5月 31

IDEA*IDEA 百式管理人のライフハックブログの田口さんが『【書評】風が強く吹いている』でこの作品いいよ!と書いていたので、映画化したDVDを観た。

ちなみに本は読んでない。

ストーリーは、寛政大学の弱小陸上部が箱根駅伝を目指すというお話だ。軽いタッチにはしてあるが基本はスポ根だ。

しかし、この直球勝負のスポ根が意外と良い。結構泣けてくる。

基本的な内容とか言葉とかの感動の他に映画(DVD)では、映像化された楽しみがある。

何がいいって、主演のカケルを演じる林遣都の走る姿が良い。

  • フォームが綺麗で無駄がない
  • ストライドが長くて走り方が綺麗
  • 足が綺麗に蹴り上がっていて、あんな風に走りたいとあこがれる
  • 頭(目線)がぶれていない
  • 足が長い(これはどうしようもないが)

とまあ、林遣都の走りは結構なレベルなのだ。他の演者たちは、まあそれほどでもないが林遣都だけが際だっている。

因みに、この映画では大学の駅伝部が撮影協力をしていたそうだが、林遣都を駅伝部にスカウトしたとか、しないとか。確かに、この走りを見たら、こいつは陸上をやってだぞ!と思うだろう。

最近、ジョギングとかマラソンとか流行っている。ランニングをしている人が、この映画を観た後に走るとちょっとヤバイかも。映画のカケルのように走れるのでは?と錯覚してスピードが上がってしまうかもしれないので気をつけよう!

映画だし、現役大学生の話だし、そのあたりのことと、今の自分の体力とかを考慮して、楽しくランニングしましょう!

そうしないと、翌日とか、下手すると足を痛めて悲惨な状態になるかもです。

風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD] 風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

バンダイビジュアル 2010-04-09
売り上げランキング : 8170

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*

preload preload preload