8月 15

毎年夏の恒例行事となりつつあるこの旅。今回は近江と関ヶ原を中心に戦国時代をメインとした歴史探訪の旅だ。

今回の旅は、ここ「関ヶ原合戦跡」から始まる。

時は慶長5年9月15日(西暦1600年10月12日)、場所は関ヶ原。この地で天下分け目の合戦が繰り広げられた。

日本の学校の歴史の授業では必ずと言っていいほど習う「関ヶ原の合戦」だ。

今回この地を訪れた訳だが、子供のころ訪れた記憶がある。しかし、既に訪れたこと程度しか記憶がない。大人になり、この地を訪れると、新しい感動を覚える。

関ヶ原古戦場 #1

約410年前の秋、この地で江戸時代が生まれるか否かの決戦が行われ、たくさんの命が失われた。その場に立ち当時の様子を思い描く。あの戦いで西軍が勝っていたら、今はどんな時代になっていたのだろうか。首都は大阪にあったかもしれない。

関ヶ原古戦場 #2

今は、田園が広がる非常に美しい場所だ。

石田三成陣跡 #6

西軍石田三成陣跡。

石田三成陣跡 #7

石田三成も見ただろう風景。石田三成は、この笹尾山で何を感じただろう。

徳川最後陣地跡 #5

徳川家康が最後に陣を構えた地。

関ヶ原の合戦跡は、学校の修学旅行などでも訪れる定番の観光スポットではあるが、大人になってから訪れた方がより楽しむことが出来るだろう。

[gmaps:35.37047013387745/136.4613962173462/15/550/450](comment)[/gmaps]

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*