12月 10

毎年の恒例行事になりつつあったりするが、今年もリンゴジャムを大量に製造した。

IMG_2107

今年は、通常のリンゴジャムとリンゴの皮だけのジャムも製造。合計で約8Lぐらいできあがりました。

1年に一度しか作らないので、レシピがいい加減な感じになる。今年は、レシピを書いておくことにしましたよと。

リンゴジャム

IMG_2114

まずは、普通のリンゴジャム。

準備するもの

ジャムを入れる容器:1Lのジャム瓶を4つ

リンゴ:14個

グラニュー糖:1.4kg

レモン:2個

塩:適量

作り方

①ジャム瓶の煮沸消毒

リンゴジャムを保存する瓶を煮沸消毒します。

②塩水をつくる

リンゴを14個分の皮をむいていると、リンゴが酸化して茶色になるので、酸化防止のために皮をむいたリンゴを入れておく塩水をつくります。

③リンゴの皮をむく

IMG_2090

リンゴ14個分。大量です。因みに、我が家の鍋では1回に製造出来る量はリンゴ14個分が限界。

④レモンをスライスする

レモンを5mm程度の暑さにスライスし、レモンの種を取る。

⑤リンゴを似る

IMG_2094

切ったリンゴとグラニュー糖とレモンのスライスを入れて煮る。

リンゴから水分が出るので、水は加えない!!

⑥アクをとる

IMG_2077

リンゴを煮るとアクが出るので、ひたすらアク取りをする!

リンゴが柔らかくなってきたらレモンを捨てる。

⑦煮詰める

IMG_2088

リンゴを煮詰めて、この程度になったら完成!

⑧冷めたら瓶詰め

IMG_2103

ある程度冷めたら、瓶につめて完成です!

リンゴの皮のジャム

IMG_2095

リンゴを26個も皮をむくと、大量にリンゴの皮が発生する。捨てるのももったいないので、この皮もジャムにしてみた。

準備

ジャムを入れる容器:1Lのジャム瓶を2つ

リンゴの皮:26個

グラニュー糖:1kg

レモン:1個

作り方

①ジャム瓶の煮沸消毒

リンゴジャムを保存する瓶を煮沸消毒します。

②リンゴの皮を細かく刻む

リンゴの皮を細かく刻みます。今回は、ここで少々失敗でした。包丁ではなく、ミキサーで粉砕?した方がよさそうです。煮る前に、リンゴの皮がペースト状になっていた方が良いかもしれません。

③リンゴの皮を煮る

IMG_2105

リンゴの皮とグラニュー糖とレモンを入れて煮る。

④煮詰める。

リンゴの皮を煮詰めます。

リンゴの皮が柔らかくなってきたらレモンを捨てる。

今回は、煮詰めたあとで、皮がペースト状になるまでミキサーでミキシングしました。

⑤冷めたら瓶詰め

IMG_2115

ジャムが冷めたら、瓶詰めして完成です。

まとめと反省

  • リンゴの皮も大量にあると、もったいないと感じる。
  • リンゴの皮だけでもジャムになる。
  • リンゴの皮のジャムをつくる場合は、リンゴの皮を煮る前にミキサーで粉砕しておくとよい。
  • リンゴを4つ切りにした場合の皮の剥き方は、リンゴの上下を少し落とすと早く綺麗に皮がむける。
  • リンゴの皮のジャムは、リキュールとか入れた方が美味しい感じがしないでもない。来年までの課題にしておく。
  • 通常のリンゴジャムの方は、少々グラニュー糖が多かったので甘さが際立つジャムになってしまった。
  • 会社の約款にジャムの製造・販売を加えた方がいいかもと思ったり。

また、来年もつくろっと!

Tagged with:
preload preload preload