1月 06

昨年の秋前ぐらいからず~っとITシステムの運用設計の仕事を続けているが、この間ずっと忙しいながらもITIL関連の本を何冊か読んでみたのだが、その中で一番しっくりきた本がこの「ITILによる運用管理の実際」だ。

何がそんなにしっくりきたのかというと、一言で言うと他の本は理屈ばかりで実際にはどうすやりゃいいのよ?って事は何も書いてないのだが、この本はより具体的に実際のITシステム運用上でのフロー図とかシステム指標のサンプルとかで説明されている点だ。

もっと具体的に書くと

  • 実際のITシステム運用に沿ったフロー図を使って説明されている
  • 表現が実施のシステム運用をしていく上で普段利用している言葉が使われいている

という事になる。

ITILを勉強したいという方には、結構お勧めな一冊だ。

ITILによる運用管理の実際 ITILによる運用管理の実際
山路 幹夫 武内 真弓 石坂 浩之
ソフトリサーチセンター 2006-08
売り上げランキング : 99621

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

3 Responses to “「ITILによる運用管理の実際」”

  1. 愛未 より:

    こんにちは、Hisashiさん。
    今年もオススメの本、楽しみにしています♪

    最近は何故かミステリーが読みたくて東野圭吾さんばかりです。
    私はもう少しお正月気分で読書と映画を楽しみたいな、と・・。

    報告ですが、年末に『Trattoria Baffo』へ行きました。
    帰りにはお守りもいただきましたよ。シェフはとても楽しい方ですね!
    来年もまた来ますと約束してきました。
    本当に美味しかったです!

  2. Hisashi より:

    愛未さん

    あけましておめでとうございます。
    (もうちょっと遅い感じがしないでもない)

    東野圭吾もたまに読みますよ。ブログには登場してないって話もありますが。
    昨年は予想以上に忙しかったのであまり本読めてないですね。年間50冊も読んでないかと。今年はなるべく時間を有効に使って沢山の本を読めるといいな~と元旦に思った次第です。

    面白かった本は、今年も紹介していきたいと思ってます。

    おっ!『Trattoria Baffo』行かれたのですね。美味しかったと言ってもらえると紹介してよかったです。

    名物のシェフが給仕してくれたでしょ!(笑)

    最近『Trattoria Baffo』は行っていないので、また行きたい気分になってきました。このブログ読んでる人で『Trattoria Baffo』へ行って名物シェフと楽しい時間を過ごそうなんて企画してみようかな。。。

  3. 愛未 より:

    こんばんは、Hisashiさん。

    本は良いですよね、私は毎月4~5冊のペースで読んでいます。
    お風呂の中での読書がお気に入りなので私の本はほとんどシワシワなんですけどね・・。気にせず読んでます!

    『Trattoria Baffo』はお気に入りのお店になりました。
    Hisashiさんのブログに出会わなければお店も知らなかった事になるので、Hisashiさんに感謝です♪

    私ももう一度シェフと楽しい時間を過ごしたいなぁ・・

Leave a Reply

*