないので稲村ヶ崎温泉へ。この稲村ヶ崎温泉は、海が近いのに塩分を含まない温泉。植物系の温泉で結構さっぱりした感じになれます。

そんな訳で、イメージした写真は一枚も撮れず今回はここまで。

今日の教訓は「撮影に出る前に天気図をしっかり見る」ですね。晴れてりゃいいって訳でもないので、これからは出発まえに天気図を見て出かけることにするってことで。

12月 02

今回の旅の目的は 下田の河内温泉にある金谷旅館の千人風呂に入浴することだ。

金谷旅館

この千人風呂は、伊豆一の木造大浴場だ。更に混浴である。木造の女湯としては国内最大の「万葉の湯」というものある。

とにかく、デカイ風呂ということです。

千人風呂は、普通の浴槽と違って、多少深い構造になっている。まさに浅めのプールという感じで、湯船の形が長方形だ。

人が誰もいなければ、是非泳いでみて欲しい。

結構楽しく入浴を楽しむことが可能だ。


より大きな地図で 金谷温泉「千人風呂」 を表示

6月 23

女夫渕温泉は、栃木県の日光国立公園の山深い場所にある。一般の自家用車で行くことが出来るもっとも奥にある温泉だ。この先には奥鬼怒の4湯の八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉、日光沢温泉があるが、これらの温泉には残念ながら一般の車では行くことはできない。

IMG_3529

奥鬼怒温泉郷へは、片道2時間程度の徒歩、八丁の湯の送迎バス、川俣タクシー(通行がゆるされた地元タクシーで鬼怒川温泉駅から乗車することが可能)の3つです。

この橋の前(写真だと後ろ側)に、送迎バスと鬼怒川温泉駅からの路線バスのバス停と村営の無料駐車場があります。マイカーで来た人はこの駐車場に駐めることができます。

IMG_3545

さて、このバス停と駐車場の前にあるのが「女夫渕温泉ホテル」です。

IMG_3546

露天風呂(混浴です)が日帰りで入浴可能です。

IMG_3533

料金の1000円を券売機で購入します。

IMG_3543

混浴露天風呂と女性専用のお風呂があります。混浴露天風呂は、なんと8つもあり結構楽しめますぞ。

IMG_3537

訪れた時には誰も入浴していなかったので、湯船の風景をパチリと。

さてさて、たくさんある露天風呂は、多分源泉は同じですが、それぞれの湯船で多少温度に違いがありました。温泉はどれも無色透明なので女性の方には少々抵抗があるかもしれませんね。

この8つの露天風呂の左側には鬼怒川が流れていて、鬼怒川の水音とともにのんびりと温泉につかれます。

写真でもわかると思いますが、解放感は満点です。さすがに、ここまで山の中なら晴天の夜なら満天の星空を見ながら入浴をすることも可能かもしれません。


より大きな地図で 川俣温泉 を表示

6月 18

川俣温泉は、鬼怒川の上流部にある奥鬼怒温泉の手前で一般の車両で行くことが出来るもっとも奥にある温泉街だ。

温泉街と言っても、温泉宿が数件あるだけだが・・・。

今回は数件ある宿の中で、もっとも料金が安かった「国民宿 渓山荘」に宿泊することにした。

部屋

IMG_3508

一人旅にはもったない広さの部屋。窓から新緑の木々も見えて気持ち良いお部屋でした。

食事

IMG_3516

夕食は、こんな感じです。旅館の料理と言えば品数が多くて食べきれません!というパターンも多いですが、今回も写真ではそれ程でもないように見えますが、全部食べたらお腹がはち切れそうな状態になりました。

IMG_3525

朝食も品数が多いです。コストパフォーマンスは良いですね。

素泊まりが6500円、一泊二食付きで8500円なので二食分で2000円の計算。普通に外食したのと大した差はないですね。

風呂

さて、肝心の風呂ですが、

男女別露天風呂×1

男女別内湯×1

貸切露天風呂×1

の3つのお風呂が楽しめます。

<露天風呂>

IMG_3510

まずは「男女別露天風呂」(たぶん男女別だと思います)の男性用は、こんな感じです。

無色透明なお湯で少々熱めです。体感ですが、たぶん41℃か42℃ぐらい。冬場にこの温度の湯に入るのはつらそうですね。でも、一端入ってしまえばちょうど良い感じかと。

逆に夏場は、あまり長く浸かっていられないかもです。

<内湯>

IMG_3514

内湯のお湯も露天風呂と同じで無色透明です。こちらのお湯は露天風呂のお湯よりも温度は1〜2℃ほど低い感じです。個人的にはちょうど良い感じです。

この内湯の前に脱衣所があるのですが、ここにはドライヤーはありませんので、フロントでドライヤーを借りましょう!

