4月 21

稚内2日目は、今回の旅のメインイベントの一つの「日本最北の地(宗谷岬)を訪ねる」だ。

日本最北の地宗谷岬には、レンタカーで移動だ。このレンタカーは、JR北海道の札幌稚内往復指定割引切符のオプションで24時間のレンタカーの料金がなんと3000円で借りる事が出来るのだ。これはお得である。

この駅レンタカーで借りた車で宗谷岬へと向かったのだ。宗谷岬までは、約30kmの距離だ。稚内市内を抜けるとほとんど高速道路のような道を順調に走り、30分程度で宗谷岬に到着。

IMG_0205

この日は、霞んでいて見えないが、たぶん湿気の少ない日には北方領土の国後島が見えると思われるが、残念ながら見えなかった。

IMG_0082

宗谷岬の海には、やっぱり昆布が無数に群生している。写真(オリジナルサイズ)を見ると解るが、凄い数の昆布なのだ。昆布だしのエキスが出た海水はさぞかし旨いに違いないのでは(^_^)なんて思ったりしながら海に自生する昆布を見てました。(因みに、海水は飲んでませんので悪しからず)

IMG_0089

宗谷岬にあるお店の緯度は、北緯45°31′14″となっているが、携帯電話のGPSで計測すると45°31′22.365″だ。約8秒ずれている。距離にすると宗谷岬だと1秒が22m程度なので176m程度ずれていることになるが、これはGPSの精度を下げているせいだろう。イギリスのグリニッジで計った時は西に50m程度ずれていた。

IMG_0103

宗谷岬の次は大沼へ寄ってみた。大沼と言えば、白鳥の飛来地で有名だ。この日もたくさんの白鳥が羽を休めていた。

IMG_0110

次に訪れたのはノシャップ岬だ。夕日で有名だが、残念ながら真昼間だ。

IMG_0112

そんなロマンチックな夕焼けが見られるノシャップ岬だが、山を見るとここがソビエト連邦との国境の町であることがわかる。軍事用レーダ基地があるのだ。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

2 Responses to “ぶらり旅~北海道 稚内の旅~最北の地編”

  1. もへじ より:

    お帰りなさいませ。

    GPSを楽しめるポイントに行かれたようですね!
    私は札幌と函館しか行ったことないのですが、北方面も行ってみたくなりました。

    ところで、

    > ソビエト連邦との国境の町であることが

    ソビエト連邦はもうないですよ、いまはロシア(笑)

  2. Hisashi より:

    もへじさん

    こんにちは。

    帰ってきました。稚内から札幌まで約6時間。札幌から横浜まで約4時間。日本国内とは言え、最北端の町まではやっぱり遠いですね。

    > ソビエト連邦との国境の町であることが

    これは、冷戦時代をイメージして表現してみましたが「国境の町であった」にした方が良かったですね。その方がニュアンスが伝わったかもしれませんね。

    # 伝えたい事を文章にして表現するのってやっぱり難しい。。。

    では、Baffo 楽しみにしてます。

Leave a Reply

*