7月 18

梅雨も明けて、夏本番となった三連休初日。

連休と言えば「ぶらり旅」だ。そんな訳で、土曜日の12時前に自宅を出発し横浜駅へと向かった。当然のごとく、行き先は決まっていない。とりあえず、東海道線の下り線に乗ってみた。

ここで思いついたことが「御殿場線に乗ったことがない!」ということ。そんな訳で、東海道線で国府津駅までやってきた。東海道線の車内で御殿場線の列車の本数を調べると、1時間に1、2本の運行とローカル線の匂い満載である。

IMG_0099

御殿場線の始発駅である国府津駅へ到着したが、御殿場線の出発時間まで30分ほどあるので、海岸へ出てみることに。ここは、西湘バイパスから海がよく見える地点だ。西湘バイパスを車で走っている時に、この海岸にはどうやっていくのだろうか?と思っていたが、国府津駅からは徒歩で数分で海岸へとやってくることができる。

IMG_0106

国府津駅にある石碑。国府津駅は明治20年にできている。100年以上の歴史ある駅だ。

IMG_0108

御殿場線は、JR東海が運行している。車両もJR東海カラーだ。

IMG_0112

最初に途中下車した駅は「山北」駅だ。御殿場線は昔、東海道本線の一部だった。そのころ、この駅には機関車の操車場があったらしい。

IMG_0113

山北駅の駅舎。木造でなかなか雰囲気がある。山北駅まで乗車してきた列車が到着した時に、駅員が不在だった。まあ、なんとものどかな感じである。神奈川のこんなところに、こんなのどかな駅があったとは。。。

IMG_0121

駅の近くに「山北鉄道公園」があるということで訪れてみた。D52機関車が静態保存されていた。最近、機関車を復活させているところが全国にある。ここでも動かせば結構いいのにと思ったりも。

IMG_0133

次にやってきたのは「御殿場」だ。御殿場は、車ではよく訪れたことがあるのだが、駅前まではきたことがなかった。この駅は、基本的に富士山登山とか富士山系の観光地への起点となっている駅で、駅前にはこれといったものは見つけられなかった。

IMG_0138

御殿場で、どこかの温泉へ行ってみようかと考えたのだが、このあたりの日帰り温泉はほとんど行ったことがある。そんな訳で、終点の沼津駅までやってきた。

IMG_0143

沼津駅は、最近再開発がすすんでいるようで、駅前にあった古びたビルが高層マンション+ショップに変わっていた。前回駅前を訪れた時は、かなり閑散とした雰囲気だったが、建物が綺麗になって人通りも増えた感じだ。

さて、昼ご飯も食べずにここまでやってきたのだが、流石に空腹なので、沼津でご飯を食べることに。沼津と言えば漁港の街。普通は寿司にいくところだが、今回は沼津駅の北口にある洋食屋さんで夕食を食べることにした。

IMG_0142

さて、洋食屋さんなのだが、ここで有名?なのは「カツ丼」だ。ここのカツ丼は、とんかつの肉の厚さがすごいことだ。カツ丼を頼んでもなかなか出てこない。なぜなら、とんかつを揚げるのに時間がかかるからた。そんな豚肉は、ゆうに3cmぐらいの厚さがあるのだ。

そして、カツ丼の玉子がほとんど生の状態で豚肉のしたに隠されている。この玉子の黄身をつぶすと、丼つゆと黄身とご飯が絡み合って最高にうまいのだ。

他のお客さんが注文した、カツはやしライスとかも、ご飯の上に肉厚のカツがのり、その上にカレールーがかけられている。ボリューム満載のカツはやしライスだった。

女性向きの店ではないが、お腹いっぱい食べたい時にはお勧めなお店だ。

千楽 北口店
TEL:055-921-1114
住所:静岡県沼津市高島町5-16
営業時間
[月~金]
11:00~14:20(L.O)
16:30~20:50(L.O)
[土・日・祝]
11:00~14:50(L.O)
16:30~20:50(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日:水曜・第3木曜

[gmaps:35.104786722761254/138.85924816131592/16/480/360](comment)[/gmaps]

2月 07

平鶴で温泉とジャンボエビフライまでは、熱海梅園までの踊り子号の中で思いついたのだが、この先はまったくネタなしの状態。

IMG_9354

とりあえず、網代駅まで戻って、まだ時間が早いので伊東まで足を伸ばすことに。

IMG_9361

そんな訳で、伊東駅までやってきた。駅前の観光案内所らしきところで地図をもらって、まずは市内散策。

昔「伊東に行くならハトヤ、ハトやに決めた♪」なるCMソングで有名だったハトヤにでもと思ったが、歩いて行くには遠そうだったので断念。

IMG_9363

駅前の商店街らしき細い道をトボトボと歩いてみると、美味しそうなお店が並んでいる。伊東の町は、車で何度も通ったことがあるのだが、この街でご飯食べたり、温泉に浸かったりしたことはない。

