12月 11

久々に会社の仕事で出張だ。今日から来週で全国を駆け抜ける出張シリーズの第一弾。まずは、札幌へ。

P1010164

12月の中旬。JALの搭乗口の案内ディスプレーもクリスマスモードになってます。

P1010165

今日はポカポカ陽気。でも、札幌の天気は雪という予報ですが。

P1010170

今年の4月にも同じような写真を撮った記憶がありますが札幌へ来た証ってことで。やっぱり札幌は寒い。

P1010175

札幌へ到着して、いきなりランチタイム。というか、狙ってこの時間に来たという話も無きにしもあらずですが。
そんな狙った割りには、どこで何を食べるのかを調べる時間もなかったり。取り敢えず、適当にラーメン屋に入ることに。

今回、適当に選んだお店は「北海らーめん」というお店。今回は「熟玉味噌ラーメン」を注文してみた。適当に入った店だったのだが、以外とスープが旨かったかな。

P1010184

仕事が終わって外に出ると、すっかり雪景色に変わっていました。今年初めての雪です。やっぱり札幌は寒いんですね。直ぐに雪が積もってしまってます。

P1010187

Lumix LX3 の威力を発揮した1枚。流石にF2.0の威力は大きいです。夜景をフルオートで撮影しても、結構綺麗に撮れますね。

さて、今回は日帰り。帰りの便は雪と羽田空港の到着ラッシュで遅れに遅れて千歳から羽田まで2時間15分も乗ってました。

さて、明日は一休みで来週月曜日から名古屋、大阪、高松、広島、福岡とツアーはまだまだ続くのです。

Tagged with:
4月 27

まだ、このネタを引っ張るのか!と言われそうだが、まだネタはあるのです。

IMG_0195

稚内の寿司屋のオヤジに教えてもらった日帰り温泉へやってきた。「港のゆ」だ。
この温泉のお湯がこれまた良い。ちょっとぬるっとしていて、肌がすべすべになるお湯なのだ。稚内に行ったら是非入った方がよいと思う程よい。昼間なら稚内の港と海を見ながら温泉に浸る事が出来る。行った時間は夜8時過ぎだったので、残念ながら景色は見られなかったが、海からの心地よい風の中で温泉に入れるのだ。

この温泉があるところは「稚内副港市場」(わっかないふっこういちば)という名称で、この敷地の中には飲食店やその名の通り市場もある。僕が行った時間は市場は閉まっていたのだが、これまた寿司屋のオヤジ情報によれば、この市場で魚を買ってその場で網焼きとかも出来るらしい。残念ながら体験は出来なかったが。この他にもロシア料理の店なんかもあって、ここがロシアとの国境の町である事を感じる事が出来る。

IMG_0198

温泉施設の建物の中には、樺太の歴史と地元の人達の樺太返還への想いが詰まったちょっとした史料館なんかもあったり、昔の稚内の街並みを再現したコーナなんかもある。

さらに、この稚内副港市場の敷地内に「松坂大輔スタジアム」なるものもある。フム?松坂大輔は稚内出身だっけ?と思ったのだが、これまた寿司屋のオヤジ情報によれば、松坂大輔の親父の出身が稚内らしい。

とまあ、結構いろんなものがある「稚内副港市場」はちょっと稚内でのお薦めスポットだ。稚内へ行く事があったら寄ってみても損はないかも。

稚内副港市場
北海道稚内市港1丁目
TEL:0162-29-0829(代表)

[gmaps:45.408498760472646/141.67627036571503/14/480/360](comment)[/gmaps]

4月 21

稚内2日目は、今回の旅のメインイベントの一つの「日本最北の地(宗谷岬)を訪ねる」だ。

日本最北の地宗谷岬には、レンタカーで移動だ。このレンタカーは、JR北海道の札幌稚内往復指定割引切符のオプションで24時間のレンタカーの料金がなんと3000円で借りる事が出来るのだ。これはお得である。

この駅レンタカーで借りた車で宗谷岬へと向かったのだ。宗谷岬までは、約30kmの距離だ。稚内市内を抜けるとほとんど高速道路のような道を順調に走り、30分程度で宗谷岬に到着。

IMG_0205

この日は、霞んでいて見えないが、たぶん湿気の少ない日には北方領土の国後島が見えると思われるが、残念ながら見えなかった。

IMG_0082

宗谷岬の海には、やっぱり昆布が無数に群生している。写真(オリジナルサイズ)を見ると解るが、凄い数の昆布なのだ。昆布だしのエキスが出た海水はさぞかし旨いに違いないのでは(^_^)なんて思ったりしながら海に自生する昆布を見てました。(因みに、海水は飲んでませんので悪しからず)

