12月 06

今年もあっという間に師走ですね。師走といえば、忘年会で飲んだくれるシーズン。そんな2008年第二回忘年会を Trattoria Baffo で行われた。

いつもながら、美味しいイタリアンと美味しいビールとワイン(あまり得意ではないですが)で楽しい夜でした。

IMG_1730

今年は2回目のBaffoのような気がする。

IMG_1733

今日も美味しそうなメニューがずらりと並んでいます。

IMG_1735

今回もいつもと同じく、Moretti から始まるのです。

IMG_1741

車えびのサレグロッソだったはず。石田さんのお勧めのひとつ。「サレグロッソ」って何だ?って気がしないでもないが、イタリア風海老の塩辛のようなイメージ。

IMG_1745

牡蠣をちょっとだけ火を通した感じがたまらなく美味しい。そう言えば、牡蠣のシーズンですね。牡蠣って、焼いても、煮ても、フライにしても、もちろん生でも美味しいですよね~。毎日食べても飽きないぐらいに好きだったりします。生牡蠣は、体調が悪い時に食べるとすぐにお腹にくるところがたまにきずですが。。。

IMG_1749

パルマ産生ハムと山形ラフランス。写真ではわからないですが、生ハムの下にラフランスが隠れています。生ハムとラフランスの味のバランスが最高でした。生ハムの塩味とラフランスの甘味が絶妙。

IMG_1763

自家製レバーのパテ。このレバーのパテをパンにつけると最高にうまい。

IMG_1769

1本目の赤ワイン。今回は飲みすけがいたので、ワインでも重たい感じのを!という注文で、石田さんにお勧めされたのが、この SIROE です。

IMG_1783

2本目は、この BELLEND ? 。こちらも美味しいと言って皆さん飲んでました。。。ワインの奥深さには付いていけてない感じがしないでもない。。。

IMG_1772

Baffo に来て、これを食べないと始まらないってのが、鯛のカマの薪窯焼き。今日もうまかった。

IMG_1782

アンキモと何かのスパゲッティ(注文したときにトイレに行っていたので正確な名称は不明)。これまた、旨かったのだが、そろそろお腹いっぱいになってきた感じ。それにしても、皆さんよく食べていました。

IMG_1792

桜海老のピッツア。最初に食べたときは、もっと桜海老がたくさんあった気がしないもでないですが。。。

今回も、とっても旨かった。人間は、恐ろしいもので慣れるという機能が付いている。Baffoの味にも慣れてきた感が多少あったりする。それでも生ハムとラフランスは旨かったり、牡蠣が旨かったりと、まだ食べたことがないものがあるので、また来てみたい。

今年は、あと何回忘年会をこなせばよいのだろうか。。。

Trattoria Baffo
〒104-0061
東京都中央区銀座3-12-5 アサショウビルB1F
03-5565-6139
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:30~21:30 (ラストオーダー)
定休日 月曜日

7月 20

暑い、暑い。そんな訳で、トマトの冷製パスタを作った。

IMG_1256

トマトの冷製パスタで使う訳ではないのだが、パスタには白ワインという事で白ワインを購入したのだが、この冷やした白ワインが旨くてついつい半分以上飲んでしまった。。。

IMG_1263

IMG_1261

目的の「トマトの冷製パスタ」だ。さっぱりしていて旨いな、これ。夏に食べるには良い料理かも。トマトとモッエレラチーズの相性って最高ですね。

4月 25

今年初めての Baffo だ。昨年連れて行った人が、Baffo を凄く気に入ったみたいで何かあるとBaffoって感じで、今回もBaffoへ行った。

さて、今回のテーマは先日購入したデジイチ(デジタル一眼レフカメラ)Canon 40Dで酒を飲もう!というのがきっかけで、ちょうどアメリカから一時帰国する人もいるって事で、話は盛り上が集合と相成った訳です。まあ、理由は何でもいいような気がしないでもないのだが。。。

そんな訳で、平日にデジイチを持ってくる羽目になったのだが、平日にデジイチを持ち歩くのは少々辛い。ビジネスバックのほかにカメラバックも持たなければならないのは、正直勘弁って感じではありますが。。。

IMG_0290

今日のメニュー

IMG_0128

まずはビールって事で、モレッティ。

IMG_0131

いつものパン。

IMG_0297

「サヨリのグループフルーツマリネ」
さっぱり感のあるサヨリのお刺身とグレープフルーツが微妙に合う。

IMG_0301

「ハマグリと数の子ブルーベリー水菜のサラダ」
これ、前回も食べた気がする。会を企画した人のお気に入りみたいです。

IMG_0137

「甘海老バッフォ」
この海老旨いっす!

