10月 12

宮島口駅での乗車券の謎を抱えながら、厳島神社へと向かう。

IMG_7269

JR西日本宮島フェリー乗り場。このフェリー乗り場の名前も「宮島口」だ。流石に、このフェリーは別料金。

IMG_7272

フェリーに乗って数分で、厳島神社の海の中にある鳥居が見えてくる。

IMG_7276

宮島桟橋の建物は妙に立派だ。神社を意識した建物になっている。

IMG_7278

宮島・厳島神社には「鹿」がいる。奈良にも「鹿」がいる。奈良と宮島の「鹿」の共通点は、神の使い「神鹿(しんろく)」との意味がある。宮島の鹿は、昔からいたそうだが、第二次大戦後GHQによってハンティングされ絶滅し、その後、奈良公園から持ち込まれたらしい。

IMG_7280

厳島は、日本三景の一つだ。他の2つは、京都の天橋立と宮城の松島だ。天橋立と松島は既に訪れたことがあるので、今回の厳島で、日本三景も制覇したことになる。バンザイ!

IMG_7291

神社と言えば、狛犬だ。因みに写真は吽形。えらく立派だ。

IMG_7295

有名な「大鳥居」。この大鳥居は、海中に基礎を作ってその上に立てられているそうだ。台風とかで倒れないのは、大鳥居の中に7トンのこぶし大の石が入っていることと、六本の柱で成り立っているそうだ。台風とかで本殿の床とかが壊れたというニュースは聞いた事があるが、大鳥居が倒れたことは聞いたことがない。しかし、昔の人の技術力には圧巻である。

IMG_7328

本殿。しかし、凄い建物である。そして、海の中にせり出して作ろうという発想が凄い。夜、ほの暗い中で灯篭の明かりの中の方が荘厳な雰囲気を味わえるかもしれない。次回は、暗くなってから来てみたいが、そんな時間に入れるのかは不明だが。。。

創建1400年の歴史を持つ、厳島神社は流石に世界文化遺産で国賓(国賓ってなんだ?)だけあって、立派だし、神聖で荘厳な感じが印象深い。今流行のパワースポットとしては、かなりの威力がありそうな感じだ。

IMG_7346

廻廊。床板には隙間があって、高潮時の海水や雨水を海へ逃がすためだそうだ。

IMG_7380

電柱と電線が無ければ、昔の人が見た人と同じ光景だったのに。。。残念。昔の人もこんな感じで五重塔を見ていたのだろう。

IMG_7286

厳島神社を堪能して、帰りは参道を通って宮島桟橋まで行くことに。

IMG_7416

参道沿いのあちら、こちらのお店で「焼き牡蠣」の文字が。生唾ごっくん状態である。この後のアナゴ丼(あなごめし)が無ければ、絶対に食べたかったのだが、今回は泣く泣く「焼き牡蠣」は諦めることにした。因みに、牡蠣は「焼き牡蠣」が一番旨いと思うのは僕だけだろうか。

[gmaps:34.29609181696663/132.3198401927948/15/480/360](comment)[/gmaps]

10月 12

旧国鉄・現在のJRになっても、JR系の路線の複雑さは解消されていない。まあ、時刻表のB5版のサイズがあの厚さになるのだから相当なものである。

そして、料金体系の複雑さも同様である。いろいろな条件が設定されていて、複雑怪奇なのだ。そんな、JRの乗車券の罠にまんまと嵌ってしまったのである。

事件は、大阪駅で大阪駅から博多駅までの乗車券を購入したときから始まっていたようだ。実際には、広島駅で新幹線を降りて、宮島へ向かうべく、山陽本線に乗り換えて宮島口駅の改札口で事件は発覚したのだ。

宮島口駅の有人改札口で、大阪から博多までの乗車券を見せて通過しようとした時に「帰りは広島まで戻りますか?」と聞かれたのだ。確かに広島駅へ戻って新幹線で博多まで移動する予定だったので、素直に「はい」と答えると駅員から

