4月 04

今週の日曜日は、統一地方選挙だ。選挙の投票用紙が来たのだが、いつもははがきが来ていたのだが、今回は封筒でやってきた。

封筒の中の投票のご案内という紙の裏に

投票所での受付をパソコンを使用した「名簿照合システム」で行いますので、手続きが早く済みます。

と。

選挙もやっとIT化が始まったようである。名簿照合だけではなく、投票もIT化されれば即日開票もあっと言う間に出来たりするのだろうが、きっといろんな問題があって出来ていないのだろう。

あの開票作業って、投票用紙をひとつずつ読み上げて数えていると思うのだが、実際に作業をしている人ってボランティアなんでしょうかね?(僕が知らないだけ?)それとも、選挙管理委員会から指名された有権者(市民、県民、国民)がおこなっているのでしょうかね?どうやって選ばれているのかと少々疑問ですな。

そう言えば、平成21年から裁判員制度なるものが始まるけど、裁判員制度では、衆議院議員選挙の有権者から選ばれるらしい。

いろいろ、世の中の勉強をもっとしないと思うのでした。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*

preload preload preload