6月 18

本を安く読むには、図書館で借りればタダ同然で読むことは可能。けど、図書館は当然ながら利用する人が多い。新作の場合は順番待ちになることは間違いない。

そこで、新作の本を発行されてからより早く、より安く読む方法はないだろうかと考えてみた。

簡単に言えば、一冊の本の購入を共有する人の人数を少なくすれば良いということになる。

例えば1800円の本を3人で共同購入すれば一人900円。2回の送料と最終的にブックオフで販売すれば100円ぐらいにはなるので、一人1000円ぐらいの負担で読めるかもしれない。

その本が気に入って所有したい人は、ブックオフで再度購入することも可能だ。

あぁ。ブックオフにもうけさせる必要はないな。ブックオフの買い取り価格を所有したい人が負担すれば良いだろう。

ソーシャルな感じでやること出来ないかな。会社の同僚とか学校の友達とか近くの人とでやれば送料の負担もなくなる。

「Share」で提示された概念だけど、送付するのが結構面倒かもって話はあるけど、図書館も返却の手間があるので同じだ。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

2 Responses to “新作の本を安く読む方法を考えてみた。”

  1. もへじ より:

    DVDみたいにネットで申し込んで返却はポストに投函でどう?
    配送コストはブックオフの買い取り価格で相殺とか?!

    • Hisashi より:

      もへじさん

      こんちは。

      ツタヤがブックレンタルしてくれればいいじゃん!って感じですかね。
      もう少し考えてみるか。

Leave a Reply

*