9月 15

山形県の米沢と言えば、米沢牛が有名だ。

IMG_1943

米沢駅のホームには、ドーンと米沢牛が。しかし、放射能の影響はどうなっている???って気もしないでもないが。。。

さて、この旅は、ラーメン紀行になりつつある様相だが、旅の最後もラーメンです。米沢ラーメンで有名どころは「ひらま」、「山大工学部前やまとや」、「熊文」がベスト3らしい。しかし、今回は時間の関係で、このベスト3にはチャレンジ出来ず、「まいづる食堂」で米沢ラーメンを食した。

まいづる食堂

IMG_1992

米沢ラーメン

IMG_1990

醤油ベースのスープに、ちぢれ麺。喜多方ラーメンと似ている感じ。ラーメン自体はおいしいです。
流石に、3日で3回ラーメン。要するに毎日ラーメンを食べていると流石に飽きて来るのですが、それでもおいしいと感じたので、普通だったらもっとおいしいと思いますね。

このお店は、お父さんとお母さんの2人で商売をしているお店。ラーメンではなく、食堂ですね。ラーメン以外にも定食などのメニューがありました。普通にご飯を食べられるお店です。

このお店のお父さんが陽気な人で、先日東京に行ったら、たばこを吸う場所が無くて困ったよ!と楽しそうにお話していました。お父さんと会話をしているだけでも楽しいお店ですね。

関連ランキング:ラーメン | 西米沢駅

8月 23

山形の旅も、そろそろ終盤へと。

IMG_6982

米沢駅へ到着。

IMG_6995

一緒に旅をした一人は、ここから新潟方面へ行くとのことで、一足先にお別れだ。鉄男の本領発揮で新潟方面までローカル列車を乗り継いで行くらしい。我々が一時間後の新幹線に乗って家に着いた頃に彼はまで列車で移動中ということらしい。後から携帯で調べると新幹線で大宮まで出て、新幹線を乗り継いだ方が時間的には早く着くことが出来るみたいだったのだ。流石、鉄男だ。

IMG_6996

IMG_7008

つばさ90号(臨時列車らしい)に乗って一路東京へ。

IMG_7017

車内販売で買った今回の旅の最後のご飯。「牛肉どまん中」弁当。平たく言うとすき焼弁当なのだが、ビールと一緒に食べると旨かった。

こうして、今回の山形の旅も終わり。濃厚な3日間を過ごした気がする。普段は、一人での旅が多い。多くても2、3人の旅なのだが、今回は5名ということで楽しい旅が出来ました。温泉あり、グルメあり、歴史あり、絶景ありの盛りだくさんの旅でした。山形には、今回訪れることが出来なかった場所がまだまだありますので、次回いつかまたこの地を訪れてみたいものです。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

峠駅の脇にある茶屋で、この日のランチを食べることに。

IMG_6965

山椒のコンニャクの田楽。またしても、写真撮る前に一口食べてしまった。やっぱりコンニャクが歯ごたえのある感じでよい。

IMG_6969

焼おにぎり。大葉と焼けた醤油が絶妙にマッチしていて旨かった。

IMG_6966

そば。僕は食べていないが。

IMG_6971

この峠の茶屋は、山深い場所にある。その為かどうかは不明だが、アブとかが沢山お店の中を飛び回っていた。一緒に行った東京生まれの東京育ちの自称シティガールは、アブに好かれたみたいでぶんぶんと周りを飛び回り、そのたびにキャーキャーと大騒ぎ。最後には胸元に入ったらしく、大変なことになっていたみたい。お店にいた幼稚園ぐらいの女の子は平気な顔していたのだが。。。自然は、人間が苛めなければ何もしないんだけどな~と思ったり。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

姥湯温泉に向かう途中に奥羽本線の「峠駅」がある。この駅は、東京から山形へ向かう新幹線の中で鉄男達が昔のスイッチバックがあった場所だ!という事で盛り上がっていた場所である。

IMG_6958

うっそうとした森の中にある駅だ。豪雪地帯なのだろう、ホームは写真の左側の建物の中にある。

IMG_6953

昔、スイッチバックする場所として使われていた場所みたいである。昭和の時代を感じさせる雰囲気だ。1990年ぐらいまで実際に使われていたらしい(確か。鉄男は言っていた)

