5月 03

さて「横浜餃子巡り」プロジェクト第二弾。今回訪れたのは横浜中華街の「ニーハオ (你好)」です。

ニーハオ (你好)外観

今回は外観の写真も撮ってみましたよ。「ニーハオ (你好)」は、中華街のメインストリートから市場通りに入って更に細い路地を入った先にある。普通の観光客では、流石にここまでは入ってこないような奥まった場所にあるので、この記事を見てお店を訪れようと思う人は食べログなどでチェックして行って下さい。

さて、今回も「餃子」な訳ですが

ニーハオ (你好)の餃子

「ニーハオ」は、本来は台湾料理を出すお店です。中華料理の餃子や日本の餃子とは少々違った雰囲気です。

まず餃子の皮が厚めでもっちりした感じ。その厚めでもっちりした皮の中に野菜と肉がたっぷりのあんが入っています。上手いことこれだけのあんを、この餃子の皮の中に押し込んだものだ!と関心してしまう程です。

さて、台湾料理なのか、この店の独自なのかは今ひとつ不明ですが、写真を見てもわかりますが、餃子のタレが最初からかかっています。このタレが、ニンニク醤油のような感じで、これまた相性バッチリで旨いです。

もう一度来て食べたい!と思うこと間違いなしですよ。

流石に、餃子だけではお腹も一杯にならないので、炒飯も注文してみましたよ。

ニーハオ (你好)のチャーハン

「ニーハオ」の炒飯は、今まで食べてきた炒飯の中でも旨い部類に入るかなと思います。世界中の炒飯を食べ歩いてきた訳でもないので、それ程正しい評価が出来る訳でもないのですが・・・。

炒飯のご飯がパラパラに炒められていて、味もバッチリな感じです。餃子と炒飯のゴールデンコンビですな。写真では判らないかもしれませんが、量は多いです。普通の女の人には食べきれない量があるように思います。炒飯食べたら餃子は無理かもですね。

炒飯の旨い店は、他の料理を食べても旨い!という僕の勝手な法則がありますが、今回もこの法則の正しさを再認識できました。

中華街で新しいお店を開拓したいと思っている人は、是非訪れてみて下さい。お店の回し者ではありませんが、美味しいと思いますよ。

関連ランキング:餃子 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*

preload preload preload