IMG_0139

「ホタテゆず湯のバーニャカウダ」
ホタテは先週末食べて気がしないでもないが。。。

IMG_0308

「鯛の釜焼き」
Baffo といえば鯛の釜焼き。毎回食べている気がしないでもない。

IMG_0313

「カラスミとちりめんキャベツのフェデリーニ」
さっぱり、こってりの中間な感じの味付けです。キャベツはさっぱり、シャキシャキ感があって、カラスミの濃厚さが微妙に合うのだ。

IMG_0314

そして、デザート(何を食べたのかよくわかってないって話もありますが)。

ん~、今回もよく食べたって感じだ。人間おいしいものを食べると幸せになりますね。Baffo また行こうっと。

その他の写真は Flickr で!

Baffo シリーズ
Geek de Baffo
Trattoria Baffo
My Friends Brithday

Trattoria Baffo
〒104-0061
東京都中央区銀座3-12-5 アサショウビルB1F
TEL & FAX : 03-5565-6139
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:30~21:30 (ラストオーダー)
定休日 : 月曜日

4月 13

やっと普通な日曜日が戻ってきた。最近の日曜日に全く行っていなかったテニスに行き、そして晩御飯を作るという作業を行ってみた。自炊は先週末にしたけど、この2つの両方はやってなかった。

IMG_0052

今日作ったのはCacciatore(カチャトーラ)だ。Cacciatoreというよりも、鶏肉と野菜と椎茸のトマト煮込みと言った方が正しい表現な気がする。。。

IMG_0043

そんな事はいいとして、テニス帰り道にあるマルエツ(スーパーね)で買出しをして、そう言えばワインがないという事でワインも購入したまではよかった。

Cacciatore を作っている時にワインを使うのだが、このワインが飲みやすくてついつい作りながら飲んでしまったのだ。気が付くと、ワインが殆どなくなっている。Cacciatoreが完成する頃にはすっかりいい気持ちに。。。

Cacciatore 食べ終わったら、テニスの心地よい疲れとワインの程好い酔いに負けて眠ってしまったことは致し方ないという事にしておこう。

4月 05

3月末(正確には4月1日)に、1年がかりの仕事が終わった。こんなに働いた年は今だかつてないと言える程働いた1年だった。

やっと終わったと思った瞬間に風邪引いて、金曜日は1日ダウン。若干過労ではないかという噂もない訳ではないが。症状は咳きと微熱と鼻水とくしゃみだ。鼻水とくしゃみは、花粉症を併発しているので性質が悪い。そして、今日もなんとなく熱があるような無いような、咳きは止まず。。。。

風邪になんぞ負けている暇はないのだ!って事で元気になる為に、ニンニクを大量に入れたしらすとタラコと春キャベツのパスタを作った。

IMG_0022

ん~、久々の自炊である。記憶の限りでは、今年になって一度も自炊した事がない。昨年も秋以降は記憶がないので、相当作っていない事になる。久々に作ったわりには、これが旨いのだ。かなり自画自賛ではあるが。。。

12月 21

西麻布の Restorante Museo (イタリアン)に行ってみた。初代シェフが世界パスタチャンピオンだったというこのお店は、今でもパスタが有名という事らしい。

P1030595

店内の雰囲気はこんな感じ。時間が早かった事もあって僕が着いた時にはガラガラでした。落ち着いてイタリアンを食べるには良いお店です。

P1030599

シンプルにカルボナーラ「スパゲティカルボナーラ ローマスタイルで」。チーズたっぷりのカルボナーラだ。ちょっとほっといたら、チーズと卵で硬くなって食べにくかったけど、確かに味は良いほうだ。

