12月 27

今年の10月1日に実施された国政調査の結果が発表された。

どうやら、日本の人口は始めて減少したそうである。しかし、この国勢調査の数値の信憑性がイマイチの様な気がする。

何故なら、僕の家には調査票がまだあるからだ。国勢調査票の回収期間に、ニュースメディアから「回収員が回収出来ずに止めていく」という様なニュースを流していた。漏れなく僕の家の調査票も回収されていないのだ。

他にもきっと回収されていない調査票があるのではないだろうか。配布した調査票の数と回収した調査票の数、全ての世帯に配布されているのか、この辺りの数 字はどうなっているのだろうか?一昔前に大問題となった、住民基本台帳のデータと着き合わせれば、配布世帯数と実世帯数とが判別可能の様な気がする。

まあ、国勢調査なんてのは、国が実施するアンケート調査の様なものなのだが、この調査結果が国の施策を実施する上での数値として利用される事を考えると少々怖い気がしないでもない。

さて、この調査結果から永田町の住民のオエライ方々は、少子化問題の対策が必要だ!と発言している様である。

「少子化問題」ちょっと待て!って感じだ。少子化する事に何に問題があるのか、イマイチ解らない。どうも「年金問題」の方が先にある様な気がしてならな い。年金制度が破綻して、ジジイ達が年金貰えなくなるのは困るという問題なのだろうか。今の若い世代には、きっと年金なんて貰えないと思っているに違いな い。因みに僕は貰えないと思っている。だったら、年金制度なんて止めてしまえ!自分の老後は自分で稼げ!って制度にしてもらたった方がよっぽどか資本民主 主義的でいい。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*