IMG_6940

線路が続いているトンネルは、奥羽本線と山形新幹線が走る。線路はもう取り払われているが写真の左側のトンネルは、これまたスイッチバックに使われていたトンネルだろう。

IMG_6933

IMG_6934

一日に上下合わせて12本の列車が停車する。

IMG_6944

峠駅で写真を撮ったりしていたその時、東京方面行きの山形新幹線がやって来た。

[gmaps:37.81222509298159/140.2355432510376/11/480/360](comment)[/gmaps]

IMG_6977

峠駅から米沢へ向かう県道232号線沿いに見つけた撮影スポット。しかし、あまりに線路に近いので撮影する場合には注意が必要かも。というより、ここに立っていたら電車が止まってしまうかも。少々危険な感じがするので、場所うは非公開ってことで。

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

今回の旅の目的の一つが「姥湯温泉」だ。米沢市内と言えば市内だが、山形県と福島県の県境の山中にある秘湯である。

IMG_6876

写真の奥の方に山肌が見えるところの谷間に姥湯温泉はある。

IMG_6878

IMG_6916

駐車場からつり橋を渡って約10分弱のところに姥湯温泉の一軒宿の「桝形屋」はある。

IMG_6894

露天風呂は、すり鉢上の谷間にあり、野天風呂だ。一応混浴だが、18:00 – 20:00 までは女性専用になる。別途、女性専用の露天風呂もある。

IMG_6909

IMG_6901

風呂に浸かっていた爺さんの話によると、終戦直後に来た時には、こんな山肌が見える風景では無かったとのこと。もっと木が覆い茂っていたそうである。今では露天風呂も綺麗に整備されているが、昔は川を石でせき止めて湯船を作っていたのだが、大雨が降るたびに石が流されて作り直しだったそうだ。

DSCF0591

温泉の温度は、夏のこの季節には多少熱い程度の温度だ。たぶん41度ぐらいではないだろうか。冬場の11月~4月までは一軒宿も閉鎖されるので入浴は出来ないが、10月後半とかだと温い感じになるかも。温泉の色は白濁していている。

爺さんの話はまだまだ続き、温泉の温度も昔はもっと熱かったそうだ。どうやら温泉の温度が気に入らないらしい。この温泉は、今では人が沢山来るようになって整備されてしまったが、大平温泉ってところの方が更に秘湯だと。4WDの車じゃないと行けないようなところにあるそうだが、そこの湯の方がいいとのこと。

IMG_6921

姥湯温泉へ行くには、険しい山道を通る。こんな2つの急カーブもある。

IMG_6920

この急カーブには、今までで見た事のない道路標識を発見。あまりの急カーブの為に、一度で曲がりきれないから切りかえして進め!という看板だ。日本国内に同じ道路標識が他にあるのだろうか。

姥湯温泉 桝形屋
〒992-1303 山形県米沢市大沢姥湯1
TEL:090-7797-5934(現地衛星電話)

[gmaps:37.761012062786946/140.22245407104492/12/480/360](comment)[/gmaps]

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

山形にも美味しい食べ物があるが、その中でも「蕎麦」は外せない。御釜の次の訪問地である米沢へ向かう途中で蕎麦を食べるということはなんとなく決まっていたのだが、具体的にどこのお店とかまでは決まっていなかった。御釜のレストハウスの観光マップを見ていると米沢へ向かう途中と言えば途中に「七ヶ宿そば街道」なるものを発見し、そこで蕎麦を食べようということで一路「七ヶ宿そば街道」へと。

IMG_6780

IMG_6759

七ヶ宿そば街道で最初にみつけたこの「そば 吉野屋」へ入ることに。この蕎麦屋さんは、茅葺の古民家を利用していて雰囲気をかもし出している点もよい。

IMG_6761

さて、メニューは全部でこれだけ。因みに蕎麦は「大盛り」と更に「特盛り」があるらしい。

IMG_6765

今回注文したのは「天ざる」だ。蕎麦は平打ちの二八蕎麦で、コシがあってよい。蕎麦には普通わさびが付いてくるのだが、このお店のわさびは普通のわさびとちょっと違うのだ。見た目からして、普通のわさびよりも黒っぽい。味は、辛さの中にもほんのりと甘さが漂う感じなのだ。こんなわさびは食べたことない。普通のわさびと品種が違うのだろうか。お店の主人も普通のわさびとは違うということは言っていたが、何が違うのかまでは聞けなかった。。。