この街は以外と侮れないかもしれないと思いつつ、ブラブラと海へと歩いてみた。

IMG_9369

途中で東海館なる古い旅館風の建物を発見。趣のある旅館だな~と写真だけ撮影したのだが、自宅へ戻って調べてみると、この東海館は、昔は旅館として営業していたそうだが、現在は伊東市に寄贈され観光施設として利用されているとのこと。

内部の見学とお風呂に入ることができるらしい。後悔先に立たずとは、まさに。中に入ってみればよかったと。。。

また、次の機会に訪れてみたい。美味しいお店もたくさんありそうだし。

IMG_9378

そして、行き着いたのが「なぎさ公園」だ。

IMG_9373

寒風吹きすさむ中、写真だけを撮ってとっとと退散したことは言うまでもない。

IMG_9384

駅まで戻って、帰りの列車を調べていると、ちょうどいい時間に特急スーパービュー踊り子号がある。
これは、この列車に乗るしかない!ということで、切符を購入して、速攻でお土産を購入してホームへとやってきたのだ。

IMG_9399

これこれ、この列車ですよ。スーパービューというだけあって、窓が大きくて車窓からの眺めがよいのだ。

ちなみに、この列車、小田原駅を出ると次は横浜駅までノンストップなのだ。小田原から帰るなら、これが一番早くて乗り換えなしで楽チンということに気づいた。

[gmaps:34.97494657141072/139.09227848052979/15/480/360](comment)[/gmaps]

2月 07

熱海梅園で写真を撮った後、冷えた体と空腹を満たすために網代温泉へ向かった。

IMG_9329

来宮駅から網代駅までは、伊豆急行の車両で移動。この車両は海側の窓が大きく、シートも窓側を向いていて車窓を楽しめる列車だ。この日は、天気もよくすごく気持ちよかった。

IMG_9330

網代駅へと到着。

IMG_9332

網代駅前の魚屋さんには、美味しそうな干物が並んでいる。ちょっと試食したい気分だったが、温泉に浸かった後のお昼ごはんのために少々我慢。

IMG_9333

洗濯用のハンガーで海苔が干されている。これはいいアイディアかも。

IMG_9336

平鶴旅館へ向かう途中。すごくきれいな風景を見ることができる。

IMG_9343

平鶴旅館へと到着。まずは、温泉に浸ることに。この旅館のお風呂は、海に面した露天風呂があるのだ。
絶景と潮騒の音を聞きながら温泉に入ることができる。

この季節だと、体は温泉でぽかぽかだけど、山からの冷たい風で長く温泉に浸かっていてものぼせることはない。

露天風呂は、あまり大きくはないが景色が最高によい。お勧めな露天風呂だ。

IMG_9346

温泉を堪能した後は、空腹を満たすために旅館の食事処へと。メニューはたくさんあるので、目移りがしてなかなか決められない。

DSCF1208

今回は「ジャンボエビフライ定食」を注文してみた。確かに、エビがでかい。25cmぐらいはありそうだ。しかし、頭から尻尾までをフライにしているので、身の部分は実質15cmぐらい。身の部分だけで25cmぐらいあったら、正真正銘のジャンボエビフライといえるかも。少々、誤魔化されたような気がしないでもないが。。。

DSCF1215

しかし、身の部分は衣が少なく、プリプリ感があって旨い。大きいエビだけあって、味が多少大味気味ではあるが。。。

まあ、話のネタ的には一度食べてみてもよいかも。

磯料理/湯の宿 平鶴(伊豆・網代温泉) 
〒413-0102 静岡県熱海市下多賀493
TEL:0557-67-2221(代)
FAX:0557-67-2200
URL:http://www.hiraturu.com/

[gmaps:35.04675705028074/139.08056259155273/17/480/360](comment)[/gmaps]