<貸切露天風呂>

IMG_3519

そして最後は貸切露天風呂。この貸切露天風呂は、川沿いに建っていて渓流を見ながらのんびりお湯につかることができます!と言いたいところですが、源泉そのままなのか?と思えるほど浴槽に溜まっているお湯が熱いのです。

今までに、余りにお湯が熱くて温泉に浸かれなかったことは1回あるのですがそれ以来の体験です。

お湯の温度は、どう考えても47℃〜48℃ぐらいはありそうでした。お湯に足を入れると、余りの熱さに足が痛い!という程。

まあ、そんな訳で風呂場の雰囲気の写真だけ撮影して終了。

まとめ

値段のわりに設備も整っているし、料理は豪華って感じではないけど美味しいので良い宿だと思います。

「国民宿舎渓山荘」の予約は国民宿舎 渓山荘です。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


より大きな地図で 川俣温泉 を表示

6月 17

「川治温泉」は鬼怒川温泉から車で約10分弱程度の距離にある。

この温泉は「薬師の湯」という混浴露天風呂が有名。

IMG_3481

川沿いにある露天風呂だが、はっきり言って丸見えだ。解放感があってよいのだが。

この丸見えの露天風呂や脱衣所では女性が入浴するのは厳しいだろう。

IMG_3487

混浴露天風呂以外にも男女別の内湯もある。女性の方も安心して温泉を楽しむことが出来ます!

IMG_3497

入浴料はこの建物で支払います。因みに500円の入浴料でした。

IMG_3489

「男女混浴露天風呂」?「混浴」なんだから「男女」に決まっている。「中間」の人は入ってはいけないとでも言いたいのだろうか?さらに「女」の字が赤くなっているのは何故だろう?

IMG_3491

吊り橋や川の反対側から丸見えの露天風呂。因みに水着やタオル巻きでの入浴は「禁止」と書いてありました。

写真を撮り忘れましたが、この露天風呂の右側に外からは見えないようになっている風呂があります。

さて、お湯は無色透明ですっきりした感じのするお湯です。外から丸見えのお風呂の方は少々ぬるめのお湯。夏場に入浴するにはちょうど良さそうなお湯でした。

因みに、この「薬師の湯」には駐車場はありません。

IMG_3502

「薬師の湯」の近くの「足湯 むすびの湯」というところに観光案内と無料駐車場があります。ここに車を駐めて「薬師の湯」まで徒歩3分ほど。

鬼怒川温泉も良いですが、更に奥へきた「川治温泉」もなかなか風情がある感じの温泉地で良い感じです。


より大きな地図で 川治温泉「薬師の湯」 を表示

Tagged with:
5月 15

今回の旅は、大阪への出張がてらの旅である。

旅先を有馬温泉にしたのは

  • 有名な温泉
  • 行ったことがない
  • 温泉入りたい

の3つだ。

有馬温泉へは、大阪、神戸の主要駅から電車やバスでアクセスが可能だ。今回は阪急電鉄の梅田駅から神戸線と神戸電鉄の有馬線を利用して訪れることにした。

この経路を選らんだ理由は簡単で、神戸電鉄の路線に乗ったことがなかったからだ。

もっと早く行く方法や梅田から乗り換えなしの直行バスという方法もあったが、あえて電車で行くことにしたのだ。

有馬温泉は、日本書紀、風土記などに登場する日本三古湯の一つだ。他の二湯は、道後温泉、白浜温泉である。

道後温泉も白浜温泉も以前に訪れたことがあるのだが、有馬温泉は訪れるチャンスがこれまでに無かった。

歴史

有馬温泉の歴史は古い。Wikipediaには

631年舒明天皇が約 3か月滞在したことが日本書紀に見られる。

と記載がある。約1400年の歴史だ。1400年前の人と同じ温泉に入ることができるとはすごい。

またまた、豊臣秀吉も有馬温泉を何度も訪れたことがあると。秀吉は、この湯に浸かりながらなにを思ったのだろうか。

泉質・特徴

有馬温泉には3つの泉質の温泉が湧き出している。

含鉄塩化物泉

鉄分と塩分が多く含まれる泉質。湧出口では透明だが、空気に触れ着色する。お湯に含まれる鉄分と空気が反応することで、お湯は茶褐色のお湯になる。飲泉はできないが、お湯を少々なめるとすごくしょっぱい味と鉄さびの味がする。