IMG_6771

「天ぷら」の方は、山菜と野菜の7品盛り。これが大量で、はっきり言って食べきれないと思うほどの量なのだ。たぶん、女性では食べきれない量だろう。事実一緒に行った女性陣は残していたが。後から調べてわかったのだが、食べ切れなかった天ぷらはお持ち帰りが出来るそうである。山菜と野菜の7品は、そばの葉、ごぼう、舞茸、わらび、タラノメ、南瓜、あと一つは忘れた。

お腹が一杯になることは、目に見えていたのだがやっぱり全部食べてしまい、その後胃薬のお世話になったことは書くまでもない。

そば 吉野屋
TEL:0224-37-2455
住所:宮城県七ヶ宿町字滑津33
営業時間:
定休日:水曜日

[gmaps:38.01573734272959/140.40337175130844/11/480/360](comment)[/gmaps]

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 23

今年の山形、特に米沢と言えば「直江兼続」と「大河ドラマ 天地人」だろう。正直、日本史にはありまり強くない。個人的には世界史の方が得意だったりもするのだが。そんな訳で次の訪問地は米沢だ。

IMG_6791

今、米沢では「天地人博」なるものを開催している。この博覧会は、いわゆるNHKの大河ドラマとタイアップしたようなもので「大河ドラマ 天地人」の紹介&直江兼続をテーマとしたものだ。

直江兼続というよりも、NHK大河ドラマの紹介の量の方が多いのではないかと思わせるものがあって、今ひとつだった気もしないでもない。しかし、NHKの大河ドラマの影響力は偉大である。天地人博には沢山の人が来ていた。今年の米沢は、この大河ドラマのお陰で潤っているのかもしれない。

IMG_6814

米沢の人には、直江兼続よりも上杉鷹山の方が有名なのかもしれない。上杉鷹山と言えば「「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり」の人だ。上杉鷹山は「上杉鷹山公」と書かれるぐらいである。

IMG_6809

天地人博の会場の隣には「上杉神社」がある。

IMG_6827

IMG_6832

上杉神社のお堀に蓮畑のようなエリアがある。蓮の花が綺麗だったので撮ってみた。

IMG_6838

上杉神社の中には、伊達政宗の誕生の地の碑もある。伊達政宗がこの地で生まれたことをはじめて知った。

IMG_6808

あまりの暑さに、ソフトクリームなんぞを食べてみた。「うこぎとバニラのソフトクリーム」だ。「うこぎ」とは一体何?といいながら食べたのだが。。。緑の部分がうこぎのようだが、若干の苦味とバニラと甘みが微妙な感じではある。ちょっと慣れないと美味しいとは言えないかもだ。

IMG_6839

どうやら、これが「うこぎ」らしい。中国原産の落葉低木らしい。

[gmaps:37.90956747619056/140.10456562042236/14/480/360](comment)[/gmaps]

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

8月 22

蔵王国際ホテルをのんびりと9時30分過ぎにチェックアウトし、本日の最初の訪問地の「御釜」へと。蔵王の観光と言えばこの「御釜」だ。

この御釜へは、頂上付近まで車で行くことが可能である。有料道路へ入る手前にあるスキー場のリフトへ乗って行くことも可能だ。さらに、宮城県側からトレッキングで向かうことも可能。

IMG_6705

うわー、凄い!絶景である!

IMG_6704

水質は、pH=3.5の酸性で、一切の生物は生息していないらしい。御釜のを一周することも、御釜の水辺へも行くことが可能だそうである。トレッキングをしてみるのも楽しいと思う。

IMG_6748

天気はいいし、さすがに涼しい。まあ、涼しいといっても、標高が高いぶんだけ日差しはきついのだが。

この絶景は、一度は見た方がいいかも。
[gmaps:38.13745950179965/140.4499912261963/13/480/360](comment)[/gmaps]

ぶらり旅シリーズ「山形の旅」
旅の始まり編
冷やしラーメン編
旅程編
山寺(立石寺)編
蔵王温泉大露天風呂編
蔵王国際ホテルの夕食編
蔵王国際ホテル朝食編
御釜編
天地人博と上杉神社編
七ヶ宿そば街道「そば 吉野屋」編
姥湯温泉編
峠駅と撮影スポット編
峠駅の茶屋でランチ編
旅の終わり編

preload preload preload