2月 07

冬晴れの土曜日、またまた、ぶらりと旅に出かけた。今回は、伊豆方面への旅である。

DSCF1203

さて、最初に向かったのは、熱海梅園。横浜から踊り子号に乗って一路熱海へ。

IMG_9222

往路で乗車したのは普通の踊り呼号。何も考えずに駅まで来たので「スパービュー踊り子号」ではない。

IMG_9223

熱海梅園の最寄駅の「来宮駅」へと到着。

IMG_9317

来宮駅から熱海梅園までは坂道を登ること10分で到着。

IMG_9244

桜と違って、梅の花は控えめな感じがする。

IMG_9285

白い花は、背景を少し暗めにすると白が際立ってきれいに写りますね。

IMG_9274

全体的には、満開一歩手前という感じだ。見頃ではあるのだが。

IMG_9311

冬といえば、梅だけではない。水仙の花もベストシーズンだ。

IMG_9318

梅園は、無料で梅の花が楽しめるとあって、たくさんの人が訪れている。

[gmaps:35.09786115562787/139.05957698822021/15/480/360](comment)[/gmaps]

12月 30

修善寺駅から三島(三島広小路)まで戻ってきた。以前から三島のうなぎを食べてみたかったのだが、なかなかチャンスがなかった。

IMG_8866

駅名の看板は、実に味がある。レトロな感じが残っていてよい。さて、ここから何故か、このブログにコメントも戴いている「もへじさん」と合流。

IMG_8873

三島広小路駅の目の前にある「うなぎ 桜家」さんへ。

IMG_8867

光の関係で白くは見えないが「しらやき」だ。わさび醤油でいただく。ふんわり柔らかでうまい。ビールとうなぎ、あ~たまらない。温泉入って、喉の乾きと空腹感にビールとうなぎで満たされていく、この感覚がたまらない。

IMG_8869

「からあげ」。要するにうなぎの骨の唐揚げだ。サックリ揚がっていて、これまたビールがすすむ。

IMG_8871

「うざく」。要するにうなぎの酢の物。さっぱりしていて美味しいです。

DSCF0958

そしてうな重。桜家さんでは、うなぎの枚数が選択ができるらしい。2枚と3枚と4枚で値段が違うのだが、今回は2枚を注文。うなぎ自体はふんわり柔らかく、タレもさっぱり系で食べやすい。若い人には、もう少ししかっりとタレの味がついている方がいいかもしれない。しかし、ご飯の量は結構ある。重箱いっぱいにご飯が入っている。女の人だと、多少多いかもという量だ。

うなぎ 桜家
〒411-0856 静岡県三島市広小路13-2
で ん わ:055-975-4520  
ファクス:055-976-5540
営業時間 11:00~20:00(売り切れじまい)
定 休 日 毎週水曜日(祝祭日の場合は営業いたします)

[gmaps:35.11879405581415/138.91195625066757/19/480/360](comment)[/gmaps]

桜家さんをあとにした後、「もへじさん」お薦めのバーへ。このバーの凄いところはお店に葉巻が置いてある。1時間かけてゆっくりじっくり葉巻を楽しんでいました。

IMG_8878

帰りは新幹線だ。年末だがガラガラの自由席であっという間に新横浜。1時間と1分で横浜へ到着。新幹線はやっぱり早い。

今日もいい旅だった。いろいろ勉強になったし、温泉入って気持ちよかったし、美味しいもの食べられたし、来年も元気にいい旅を続けたいと思う。

こうして、2009年のぶらり旅も終了。

12月 30

今年を締めくくる旅は、修善寺と三島の旅だ。(たぶん、年内の旅はないと思うが、あと1日あるので最後の最後があるかも。。。)

IMG_8781

横浜から東海道線に乗って、熱海でJR東海の東海道線の車両に乗り換え。

IMG_8782

三島駅へ到着。Suica で乗車してきた。JR東海の三島駅の自動改札を通ろうとするとゲートが閉まる。どうやら、JR東日本でSuicaで入札して、JR東海の駅で出札はできないらしい。有人改札で乗車駅からの運賃を現金精算することになっているらしい。SuicaでもJR東海のエリア内で入札と出札をする場合には利用できるようだが、会社間をまだく入札と出札の場合は利用できないらしい。首都圏の私鉄とJR東日本みたいに自由に出入りできれば便利なのにね~と思ったりだ。

IMG_8783

三島から修善寺は、伊豆箱根鉄道で30分程度の旅だ。

IMG_8787

意外とあっという間に、修善寺駅へ到着。まあ、本を真剣に読んでいたせいもあるが。。。

IMG_8790

修善寺駅には13:30頃到着した。昼食は修善寺温泉街の中で蕎麦でもと思っていたが、時間が時間だけに温泉街へと向かっていると昼飯抜きになりそうな気がしたので、駅前にある「定連」という蕎麦屋に入った。

IMG_8789

今回の旅の一食目は「きのこそば」(900円)だ。干し椎茸が肉厚に切ってあって旨い。蕎麦自体はまあまあな感じ。でも、店内には芸能人とかのサイン入り色紙がたくさん飾ってあった。旨い店として有名なのか、駅前にあって便利なのかは定かではないが。。。

