9月 13

喜多方ラーメン。いつか食べたいと思っていたのだが、なかなかチャンスが無かったが、今回やっと食することができた。

喜多方には「喜多方老麺会」なる会があり、そのパンフレットに掲載されているだけでも45軒のラーメン屋さんがある。

今回は、その中の「食堂まなえ」のラーメンを食べてみた。

IMG_1932

このお店のラーメンの特徴は、なんと言っても太麺。

IMG_1931

今回食べたのは、 極太手打ちチャーシューラーメン。透明なスープと極太のちぢれ麺でモチモチ感たっぷり。量は、そんなに多くないので、若い人などは大盛りを食べた方が良いと思う。ラーメン屋さんをはしごする人は、通常で良いと思います。

さて、ラーメン自体ですが、さっぱり系のラーメンなんだけど、ちぢれ太麺が個性を主張していておいしいです。次回もまた食べたいと思う程においしかったです。

喜多方には、まだまだたくさんのラーメン屋さんがあるので次回は別のお店を試してみたいと思うけど、次回いつ来られるのかは不明。

流石に、少々遠いのでホイホイとは来られないところが残念ではありますね。

関連ランキング:ラーメン | 喜多方駅

11月 28

日本の鉄道駅舎には近代的な駅舎から鉄道発祥当時を思わせる駅舎などいろいろある。

IMG_1052

会津鉄道会津線の湯野上温泉駅は、日本で唯一茅葺き屋根の駅舎だ。世界で唯一ではないかとも思うのだが、残念ながら唯一かどうかは不明である。

次回は鬼怒川方面から会津若松までを鉄道で旅してみたい。

[gmaps:37.30423517271658/139.89526748657227/13/500/330](comment)[/gmaps]

11月 08

旅に出かけるたびに訪れている「城」だが、今回は鶴ヶ城(会津若松城)だ。

IMG_1086

IMG_1115

残念ながら、鶴ヶ城は現在改修工事中。白壁が美しい外観を観ることは出来なかった。

ん~、残念。

IMG_1096

改修工事中で全てが残念だったわけもでない。普段は天守閣の上に鎮座している「しゃちほこ」を展示している。このしゃちほこの目にはダイヤモンド。歯は金で出来ているらしい。

改修工事が終わったら、もう一度訪れてみたい。

[gmaps:37.487935401689846/139.92985725402832/14/500/330](comment)[/gmaps]

11月 07

旅の2日目、気分良く大内宿へと出発。

大内宿をネットで調べると大内宿へ向かう道路が凄く混むという情報が満載。特に春と秋には、国道121号線から大内宿へと抜ける県道329号線が特に酷い渋滞となるという。特に、会津若松方面から大内宿への渋滞は激しいと。

紅葉シーズンなので、この渋滞を覚悟で大内宿へと向かった。幸いにも日光方面からの渋滞情報は少ないので、県道329号線を避けるべく、会津下郷から日光街道を経由して大内宿へと向かうことに。

DSCF1983

日光街道沿いにあった湧き水の取水所を発見して立ち寄ってみた。夫婦連れがいたのだが、ペットボトルにして20本近くと10Lぐらい入るポリタンクに湧き水を汲んでいた。

この水を汲んで飲んでみるとミネラルたっぷりの感じで冷たくて美味しい水なのだ。この水でご飯とか炊いたら美味しいだろうな~と思う。

そんな日光街道を抜けて大内宿へ渋滞もなく到着。渋滞が無かったのは良いのだが、少々拍子抜けな感じがしなでもない。。。

IMG_1015

さて、大内宿は、江戸時代の宿場の雰囲気を再現した場所だ。

IMG_1010

江戸時代の雰囲気は、こんな感じだったということが良く解る。茅葺の屋根の民家が連なっていて当時の様子がわかって楽しい。

この大内宿は「高遠蕎麦」でも有名だ。その蕎麦の食べ方が少し変わっている。ネギを箸代わりに使って食べるのだ。この蕎麦を食べることも今回の目的の一つ。

その蕎麦を食べるべく「山形屋」なる蕎麦屋に入った。

IMG_1039

この店は、蕎麦打ちをしているところが観られる。おばさん二人で交互に蕎麦を打ち続けている。蕎麦打ちのおばさんによると、そば粉一升に対してつなぎ一の割合で十一割の蕎麦だそうだ。

さて、注文したのは「もりそば」の普通盛りだ。隣のオジサンが大盛りを注文していたが、どうみても二人前はありそうだった。

さて、この山形屋さんでは「箸」で蕎麦を食べるそうだ。何も聞かずに、お店に入ったので若干失敗した感があったのだが、おばさんが売った蕎麦自体は凄くコシのある蕎麦で、新蕎麦で蕎麦の香りがして蕎麦自体の旨さが引き立つ。

さっくりと蕎麦を食べて、次のお店へと移動。

二件目は、ねぎで蕎麦を食べる店の「大和屋」へ。

IMG_1041

これが噂の「ねぎ蕎麦」だ。このネギを箸の代わりに食べるのだ。そばを食べつつ、ネギをかじるのだが、ネギが辛くてネギは最後まで食べられない。

因みに、隣のカップルはネギの白い部分を殆ど食べていた。胃が丈夫なんだろう。凄い。

IMG_1046

この旅の目的の一つの紅葉の写真を撮影することは、結論から言えば今ひとつだ。葉が黄色くはなっているが紅色になっている木々が少ないのだ。今年は、このまま紅色に染まることなく冬が訪れてしまうかもしれない。

[gmaps:37.33406420154168/139.8607635498047/15/500/330](comment)[/gmaps]

preload preload preload