「広島からは400円です。」

と。

なぜ?なぜ?と疑問符が頭の中をよぎったのだが、素直に400円を払って改札を抜けた。しかし、どうも今ひとつ腑に落ちない。

DSCF0685

この写真の上にあるのが「大阪市内から福岡市内」のJRの乗車券。券には「経由:東海・山陽・西明石・新幹線・広島・山陽・鹿児島線」との記載されている。宮島口の駅は、山陽本線の駅だ。ならば、途中下車しても料金は発生しないことになる。なぜ広島駅から宮島口駅の料金400円を払わされたのかが解らない。

JR(旧国鉄)の乗車料金は、基本的に区間料金のはずである。乗車券の「経由」の記載のある路線での途中下車には料金は発生しないはずなのだ。

これが、この切符で山陰本線の駅で途中下車をしたなら、別料金が発生しても理解できる。大阪から山陰本線を経由して博多へ行く場合は、駅の自動券売機で新幹線の特急券と一緒に乗車券を買わず、窓口で購入した方がいいことぐらいの知識はある。因みに、大阪駅で大阪駅から博多駅までの乗車券のみを自動券売機で買うと、どのような「経由」が記載されるのかは不明だが。。。

因みに、宮島口駅から広島駅へ向かうときにも400円の乗車券を購入。広島駅の新幹線の有人改札口で、大阪・博多間の乗車券と宮島口駅から広島駅間の乗車券と新幹線の特急券の3枚を出すと、駅員の若いお姉さんが一瞬戸惑った表情をしたが、隣にいたベテランぽいお姉さんが、大阪・博多間の乗車券と新幹線の特急券を返しながら「この切符は回収します」と宮島口駅から広島駅の切符を回収した。かなり慣れた感じであったので、このパターンで旅行する人がいるってことだろう。

そして、この疑問は旅の3日目以降も続くのだ。旅の3日目のホテルへ到着してPCで旅の3日目の晩御飯で何を食べるのか?を調べているときに、鉄道に詳しい人からチャットで呼び出され、この謎を聞いてみると解らないと。

謎は解けないまま、旅もおわり自宅でJR東日本のサイトとかを確認してみてやっと謎が解けたのだ。

この400円の謎の原因は凄く複雑で、こんなの解るわけないだろう!と言いたいぐらいだが、言われてみれば解らないでもない。

まず、JRの運賃計算の仕組みは以下の4つの「キロ」計算区分と「基準運賃」と「加算運賃」の計算方式がある。

○営業キロ:JR各社の幹線または本州3社及びJR北海道の地方交通線のみを利用する場合の運賃計算に用いるキロ数。

○換算キロ:本州3社およびJR北海道の幹線と地方交通線とを連続して利用する場合の運賃計算に用いる地方交通線部分のキロ数。

○擬似キロ:JR四国、JR九州の地方交通線を利用する場合の運賃計算に用いるキロ数。

○運賃計算キロ:幹線と地方交通線とを連続して利用する場合の運賃計算に用いるキロ数で、幹線部分の営業キロと地方交通線の換算キロを合計したもの。

○基準運賃と加算運賃:本州3社とJR北海道・四国・九州とをまたがって利用する場合の基準となる運賃が「基準運賃」で、JR北海道・四国・九州各社の乗車距離に応じて基準運賃に加算する運賃が「加算運賃」。

上記のほかに、都市圏の特例などがあり、JRの運賃は複雑怪奇である。素人には全くもって理解不能だが、この料金体系をまずは頭の片隅入れておく必要がある。

そして、今回の謎となる新幹線の運賃計算は「在来線の営業キロをベースに計算する」というのが基本ルールなのだ。

東海道・山陽新幹線は、東海道本線・山陽本線・鹿児島本線という在来線がほぼ並行して走っている。全てが並行して走っていれば、JR(旧国鉄)の営業キロは、基本的に同じになるはずだが、実際には違った場所を走っている箇所が多く存在する。まあ、当たり前と言えば当たり前だ。新幹線の路線の基本設計は、なるべく直線で走れるように設計されている。そりゃ、なるべく早く着く為には、距離とスピードが問題になる。同じスピードなら距離が短い方が良い。距離を短くするには直線が最短なのだ。さらに、スピードを上げる為には、直線の方が有利なのだから。

