10月 28

Newton (ニュートン) 2011年 12月号 [雑誌] Newton (ニュートン) 2011年 12月号 [雑誌]

ニュートンプレス 2011-10-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今日、電車の車内広告に「Newton 2011年12月号」があった。タイトルが「アインシュタインが定めた宇宙の最高速度 高速 C 相対性理論の基本原理」で「緊急検証 ニュートリノは本当に’超光速’なのか?」がサブタイトル。このサブタイトルに引っかかってしまった。。。

昔、相対性理論にはまって物理の本をひたすら読んで以来この話題には目がない。そんな訳で、電車を降りて書店で早速購入した。。。なんか、Newtonのいい鴨になっているような気がしないでもなけど。

さて、先日、CERN(ヨーロッパ合同原子核研究機構)などの国際研究チームがニュートリノの速度は光速よりも早い!という世紀の発表があった。

思わず「え〜!」と言いそうになる程の衝撃。
まあ、日常生活には全く支障はない話ではありますが・・・。

今月のNewtonは、この実験結果の記事と会わせた特集が掲載されている。

Newtonは小難しい科学を図解でわかりやすく説明してくれるので、学生時代ならまだしも、数式などからかなりの時間が経っている僕にも優しい雑誌だ。

記事では、CERNなどの国際研究チームの実験結果から、ニュートリノは光速度よりも 0.0025% 早いという結果が得られたことと、1987年の超新星爆発では、ニュートリノと光はほぼ同時に地球に到着し相対性理論の通りだった。今回の実験の結果が正しいとすると、1987年の超新星爆発の時に、ニュートリノは光よりも4年早く地球に到着する計算になるり、1987年の観測結果と、今回の実験結果の食い違いが発生することなどが書かれている。

物理学を始めとして、自然科学の歴史はそれまで常識だったことが覆させられることがたくさん起こってきた。今回も、これまでの理論が覆されるような結果になるのかは、これから各種の研究や実験、観測で確かめられていくだろう。

なんか、生きているうちに、物理の世紀の大転換を味わえるかもしれない。なんか、楽しくなってきた。

全く関係ないけど、Newton2011年12月号の別の記事に、ボリビアのウユニ塩原の記事と写真が掲載されている。この写真を見ていると、ウユニ塩原を実際に観てみたくなる。あ〜、旅したい!

会社ほっといて行っちゃう?ダメダメ!!仕事しないと。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*