6月 04

旅行に行った先での移動は、都市部ならば公共の交通機関かタクシーか徒歩、公共の交通機関では行けないような場所ならレンタカーを借りる。

街巡りを中心として観光する場合の交通機関は、地下鉄とかバスとかタクシーとかを利用するだろう。いつも、自転車があれば便利なんだけどな〜と思っている。

今まで行ったところでは、パリ、バルセロナ、ロンドンでは既にコミュニティ・サイクルのシステムが実用化されている。

横浜コミュニティサイクル

そんなコミュニティ・サイクルの社会実験が横浜でも始まった。実は2011年4月から社会実験は始まっていたようだ。期間は2011年4月から2014年3月までの3年間だ。

この社会実験は、横浜市とNTTドコモが協力して実施している。

利用方法

会員登録

まずはWebサイトまたはモバイルからの会員登録が必要。
会員登録に必要なものは「E-mailの受信が可能な携帯電話」とクレジットカード(料金支払用)だ。NTTドコモの利用者は「おサイフケータイ」でも登録が可能。

登録をすると、「おサイフケータイ」以外の人は、別途ICカードが送られてくる。

因みに、登録料金が必要だ。ICカードの場合は1050円、おサイフケータイの場合は315円。

2011年4月から6月末までは登録料が無料になるので、利用を考えている人は急いで登録をした方がいいだろう。

会員契約種別と利用料金

ご利用方法|横浜コミュニティサイクル

貸出方法・返却方法

貸出方法も返却方法も簡単。ICカードまたは携帯電話を自転車置き場にある機械にかざして自転車を移動するだけ。詳細はここを参照

横浜コミュニティサイクル

実際のBayBikeのステーションはこんな感じ。

利用可能地区は、みなとみらいとか山下公園のあたりを中心に利用が可能だ。

登録料金が無料の期間に会員になって、一度利用してみよっと。しかし、自宅からみなとみらいなどの地区には、自分の自転車で行くことが出来るので利用頻度は少ないかも。。。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*