因みに、飛行機の場合は直線が最短距離ではないので注意が必要だ。地球儀上で東京とサンフランシスコ間の直線で結ぶのは最短距離にはならない。何故なら、地球は丸いからだ。緯度が赤道へ近くなればなる程、距離は長くなる。球体なのだが当たり前だ。

さて、話を新幹線に戻す。ここで、問題になるのが、新幹線の路線の距離と並行して走る在来線の距離に差がある区間についてだ。

この実際の路線の距離が違う区間は、東海道・山陽新幹線の場合は以下の区間が指定されている。

品川~小田原、三島~静岡、名古屋~米原、新大阪~西明石、福山~三原、三原~広島、広島~徳山

この区間は、実際に乗車した路線で料金を計算するのだ。例えば、東京から小田原へ行く場合、品川から小田原の間を新幹線に乗ったのか、在来線である東海道本線に乗ったのかによって、支払う料金が違うということだ。

今回の謎の「広島~宮島口」までの区間で別料金が発生するのは、上記の「広島~徳山」区間にあたり、実際に乗車した路線で料金が発生することになり、宮島駅の有人改札口で「帰りは広島まで戻りますか?」と聞かれた理由は、このような理由があるからだ。改札口で駅員に「徳山まで山陽本線で行きます」とか「新幹線は徳山から乗ります」とか言えば、400円は発生しなかったのだ。

これが、今回の謎の解だ。はっきり言って、かなりの鉄男か、JRの旅券を扱う旅行代理店の人での相当詳しい人か、JRの中の旅券に詳しい人でないとわからない気がする。

はて、ここまで調べてはみたが、この知識を一体いつ有効利用できるかは定かではないが、一つ勉強になったことは間違いない。。。

10月 12

旅の二日目のゴール地点は佐賀県の唐津だ。唐津までの行程で、どんぶり&行ったことがないところという要素を抽出しると、宮島・厳島神社とあなごめし(あなご丼)と決定。因みに、唐津の宿は何故か予約済み。

珍しくホテルで朝食を食べて、いざ出発。

DSCF0685

大阪駅の自動券売機で大阪から博多までの乗車券と新大阪から広島までの自由席特急券を購入。この乗車券が後々、物議をかもし出すとは、この時は想像も出来なかったのだが。

IMG_7258

ひかり493号に乗って一路、広島へ。

IMG_7262

広島駅で山陽本線に乗り換えて宮島口駅へ。広島駅から下関駅までは鈍行の直通列車がある。これに乗って下関へ行って、河豚を食べる?とふと思ったのだが、残念ながら今日の宿泊は旅館なので夕食の時間に遅れるので却下だ。でも、どう考えても河豚の時期ではないような。。。

IMG_7265

宮島口駅へ到着。この宮島口駅で事件は発生した。この事件の真相は「ぶらり旅シリーズ「西日本の旅」~JR乗車券の怪編~」を。

さて、事件の話はさておき、次は厳島神社だ。厳島神社の記事は「ぶらり旅シリーズ「西日本の旅」~宮島・厳島神社編~」をご覧あれ。

イチイチ、記事を分けるな!と言いたいだろうが、全体の構成の関係と記事の情報性の観点から分割してあるので、諦めてください。

今回の旅の企画の一つの「日本全国のどんぶりを食べるつくす」で、宮島の「アナゴ丼」なるものがあるという「あなごめし」の「上野」へとやってきた。さて、ここでまた別記事になって申し訳ないのだが、アナゴ丼の記事は「ぶらり旅シリーズ「西日本の旅」~グルメ(あなご丼)編~」をご覧あれ。(記事がバラバラで本当にすいません)

