12月 07

[gmaps:34.85849432483536/139.0912190079689/9/480/360](赤沢温泉)[/gmaps]

旅の2日目は、前日のタラ鍋を鱈腹食べたおかげでそんなにお腹が空いた感じもなく目覚め、外へ出てみると以外にもそんなに寒くなかった。やっぱり伊豆は暖かいのだと一人納得しながらトレーナー姿のままちょっと別荘の周りを散策してみた。空はちょっと雲っていたが、空気が旨いし、静かだしでお腹以外は爽快な気分な朝を迎えたのだ。

昨日の残りの鍋にご飯を入れて雑炊と残り物の朝食にしたのだが、その雑炊の量が半端ではない。昨夜炊いた三合のご飯を全部鍋の中に入れたお陰で、ちょっと品のない雑炊が出来上がったのだが、流石に鱈とハマグリとえびと烏賊と牡蠣のダシが出ているので雑炊の旨い事旨い事。結局雑炊は殆ど食べてしまったのだ。

P1010376

朝食後は、のんびりしつつも帰りの準備やら後片付けをしている内にお昼時間に。昨日の昼から魚ばっかりだったので、肉が食べたいと言い始めた人がいたと思ったら、何だか良く解らないチーズとソーセージとトマトをオーブン皿に入れて焼いたものが食卓に出てきた。更に更に、白菜が余っているとか、ソーセージが余っていたので、スープが出来ると言ってスープを作る奴は出てくるわ。何だが、もう収拾が付かない状態に。面倒なので好き勝手に作らせておいたのだが。でも、これって昼ごはん?と思いながらも食べると結構旨い。更にデザートなのか良く解らないが、先日銀座の飲み屋から届いたお歳暮のクッキーも食べ始めるは。なんだか昨日からずっと食べっぱなしである。お腹が空かないのも無理はない。

そんな時に事件は起こったのだ、朝食なのか昼食なのかで食べ過ぎたお陰でお腹の調子がイマイチになったのでトイレに入っていたのだが、この別荘の1Fのトイレの鍵はちょっと気をつけた方がいい。内側からロックが掛かる(当たり前だな)のだが、しっかりロックされているのかどうかがイマイチ解らない。まあ、いいかと思いちょっと気張っていたら、トイレの外のなにやら怪しげな雰囲気を察知したとたんに、トイレのドアが開いたのだ。ドアを開けたのが女性だったのでかなりの悲鳴状態。あけられた事より悲鳴の方に驚いたという方が正直な感想。

そして、さあそろそろ出発という時に、親の躾が良かったのかどうかは解らないが出発前にはトイレに行っておく事にした(今度は小さい方)のだが、ふと「ここでまたトイレのドアが開いたら結構面白い」などと思って、今度はドアをロックせずに用を足していたら、なんと、またまたドアの外で怪しげな雰囲気がしたとたんドアが開きそして悲鳴が・・・。正直、まさかとは思ったが結構面白かった。

P1010402

そんな訳で午後1時にやっと出発である。行き先は「赤沢温泉」だ。なんと、ここは化粧品の会社?のDHCが運営しているホテル&日帰り温泉だそうだ。このDHCが運営しているという情報を教えてくれた本人はTVCMのひとフレーズ「やっぱDHCだね」をどうしても言いたかったらしく、いろいろネタを振ってはこのフレーズを口にしていた。面倒なのでほったらかしておいたのだが、どうやら本人は相当気に入っているらしい。もう既に4日も経ったのに旅の写真をみる度にこのフレーズを口にしているぐらいだ。たぶん、今週はこのネタをたぶん使い続けるのだろう。この手の人は、適当にほっとくのが良い。

この温泉は露天風呂から海や初島などが見えて眺望が良いらしいという話。その話にかなりの期待をして日帰り温泉へ。

P1010404

この日帰り温泉の施設は4F建てなのだが、海から少し高い場所にあるので4Fから海までは結構な高さがある。そしてこの高さに露天風呂があるのだ。施設の3Fと4Fがお風呂の施設なのだが、当日は男湯が4F。その4Fの露天風呂からは凄い絶景。温泉の温度もちょうどいいし、日差しもよしで、更に冬の風が温まったからだにも気持ちいい。ここ最高です。また来たいですね。次回は近くにあるホテルに泊まるってのもいいかもです。

温泉から上がって少しのんびりしたあと、帰路に着く事に。

この旅も終わりが近づいてきましたが、最後は「帰路編」に続くのだ。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*