IMG_0089

宗谷岬にあるお店の緯度は、北緯45°31′14″となっているが、携帯電話のGPSで計測すると45°31′22.365″だ。約8秒ずれている。距離にすると宗谷岬だと1秒が22m程度なので176m程度ずれていることになるが、これはGPSの精度を下げているせいだろう。イギリスのグリニッジで計った時は西に50m程度ずれていた。

IMG_0103

宗谷岬の次は大沼へ寄ってみた。大沼と言えば、白鳥の飛来地で有名だ。この日もたくさんの白鳥が羽を休めていた。

IMG_0110

次に訪れたのはノシャップ岬だ。夕日で有名だが、残念ながら真昼間だ。

IMG_0112

そんなロマンチックな夕焼けが見られるノシャップ岬だが、山を見るとここがソビエト連邦との国境の町であることがわかる。軍事用レーダ基地があるのだ。

4月 21

帰宅しました。正確には、日曜日の15:00過ぎについたのですが。

旅の記事は、別途書こうと思います。それでは、また次のぶらり旅をお楽しみに!

4月 17

旅の楽しみは、旅先の美味しいものを食べることもその一つだ。そして、北海道には美味しいものがたくさんありすぎて食べきれないと思うが、いろいろ食べつくしたい。

IMG_0151

さて、今回の旅の最初の美味しいものは、札幌から稚内へ列車移動の食べたはなます亭の「かに弁当」だ。北海道と言えば蟹というイメージがある(北陸方面も蟹という話はあるけど)。

IMG_0159

棒状のタラバガニがてんこ盛りで、なおかつ、盛り上がった棒状のタラバガニの下にも蟹が満載なのだ。こんなの東京じゃどう考えても食べられない。流石に札幌駅で買ったので多少値段は張ったけどね。因みにこの弁当は1680円です。

今回のぶらり旅の最初の食事が、このタラバガニの弁当って事で幸先がいい。

札幌から稚内への移動は、特急サロベツで約6時間の旅だ。この特急はディーゼル車だ。久々に電車じゃなくて列車に乗った思いと、ディーゼルエンジン音とディーゼルエンジン特有のにおいがして、旅の気分が盛り上がる。

さて、12:37に札幌を出発して、稚内に到着したのは18:11と約6時間の旅が終わり、稚内で夕食を食べる時が来た。さて、この旅の2回目の食事は稚内の寿司を食べることに。

ホテルの近くの「江花寿司」へ。特にこのお店を勧められた訳でもなんでもない。ただ、稚内は流石にまだ寒いので、ホテルから近いという理由で選んだのだ。

IMG_0189

まずはビール。

IMG_0188

お通し。

IMG_0190

IMG_0191

IMG_0193

流石に漁港が近くにあるだけあって、寿司ネタは新鮮そのものだ。鮨って旨いですよね。止められません。

ぶらり旅~北海道 稚内の旅~
ぶらり旅~北海道 稚内~出発編(Blog)
ぶらり旅~北海道 稚内の旅~(Photo)

鮨処江花
電話:0162-22-2004
住所:北海道稚内市中央2丁目11-1
定休:不定休
平日:11:30 – 14:00 / 17:00 – 23:00
土曜:11:30 – 14:00 / 17:00 – 23:00
日祝:11:30 – 14:00 / 17:00 – 23:00

[gmaps:45.41833865954088/141.6763561964035/16/480/360](comment)[/gmaps]

4月 17

何故か、今週も「ぶらり旅」だ。今回の「ぶらり旅」もいつも通り、昨日行く方面だけ決めて今朝6時から旅は始まった。そもそも何故、毎週旅しているのかと言うと、昨年度は土日も夏休みも冬休み(正月)も無い生活をしていたので、ここで一気に挽回なのだ。休日出勤の代休だけでかなりの日数がある。この代休日数は間違いなく消化できないと思うが休める時に休むというのが、僕の働いている会社(業界?)の常識。そんな訳で、今週も「ぶらり旅」なのである。

さて、昨日方面を決めた理由は週末にかけて全国的に雨模様な天気予報がされている。国内で唯一晴れの天気予報がされていたのが、北海道だった。よって赴く方面を北海道に決めてJALのホームページで安いチケットの時間を調べると7:25羽田発札幌行きの便が15300円とある。まずは、札幌まで行ってそこから先は、札幌に到着するまでに決めるとして飛行機の予約だけして今朝6時に出発したのだ。

IMG_0123

では、この続きはまた後で。

[gmaps:35.54898800839427/139.78396654129028/12/480/360](comment)[/gmaps]

preload preload preload