IMG_7431

あなごめしをどうするのか?を考えている時間に、隣の本屋で購入した「ポケット時刻表」。久々に時刻表を買った。今の会社に転職する前に、日本の通信の自由化で出来た国鉄系の通信会社にいたときは、時刻表をノベルティとしてお客に配っていたときがあった。その時は時刻表を嫌というほどみていたが、最近はネットの進化ともあいまってあまり利用する事が無くなった。

しかし、いろんな乗り物を乗り継ぐ旅をする場合にはやっぱり紙の時刻表があった方が便利なのだ。なんと言っても鉄道地図が付いている。この地図が大変重宝する。どの路線をどうやって行けばよいのかが簡単にわかるのだ。携帯電話の地図アプリでも見ることは可能なのだが、残念ながら時刻表のページをめくるスピードには追いつかない。

「アナゴ丼」が「あなごめし」になって、さらに「あなごめし弁当」になり、非常に残念な感じではあるがまあ仕方ない。次の機会を期待。

IMG_7432

広島駅へと戻り、まずは博多まで新幹線(ひかりレールスター)で移動だ。このレールスターの指定席は座席が広くて良いのだが、残念ながら自由席では普通の「ひかり」と変わらない。指定席料金の500円をケチらない方が良かったかもと多少後悔しつつ。

DSCF0686

今回の旅の荷物。この中に24mmのレンズ、70-200mmのレンズ、Canon40D+17-85mmレンズ、カメラの掃除道具、PC(電源を含む)、本2冊、着替えの服が入っている。5日間の旅としては多少多い気がする。カメラ機材が無ければもっと軽いのだが。。。因みにバックの上は「あなごめし弁当」です。

IMG_7441

ほんでもって、博多へ到着。この博多駅の看板に多少気になる文字が。次の駅に「はかたみなみ」という文字が書いてある。おや?「はかたみなみ」とは九州新幹線ってこと???と思い、先ほど購入した時刻表をみると「博多南線
」と記載が。この路線は全席自由席で特急料金が100円だそうな。「はかたみなみ」駅始発は山陽新幹線の「こだま」になっているようである。へぇ~。

IMG_7443

ここから地下鉄・空港線とJR筑肥線を乗り継いで、今日の目的地の唐津へと。九州内は全て鈍行列車での移動の予定だ。地下鉄の博多駅から唐津まで約1時間10分の旅だ。

IMG_7446

JR筑肥線の車窓からは、こんな絶景も見られて楽しい路線だ。

IMG_7451

こんな駅も見られる。

IMG_7454

そんな、こんなで、やっと唐津駅へ到着。

IMG_7461

本日、お世話になる宿の「綿屋」さん。明治からやっている旅館だそうだ。通された部屋は、明治の創業当時からある部屋(2部屋しか残っていないらしい)に案内された。そんな古さを感じさせない部屋だ。

旅館の仲居さんの話によれば、シルバーウィークは連日満室でお断りする程混んでいたらしいが、この日は僕を入れて2組の宿泊だったそうな。ホテルは何処も満室だった旨を伝えると、玄海原子力発電所(プルサーマル)の工事関係者で素泊まりのお客もいるそうだ。地方は公共事業で潤うことも多いので、議員たちが公共事業を!という話もわからない訳ではない。公共事業はやっぱり偉大だな~と改めて関心してしまう。

さて、旅館と言えば料理と風呂だが、まずは料理。

IMG_7469

これは鮑。久しぶりに鮑食べた。鮮度がいいのかどうかは不明だが、とっても柔らかくて旨かった。出た料理の中で一番旨かったかもしれない。

IMG_7471

刺身の盛り合わせ。ヒラメと生の車えびとボイルした車えびとイカともう一品あったが忘れた。

IMG_7477

佐賀牛。佐賀牛って以外と柔らかくて旨い。ちょっと見直した感じだ。全国に有名な牛肉はあるけど、松坂牛のようなさし程ではないのだが。佐賀牛って、あまり市場には出回らない。横浜で佐賀牛を売っている店ってあるのかな?

