9月 20

この Hisashi Today の Server は日本にある。という事は、GMT -9 (今は Summer Time なので -8)時間だ。GMT の国にいる人が東京にある Server 上でブログを書くと GMT -9 時間分だけずれてしまう。以下は GMT で書いているので、日付が微妙にずれているように感じるはずだ。仕方ない。

現在 GMT 9/20(Tue) 08:00(投稿時間をGMTで投稿する事にした)

P1000542s.jpg

昨日の朝食を食べた後、近くにある Hyde Park に散歩に行ってみた。ちょっと気持ち良すぎだ。日々の生活の中で、朝7時過ぎに朝食を食べ、その後公園に散歩に行くなんという贅沢な事はやった事がない。当たり前か、そんなに早く起きられないし、朝からご飯なんて作っていられない。

P1000520s.jpg

今回の旅は、基点をロンドンにして、ロンドンからいろんな処へ行くという旅の形にした。この形式にはぴったりの Rail Pass を日本で手配してきた。4 DAYS BRITRAIL ENGLAND PASS を日本で事前購入した訳だが、このチケットは England 内で連続4日間、National Railway が乗り放題で18,900円だ。4日間に乗れるだけ乗ったもの勝ちって訳だ。

P1000549s.jpg

今日は York へのぶらり旅だ。York は London Kings Cross から北へ特急(らしき)列車で2時間だ。距離的には直線で東京から名古屋ぐらいだろう。日帰りで名古屋へ行ったような感じかな。感覚的にはもうすこし近いような気がしないでもない。ロンドンから15分も乗っていると、England 特有な見渡す限り山のない丘の大地が続く。「世界の車窓から」みたいな感じだな。

P1000551s.jpg

列車に乗って、これはJRにもやって欲しいサービスがあった。窓側の席の足元に電源が用意されている事だ。これならパソコンを電車の中で使っても安心であるが、今日は誰もこの電源を使っている人を見なかったが。

P1000556s.jpg

ちょっと「世界の車窓から」みたいだ。遠くに写っているのは、イギリスの原子力発電所だろうか。

P1000675s.jpg

そうこうしていると York に到着だ。

P1000615s.jpg

York に来た目的は National Railway Museum を見学する為だ。イギリスと言えば、鉄道発祥の国だ。しかし、この鉄道の発祥の地は、悲しいかな現在運行している列車は外国(イタリアとかスペインなど)からの輸入ものらしいが。しかし、この博物館はマニアにはたまらないに違いない。古い機関車から新しいものまでの取り揃えとコレクションの数が膨大なのだ。

機関車よりも目を引いたのは、来ている人達だ。この時期なのだから当然と言えば当然だが、リタイアした夫婦(いわゆる爺さん婆さん)が多い事。まだ、ここしか見ていないがやっぱりヨーロッパは大人の世界観がある。それに比べると日本という国は、まだまだ幼稚な国に見える。

あと鉄道マニアっぽい爺さんが多い事だ。古い機関車の前で奥さんにいろいろ説明している光景を見かけた。奥さんも素直に(?)聞いている風だったのだ。

P1000621s.jpg

マニアの人なら1日中楽しめるだろう。そんなにマニアではないので、York の City Centre にある York Minster へ。地球の歩き方によると、13世紀に作り始めて約250年の時間を費やされて作られたイギリス最大のゴシック建築らしい。確かにデカイ。中には5300本のパイプからなるパイプオルガンが壮大な感じだった。

P1000644s.jpg

City Centre の商店街。ヨーロッパの街を感じさせる町並みでいい感じだ。

P1000645s.jpg

この商店街で買った、野菜ポースト入りのパン。不味くはないが、旨くもない点がちょっと悲しい。

P1000654s.jpg

これ City Wall だ。いわゆる城壁。ん~歴史を感じる。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

3 Responses to “York のぶらり旅”

  1. オカワリ より:

    いやーっ、このミュージアムいいですね。

    たぶん僕なら一日いてもあきないと思います。

    ちなみにイギリスの電源形状ってどうなんですか?

    日本のプラグは使えないですか?

  2. hyamazak より:

    オカワリさん。こんばんは。

    是非、いつか行ってみてください。まだまだお宝いっぱいでしたよ。

    鉄道関連の博物館は、流石に鉄道発祥の国だけあって沢山あるようです。
    ダーリントンというところは鉄道発祥の地らしいのですが、そこにもマニア必見の博物館やセンターがあるみたいです。

    因みに 地球の歩き方「イギリス鉄道の旅」を購入してきたのですが、まだまだ沢山いいところはあるようです。

    電源は
    http://www.warrior.co.jp/eleplug.htm で イギリスは BF のタイプです。

  3. オカワリ より:

    あーっ、このタイプですか!

    むかし、Catalystを大量手配した時の1台に

    この形状のACケーブルが添付されていたことがあった

    ような気がします。。。

Leave a Reply

*