4月 29

以前勤めていた会社の上司から葉書が来た。風の便りで、会社を辞めて広島で大学の教鞭をとっているという話は聞いていたのだが、既に教授になって3年が経ったそうである。

その葉書の中で、驚いた事は、学生の出欠を携帯を使っている事だ。仕組みについてはここを参照。元上司が作ったとは思わないが、なかなか効率的だ。これなら代返もお茶の子さいさいだ。技術が発達すると学生も楽になるという事だな。携帯電話が無かった頃の代返は、人間の優れたパターン認識力のお陰でなかなか講義をサボる事も出来なかった。技術が発展するという事は素晴らしいという事を改めて認識出来たのだ。

元上司の葉書にも「けいたいのQRコードで出席をとりウェブに書かせると転送して代返しようとする学生さんがなぜかいません」(原文そのまま)と手書きで書いてあった。昔からであるが、この元上司の話や文章を理解するには、センテンスを単語で分解して「てにをは」を追加して、それもで文章にならない場合は、言いたい事を推測しないと文章にならず、理解出来ないという楽しさがあるのだ。

因みに、この文章を正確に書くとたぶんこうだ。「携帯電話のQRコードという機能を使って出席を取っているが、Web Form に入れる講義コード(たぶん、講義の終了時に発表になるのでしょう)を友達に転送(教えて)して、代返をする学生さんが何故かいない」という文章の様に推測出来る。いつもこうして発言内容や文章を理解していた。

さて、元上司も書いている通り、最近の学生は「真面目である」という傾向がある。先日のエントリーでも書いたが、学生向けのセミナーや面接試験や昨年度の新入社員を見ていても、この「真面目」という傾向が強い様に思う。さて、何故だろか。就職氷河期の真っ只中なら、真面目にやっていい会社(何がいいのかはさておき)に入るというストーリーも思いつくのだが、最近の就活はそんなに厳しい状況ではないはずである。という事は、何がそんなに学生を真面目させているのかが解らないのだ。

6月には、今年の新入社員が配属されてくるので、ちょっと聞いてみよう。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*