外湯の「金の湯」で、この泉質の湯に浸かることが可能だ。

外湯金の湯

放射能泉

放射線の一つのラジウム線を多く含んだお湯。無色透明で柔らかいお湯である。

外湯の「銀の湯」で、この泉質の湯に浸かることが可能だ。

銀の湯

炭酸水素塩泉

炭酸を多く含んだ泉質。炭酸泉源公園では炭酸泉がボコボコと湧き出しているところをみることができる。

炭酸泉

かなりの勢いで炭酸泉が噴出しているところをみることができる。なかなか観られない光景だ。

温泉街

有馬温泉は、六甲山の北側に位置している。山の中の温泉なのだが、ちょっとした温泉街もあって楽しい。しかし、山の中にだけあって急な坂道が多い。有馬温泉街

日帰り入浴・外湯

日帰り入浴のできる旅館や外湯はたくさんある。日帰り入浴可の旅館でも訪れた日に入浴が可能かは、観光案内で聞くと教えてくれる。また、観光案内所では温泉街の地図も貰えるので寄ってみると良いです。

外湯には、上にも書いた「金の湯」「銀の湯」の2つは市営の共同浴場です。あと「太閤の湯」という日帰り入浴専門の施設もあります。

ちょっとお得な話

太閤の湯は、鉄道会社の1日乗車券と入浴料がセットになった割引きのクーポンがあります!これが以外とお得です。

太閤の湯クーポン

阪急電鉄の場合、有効期間中のお好きな1日、お1人様に限り、阪急電鉄 全線、神戸高速 阪急三宮駅~湊川駅間、湊川駅~有馬温泉駅間が乗り降り自由。そして、入浴券がセットになってなんと2700円!

ちなみに、阪急梅田駅から有馬温泉駅までが片道970円(往復1940円)、太閤の湯の入浴料が2400円なでの普通に行くと、4340円。これが2700円になるのだ。1640円もお得です。この1640円は昼ご飯代ぐらいにはなりますよね。

他にも阪神版や山陽版もあるみたいですので、利用できるチャンスも多いと思いますよ。
「金の湯」「銀の湯」では、通しの入浴券があります!2つの温泉に浸かる計画なら絶対このチケットを利用した方がお得ですよ!

「金の湯」(650円)と「銀の湯」(550円)で1200円が850円になります!

Tagged with:
2月 26

2軒目は、神奈川県内では珍しい混浴露天風呂がある湯河原温泉「伊豆屋旅館」だ。

伊豆屋旅館〜入り口〜

伊豆屋旅館には男女別の内湯と混浴露天風呂の「野天風呂」がある。

平日ってこともあったのか、訪問した時間が夕方だったからなのか、フロントには誰もいない。大声で叫んでも人が出てこない。。。仕方ないので勝手に館内を歩いて厨房の中に行くと、料理をしている板前の人が「お金は後でいいよ」と。

それではってことで、早速「野天風呂」へ。しかし、館内には「野天風呂」への行き方が何処にも書いてない。館内をうろうろしてやっとたどりついた。

伊豆屋旅館〜野天風呂〜

結構広めの湯船。流石に平日の夕方、だれもいません。

伊豆屋旅館〜脱衣所2〜

脱衣所は一応男女別になっている。しかし、混浴初心者の女性には少々厳しいかもしれませんね。

伊豆屋旅館〜検査証〜

さて、本題の温泉だがお湯は41℃程度でちょうど良い温度。長くゆっくりとお湯に浸かっていられてよい。


より大きな地図で 湯河原温泉「伊豆屋旅館」 を表示

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

2月 26

ここ2ヶ月、なんだかんだ忙しく車に乗っていなかった。そろそろバッテリー上がりが気になったので、バッテリー充電を兼ねて箱根と湯河原の温泉の開拓をした。

まず最初に向かったのは箱根湯本温泉の「そば温泉 箱根の庵」だ。

そば温泉「箱根の庵」〜入り口〜

この温泉旅館は手打ちそばが食べられて、尚且つ、温泉にも入れるという点。しかし!この日はランチタイムを逃したために、残念ながら蕎麦は食べられず。

そば温泉「箱根の庵」〜露天風呂〜何故かシート

それでは温泉ってことで、露天風呂へ。お湯にブルーシートがかけられている。宿の人に尋ねると、自分でめくって入ってくれと。まあ、なんと適当な感じではある。

この露天風呂は源泉掛け流しで、ブルーシートをめくって入ってみるとちょうどよい温度。すこぶる快適。
次回は蕎麦を頂きたい。


より大きな地図で 箱根湯本温泉「そば温泉 箱根の庵」 を表示

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

preload preload preload