6月 22

JAFの会員になると月刊誌「JAF Mate」が送られてくる。

この「JAF Mate」の中に「おくにNavi」というコーナーがあるのだが、今月号は「徳島県」の特集。

その記事の中で「大塚国際美術館」の一枚の写真が紹介されている。その写真とはバチカンにあるシスティーナ礼拝堂天井画の再現した写真だ。

大塚国際美術館-四国・徳島県の美術館 観光施設-

システィーナ礼拝堂天井画は、ユリウス2世がミケランジェロに描かせたというフレスコ画だ。

その天井画を再現したものが、徳島でみられるとは!と少々驚きだ。

この復元画は、大塚国際美術館を作った大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製されているそうである。

大塚国際美術館は、他にも

門外不出の「ゲルニカ」をはじめ戦争で分散していたエル・グレコの大祭壇 衝立の復元

などが復元されているそうである。本物を鑑賞することが、その場の空気感や歴史観などを含めて一番良いと思うが、国内に気軽に原寸大の複製を観ることが出来るというのも良いだろう。

一見の価値はありそうだ。ちっと行ってみたい気になる。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*