DSCF0701

そして、天ぷら。天ぷらにも車えび。この当たりは車えびが獲れるのだろうか。刺身とボイルと天ぷらで車えびなのだ。これでもか!ってぐらいに車えび。えび好きにはたまらないかもしれない。

DSCF0703

魚の煮付け。高校生までは実家にいたので、母親が煮魚を作ってくれたが一人暮らしを始めた後は滅多に食べることがなくなった。最近では、日本料理屋さんとかに行かないと煮魚って食べられない。お袋系の定食屋ってのも、滅多にお目にかかれないこともある。

DSCF0704

さらに、煮物。煮る系の料理って若い人はあまり食べない。歳をとってくると煮る系の料理が旨く感じる。あ~、歳とったということか。。。

あとは、ご飯と汁物とメロンのデザート。やっぱり旅館の料理って量が多い。多少残してしまう。もったいない感じがしないでもない。

お腹も膨れて、風呂に入って旅を満喫して旅の2日目は終了。

10月 04

どんぶりシリーズ第二段は「アナゴ丼」。この「アナゴ丼」も「どんぶりこ―日本一のどんぶり紀行」に書かれていたものである。

「アナゴ丼」を食べさせてくれるJR山陽本線の宮島口駅前の「あなごめし うえの」が、平日の昼過ぎなのに長打の列なのだ。お店の店員に順番待ちの名前を告げた後、やっぱり思い直して今回は「アナゴ丼」を諦め、順番待ちのキャンセルを告げると、店員から「お弁当ありますよ!」と。商売上手である。まあ、どっちにしても駅弁とかを買うならアナゴ弁当でも良いということで、店員の薦めるまま弁当を購入。

IMG_7425

DSCF0687

DSCF0691

購入した「あなごめし弁当」。正直、熱々を食べた方が旨い気がする。店員にも言われたのだが、是非お店で食べてくださいと。確かにその通りな気がする。次回、出張などで訪れた際にはお店でアナゴ丼を食べてみたい。

さて「あなごめし弁当」だが、アナゴはうなぎに比べて小骨が少々太いのかやっぱり小骨が気になる。柔らかさも、うなぎの方がふんわり感があるのは間違いない。鱧のように小骨を切ってあるともう少し気にならないのかもしれないし、できたての熱々ならもう少し気にならないのかもしれない???

丼つゆは、甘さ控えめなのだが、特に辛い訳でもなくちょうど良い甘さ加減である。アナゴとの相性はいい感じである。


あなごめし うえの

住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
電話:0829-56-0006
営業時間:10:00~18:30(弁当は9:00~)
定休日:水曜(弁当は無休)

[gmaps:34.311568252611984/132.30349481105804/17/480/360](comment)[/gmaps]

12月 20

今回宿泊したホテルを一挙紹介。

◆「ソフィテル ザ サイプレス 名古屋

P1010206

お値段は期間限定プランだが10,000円。このホテルでよかったのは、バスルームのアメニティのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが凄くいい香りで良い。特にコンディショナーはたぶん、女性をターゲットにして選んであると思われる程良いものを使っている。

[gmaps:35.17403633351564/136.88414454460144/17/480/360](comment)[/gmaps]

◆「ホテルモントレー大阪

P1010236

このホテルは、今年4月に札幌でも利用したいホテルモントレーの系統。今回宿泊したのは「シングルルーム」のプランで1泊8900円だったのだが、ここの何故か部屋のアップグレードされてツインルームになってラッキーだったのだ。
札幌のホテルもだが、モントレーはヨーロッパ風の部屋の感じが結構落ち着く。部屋の内容は「ソフィテル ザ サイプレス 名古屋」よりも若干質が落ちる感じだが、まあ、こんなもんだろう。
こちらもインターネット接続は無料だ。海外を含め、何処へ行くにもパソコンを持ち歩くのだが、ホテルでインターネット接続は必須だ。パソコンがあると非常に便利なのだ。現地の情報をホテル部屋の中で検索できる。

[gmaps:34.6996455017899/135.49192786216736/17/480/360](comment)[/gmaps]

