5月 18

ライフプロジェクトと化した「餃子」ですが、今回は渋谷の「喜楽」で食してみました。

渋谷「喜楽」と言えば「もやし麺」が有名かと思います。当然のごとく「もやし麺」も注文。

渋谷「喜楽」といえば「もやし麺」

この「もやし麺」評判だけのことはあり、中太の麺と焦がしねぎが利いた醤油味のスープがマッチしているのです。このスープは、焦がしねぎだけではない。干しエビなども入った絶妙な味だ。そして、もやし!このもやしのシャキシャキ感がたまらなく旨いのだ。

さてさて、本題の餃子です。

渋谷「喜楽」の餃子

まずは、皮の焼き具合は、写真を見てもわかる通り底面はパリッと焼かれている。側面はほどよく蒸されている感じでバランスが良い。中の具は、野菜と挽肉の割合が挽肉の方が多めでジューシー且つとろっとした感じです。そしてニンニクの量も少々多めで、ニンニク入りの餃子を食べてる!って感じがします。

個人的には、好きな餃子です!

渋谷でニンニクの効いた餃子を食べたい!と思ったらお勧めですよ〜!

関連ランキング:ラーメン | 神泉駅渋谷駅

Tagged with:
6月 30

夏の暑い時期に、しゃぶしゃぶってのも?という話もあるが、自由が丘の「どんぐり」でイベリコ豚を堪能した。

IMG_1194

自由が丘というこ洒落た街で、ご飯を食べるのはもう何年ぶり。「どんぐり」はイベリコ豚の専門店。

IMG_1171

「豚南蛮」少々揚げすぎでは?と思う色合いだが、豚肉の厚みがあり肉の旨さが味わえる。

IMG_1172

「豚きゅう」もろきゅうの味噌に豚肉が入っている感じ。赤味噌ではなく、白味噌と豚肉を合わせてあるところがいい感じ。

IMG_1174

「ベジョータ握り」

ベジョータ・レセボ・セボとは

イベリコ豚の生肉を塩漬けにした後、余分な塩分を洗い流し、気温の低い乾いた場所に約2年から4年程吊るして乾燥、熟成させる。 主にイベリア半島西部に広がるデエサ (西:Dehesa) と呼ばれるオークまたはコルクの林で放牧されるイベリコ豚はどんぐりの実などを食べて育つ。 どんぐりを主体に育った豚の中で認可を得たものだけが「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ(Jamón ibérico de bellota。bellota=どんぐり)」と名づけられ、味、品質ともにより優れているとされる。イベリコ豚のうち、ドングリ豚にしかベジョータ (Bellota)の表示がつけられない。「イベリコ豚=ドングリ豚」ではないため、虚偽表示に注意する必要がある。ハモン・ベジョータの中ではサラマンカ産が広く知られているほか、南西部ウエルバ県のハブーゴ(西:Jabugo)産が知られている。

とまあ、イベリコ豚の中でも高級品。さて、この肉が最高に軟らかく、上品な塩味が効いていて最高に旨い。この握りは一度食べた方がいいかもしれない。

IMG_1175

「イベリコ豚のカルパッチョ」これまた、豚肉が旨い。

IMG_1176

「ぶたしゃぶサラダ」どの肉も旨いのだが、これまた肉の旨さが引きたつ料理。

IMG_1177

「串焼き盛り」なんか、豚肉食べ過ぎじゃないかと思うが、これまた旨いのでついつい食べてしまう。

内容はロース、バラ、豚トロ、胃、大腸の5種類。串焼きの全種類を注文。

IMG_1186

IMG_1179

そして、最後に「とんしゃぶ」

今回は、美味しい豚肉を堪能です。肉の中で豚肉が一番好きなので、美味しい豚肉はただでさえ飽きないのに、ここのイベリコ豚は、どの料理でも旨いので、いくらでも食べられてしまう。

牛肉は、ある程度食べると飽きちゃうけど、不思議だけど豚肉だと食べられる。

本当に美味しい豚肉が食べたい時は、訪れると良いだろう。

関連ランキング:豚料理 | 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅

Tagged with:
4月 08

今日は所用で大久保と渋谷へ行ったのだが、ランチタイムに渋谷にいたので渋谷のお店を開拓してみた。

今日開拓した店は「魚専門 漁十八番」だ。ツイートした時に間違ったお店でアップしてしまった。。。

20110408002

今日オーダーしたのは「お刺身定食」。刺身の種類は板さんお任せだが8種類の刺身を出してもらえる。

若者が多い場所柄、ご飯の量が多いことと、ご飯とお味噌汁がおかわり可能で850円という値段。

この場所でこの料金でやっていけるのだろうか?と思ってしまう。

20110408001

この店のランチで一番のお勧めは「海鮮丼」のようで、みんながオーダーしている。こちらもどんぶりに刺身が一杯のってくる。

次回は、夜にも訪れてみたい。

関連ランキング:和食(その他) | 渋谷駅神泉駅

1月 16

冬、おいしいものは沢山ある。その冬においしいものの一つに「牡蠣」がある。この「牡蠣」は大好物の一つ。牡蠣の料理も沢山の種類があるが、「牡蠣フライ」が一番好きだ。

IMG_0023

その牡蠣フライ、年に一度は必ず食べたいと思う「三州屋」の牡蠣フライ定食がある。今冬も食べに行ってみた。

DSCF0892

この三州屋の牡蠣は、三陸の広田湾産の牡蠣を使っているそうだ。この牡蠣自体も旨いのだが、揚げ方も最高なのである。素材の良さに高い料理の技が組み合わさって、もう最高なのである。

ちなみに、三州屋で牡蠣フライ以外を食べたことがないという噂も。この季節だと金目鯛の煮付けの定食だったり、寒ブリの定食もあるので、冬の間にこれらを食べに行きたい。

関連ランキング:定食・食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

preload preload preload