IMG_8792

修善寺駅から修善寺温泉までバスがあるのだが、まあ、そんなに遠くないだろうという予測をし、温泉街へとトボトボ歩くことに。これまで車でしか来たことがなかったので、感覚的にすぐだと思ったのだが、意外と遠かった。。。

IMG_8800

そんなこんなで、20分ぐらい歩いて修善寺の温泉街へと到着。最初に訪れたのは日枝神社だ。ここには立派な杉が何本か立っている。その中の2本(1本?)に「子宝の杉」との看板が。

IMG_8801

ははぁ~ん。そういうことね。2つの杉の間(股)を通ると子宝に恵まれるって事ね。

IMG_8804

次は、街の名前にもなっている「修善寺」だ。漫画の一休さんにでも出てきそうな、お寺の雰囲気。これぞお寺って感じがする。いまどき、「一休さん」と書いてもわかる人は少ないだろうが。。。

IMG_8811

なんと、龍の口から出ているのは温水だ。温泉なのかは不明だが、柄杓で水を触ると暖かい。いろんな神社・仏閣へ行ってたが、お湯が出ているところは初めてだ。

IMG_8826

とっこの湯は、なんと橋が工事中で近寄れない。足湯を楽しもうと思ったのだが残念。この工事、もう少し時間がかかりそうです。修善寺に行かれる方は注意です。

IMG_8831

源頼朝の弟の源範頼のお墓。

IMG_8841

指月殿。修善寺と温泉街と指月殿と竹林の小径は「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」で2つ星で掲載されているらしい。へぇ~。

IMG_8849

源頼家のお墓。源氏二代将軍だった源頼家は23歳の若さ暗殺されたそうな。

IMG_8851

温泉街と言えば射的。誰もやってなかったけどね。

IMG_8836

温泉街に来て、温泉に入らないワケにはいかない。今回入った温泉は「筥湯」。ここは、檜の風呂が一つだけあって、本当に湯船に浸るだけの温泉施設だ。それだけあって入場料も350円とお安い。

ここの湯は少々熱めだ。多分42~43度はあるだろう。寒い日には最初に湯に入る時は少々辛いかもしれない。温泉は無色透明で少々固めな感じのする湯だ。

IMG_8863

温泉にも入ったし、すっかり暗くなりつつあるので晩御飯を食べる為に三島へ移動。温泉街から修善寺駅まではバスを利用。1時間に3本ぐらい走っている。まあ、便利とは言えないが不便な便数でもない。

[gmaps:34.97215091001747/138.93025159835815/15/480/360](comment)[/gmaps]

5月 17

今回の旅にも、いろいろ珍しいものを見たりしたのだが、もう一つ珍しいものを間近で見ることが出来た。

IMG_5300

「ドクターイエロー」というらしいのだが、正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」を間近でみることが出来た。

静岡へ向かう新幹線を小田原駅で待っている時にこの事件は起こった。暇だったのでカメラのテストをしていたのだが、その時、ホームに通過列車の案内が流れたので、線路に向けてカメラを構えていると、ファインダーに入ってきた車両がこの「イエロードクター」なのだ!

思わず、シャッターを押したのだが、残念ながら連写のモードになっていなかったのと、心構えも無かった状態でやっとのことで撮った中の一枚だ。

この車両は遠くからは見たことはあるのだが、こんなに間近を通過するところは見たことがない。それに、早朝とかしか走っていないと思っていたのだが、昼間も走っているんですね、この車両!運がいい感じである。

今日はラッキーな日かもと思いながら静岡へと向かったのでした。。。おしまい。

5月 17

今回は、旅というよりも静岡で開催された「第48回静岡ホビーショー」なる催しに行ったというお話だ。

IMG_5315

このイベントは、要するに「プラモデル、ラジコン、鉄道模型」を中心とした玩具のショーである。静岡県に住んでいる知り合いが昨年行った時の写真を見せてもらった時に、こんなイベントがあるんだ~と思い、次回は是非行ってみよう!と思った次第。そして、今日その夢(夢というほどではないが)が実現したわけである。

さて、このイベントなんと!1959年(昭和34年)からやっているらしい。そんでもって、今年は第48回だそうだ。自分が、昔ラジコンで遊んでいたときには既にショー自体は開催されていたことになる。昔は、インターネットなんていう情報ツールは無かったので、きっとプラモデルとかの雑誌とかで開催のアナウンスがあったと思うのだが、残念ならが、昨年までは知らなかったのだ。

ここから先は、興味のある人は読んでくださいな。

Continue reading

preload preload preload