7月 18

少子高齢化で、子供の数が減っている。相対的に減っている訳ではなく、絶対数が減っている。由々しき事態だ。

さて、子供の数が減ったことで、現実的な事象として起こったことが、学校が統廃合され、学校の校舎に余りがでた。

そんな廃校を再利用したビジネスが「世田谷ものづくり学校」だ。

世田谷ものづくり学校_1310898745672

学校の校舎を、いろいろなクリエータたちに間貸している。間貸しするだけではない。校舎を利用しているクリエータたちに、コミュニケーションとコラボレーションの場も提供している。

実に、面白く、良いアイディアである。

先日のグリーンズで知り合った人が、この「世田谷ものづくり学校」の人だった。お話をしている中で、少々、興味が沸いたので時間をとって訪問してみる予定。

訪問した時のレポートは別途書く予定。

さて、東京や大阪では、このビジネスモデルはきっと上手くいく。しかし、過疎化が進んでいる地域の廃校利用では「世田谷ものづくり学校」のまねをしても上手くいかないだろう。

その地域に、どんな価値があるのかを再度見つめ直して、その地域に見合った再利用方法を考えていく必要があると思う。

全国的に、廃校利用はどのようにしているのか?少々興味のあるテーマではある。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*