P1030596

相変わらず、食べるのに真剣になっていて料理の名前をうる覚えですが、蛸となんとかのリングイネです。このパスタには、なんと!大根がはいっていました。写真の白い大きな塊は大根なんです。この大根はたぶんコンソメ系のスープで煮込んであって、この大根が美味しかったかな。パスタと大根の組み合わせがちょっと面白かったりです。

あと、塩豚と野菜の煮込みみたいなのと、前菜の「本日の前菜 海の幸をテーマに」をオーダーしたのだが、結構お腹いっぱいになった。

パスタが美味しいって事で行ってみたのですが、確かに美味しい部類に入ると思いますね。でも、今まで一番かと言われるとそれ程でもないかも。全体的には美味しいお店です。ゆっくり落ち着いて、静かにイタリアンを食べたい時には行く価値ありです。

その他の写真は Flickr で。

〒106-0031
東京都港区西麻布3-20-3
TEL/03-5410-6886
FAX/03-5410-6887
営業日:月曜日~土曜日、祝日営業 
営業時間 :
ランチ 11:30開店 13:30 ラストオーダー 14:30閉店
ディナー 17:30開店 21:30 ラストオーダー 22:30閉店
休日:日曜日定休

[gmaps:35.66012716540168/139.72632855176926/16/480/360](comment)[/gmaps]

11月 25

久々に料理を作ってみた。料理というにはおこがましいかもしれない。相変わらずパスタなのだが、今日のパスタは、しめじ、しいたけ、たこ、海老、オイルサーディン、しらすの具沢山のパスタ。

いつもながら具もパスタも多く作りすぎでお腹いっぱいで、ウェゲ~ってな感じ。

P1030564

今日はレシピなんぞを書いてみる事に。

材料(2人分)

なんで2人分なんだ!という声も聞こえてきそうですが、いつも作りすぎて2人分になってしまうからですな。

むきえび×6尾
オイルサーディン×4匹(缶詰の中の4匹)
小さい蛸の足×1本
しらす×100gぐらい
しめじ×100gぐらい
しいたけ×2個
にんにく(好きなだけ)
白ワイン

コショウ
イタリアンハーブミックス
オリーブオイル

準備
むきえびは、塩水で滑りがなくなるまで洗う。
蛸の足は、2~3センチ程度に乱切りする。
しめじはへたを切り落とし、1つづつにほぐす。
しいたけは、1センチぐらいに切る。
にんにくは、みじん切りでも、輪切り?でも何でもOK。

作り方
1.大きななべに、水をはって強火にかける。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくを弱火でいためる。
3.オリーブオイルに、にんにくの香りがついたら、白ワインを適量(にんにくが浸るぐらいですかね)入れて、沸騰するまで強火で煮る。白ワインのアルコールが飛んだら弱火にして煮込む。
4.にんにくがやわらかくなったら、しいたけとしめじを投入して強火でいためる。
5.なべのお湯が沸騰したら、塩を適量(これまた適当ですいません。。。)入れ、食べたい分量のパスタを入れる。
5.パスタが茹で上がる2~3分ぐらい前に、フライパンに残りの具(海老、蛸、オイルサーディン、しらす)を入れていためる。
6.海老に少し白くなった程度で、パスタを入れる
7.塩、コショウ、イタリアンハーブミックスを適量入れて、味を調える。
8.最後にオリーブオイルをかけて、はい出来上がりです。

最後に入れるオリーブオイルは、エストラバージンの美味しいものを使うとより美味しくなる気がします。

10月 07

先週、何気に乃木坂の1830(イタリアン)へ行ってみた。この界隈では名の知れたピッツァのお店だ。

今回注文したのは、シーザーサラダと自家製ニョッキ モッツァレラとバジルのトマトソースとカプリチョーザだ。当然ビールもであるが。

まずは自家製ニョッキ モッツァレラとバジルのトマトソースだが、久々にニョッキを食べたのだが、このニョッキが柔らかくて、モッツァレラとバジルのトマトソースと相性抜群って感じ。そして、ピッツァのカプリチョーザだが、焼き具合と生地のモチモチ感がたまらない感じ。

今回は、ちょっと時間が無かったので急いで食べてお陰で写真はない。次回行った時はもっとゆっくりとそして写真も忘れないようにと思いつつだ。

preload preload preload