7月 23

昔からToDo管理にはいろんな手法を試してきた。

要件を洗い出してみると

  • PC(今はMac)で使える
  • スマートフォンでも使える
  • PCとスマートフォンとでデータの同期ができる
  • カレンダーと同期ができる
  • 複数台のMac間でデータの同期ができる
  • プロジェクトのタスクと連携できる
  • プロジェクト以外のToDoも管理できる
  • プロジェクト内でToDoの順序付けができる
  • 今日のToDoを自動的に抽出してくれる
  • 今日のToDoをメールで通知してくれる
  • 仕事時とプライベート時とでToDoの表示順序を変えることができる
  • 期限管理ができる

などなどだ。

それぞれを分類してみると

ITツールとしての機能
  • PC(今はMac)で使える
  • スマートフォンでも使える
  • PCとスマートフォンとでデータの同期ができる
  • カレンダーと同期ができる
  • 複数台のMac間でデータの同期ができる

このあたりは、最近のToDo管理ツールとしては対応出来ているものが多いので、ツールの選択肢は広いだろう。

プロジェクトとの連携
  • プロジェクトのタスクと連携できる
  • プロジェクト以外のToDoも管理できる
  • プロジェクト内でToDoの順序付けができる

このあたりは、まだまだ満足いくものはない。プロジェクト管理のツールも、世の中にはたくさんある。プロジェクト管理ツールは、あくまでもプロジェクトを管理することが目的なので、個人のToDoまでフォーカスした機能を持っているものは少ない。たまに、これはいいな〜と思っても、痒いところに手が届かない感じのモノが多かったりする。

ToDo管理機能
  • 今日のToDoを自動的に抽出してくれる
  • 今日のToDoをメールで通知してくれる
  • 仕事時とプライベート時とでToDoの表示順序を変えることができる
  • 期限管理ができる

この中で「仕事時とプライベート時とでToDoの表示順序を変えることができる」という機能がありそうでない。

今環境がMacとiPhoneなので、これらのデバイス条件や機能条件を含めて、これかな〜と思えるツールが「Things」だ。

Cultured Code_1311318892404

Cultured Codeの「Things」はGTD(Getting Things Done)の考え方を取り入れ、使いやすいインターフェイスや便利な機能を載せたアプリだ。

日本語の詳細説明はNetJapanに掲載にされている。

先ほどの要件のマッチ度をみると

ToDo管理ツール要件

といった感じだ。

<問題点>

コストが高い点

  • Mac用ソフト:5480円(ダウンロード版)
  • iPhoneアプリ:850円
  • iPadアプリ:1700円

とまあ、全部合わせると8030円にもなってしまう。iPadは現時点で持っていないので、Mac用とiPhoneアプリだけでも6330円とまあ、それなりの金額が必要だということ。

同期機能が弱い

  • 複数のMac間のデータ同期やiPhoneアプリとの同期が、ローカル環境でしか実現出来ない。
  • 複数のMac間のデータ同期は、データファイルをファイルサーバなどに置いて共有するしか現時点では方法がない。MacBookAirなどを外出時に持ち出す場合は、Mac内にファイルを保存&帰ってきた時にファイルをサーバへアップロードという作業が必要になってしまうこと。

とまあ、少々工夫しないとならない点はあるが、今のところ要件に対しては最強という感じ。

Mac用では体験版があるので、一度試してみたい。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*

preload preload preload