◆「リーガホテルゼスト高松」

今回、このホテルの写真は一枚も撮っていない。なぜなら、写真で紹介する程ではないホテルと部屋だったからだ。これなら全日空ホテルに泊まればよかったと思ったり、思わなかったり。
高松で綺麗でそれなりに安く泊まれるホテルはないものだろうか。。。

[gmaps:34.345553220185245/134.04882431030273/15/480/360](comment)[/gmaps]

◆「ホテル クレガ天神

P1010314

このホテルの外見は、ホテルには見えない。どちらかというとマンションのような感じだ。内装はデザイナーズマンションならぬ、デザイナーズホテルといった感じだろうか。
こちらもお値段が8400円とお安い。場所が天神なので、博多でショッピングを中心にしたい人には便利かもしれない。当然ながら、このホテルも部屋からのインターネット接続は無料だ。

[gmaps:33.586838881437764/130.39950728416443/18/480/360](comment)[/gmaps]

日本はインターネット環境が非常に安いので、ホテルも部屋の中でインターネット接続が無料が多い。海外だとインターネット接続が別料金というところが多い。というか、部屋の中からインターネット接続できるホテルを探す方が大変だ。大体、海外でパソコンを持ち歩いて旅をする人自体が少ない。みんなホテルの1Fなどに設置してあるホテルのPCを利用している場合が多いのだ。海外でパソコンを持ち歩くのはビジネスマンぐらいだけなのだ。

12月 20

2日間大阪で仕事をした後大阪から高松へ移動だ。

P1010249

新大阪から岡山を経由し、瀬戸大橋を渡って高松へ。

P1010253

岡山も、久々だ。10年ぐらい前だろうか。。。

P1010255

P1010261

岡山駅から在来線の快速マリンライナーで移動だ。結構綺麗な列車である。最近のJRの列車はどれも綺麗だし、静かだし、あまり揺れないしでかなり進化していることを感じる。

P1010262

そんな訳で、高松到着。

P1010265

高松というか、香川は、うどんだ。高松に到着した時間が19時ぐらいだったのだが、商店街は既にお店がしまっていて、開いているうどん屋さんを探すのも一苦労だったのだが、ようやくみつけて食べたのがこの「ぶっかけうどん」だ。うどんの喉ごしが良くて、東京で食べるうどんとは違ってとっても旨かったです。

P1010272

一緒に頼んだ「じゃこ天」。どちらかと言うと「ぶっかけうどん」よりも、この「じゃこ天」の方が旨かったかも。じゃこの風味がすごくしていて、ビールにはぴったりって感じ。

P1010275

高松駅前の風景。かれこれ20年ぐらい前に来ていらいなのだが、駅前が凄く綺麗に整備されていてびっくりだ。

P1010279

高松から広島への移動中にちょうどランチタイムって事で、高松駅で駅弁を購入。四国と言えば「お遍路さん」って事で「お遍路さん弁当」なる弁当をチョイス。

P1010284

おかずは、沢山入っていて結構楽しい弁当だ。丸々一匹のイイダコの煮付けが入っているのだが、これが一番旨かったかも。

P1010300

広島へ到着後仕事をこなし夕食タイム。少々時間が無かったので市内の「おこのみ村」で済ませることに。
この時期の広島と言えば「牡蠣」だ。そんな訳で「牡蠣焼き」を注文。毎日ビールを飲んでる気がしないが、「牡蠣焼き」だの「お好み焼き」にビールが無い訳にはいかない。

P1010302

お好みやきは「デラックス焼き」なるメニューを注文。豚肉やらイカやら海老などなど沢山入っているのだが、更に「デラックス焼き」には「もち」も入っている。そして、広島風お好み焼きの特徴でもある「そば」も当然入っている。そして、最後にネギをいっぱい乗っかる。ビールとお好み焼きの組み合わせがたまらない。

P1010313

広島駅から新幹線で博多へ到着。本当は、博多で新鮮なイカでも食べようかと思っていたのだが、広島で食べたお好み焼きとビールでお腹一杯でとても食べられず。残念。次回またチャレンジしたい。

preload preload preload