5月 11

今や健康を維持・管理するためのネット上のサービスは数限りなく存在する。

僕もRunkeeperで健康を維持するためのランニングの記録をiPhoneアプリで日々記録している。
ランニングは、基本的に消費カロリーや走行距離や時間を記録している。その他にタニタの体組成計で基礎代謝量や体脂肪量などを記録している。いわゆる消費量を計測している。

しかし、現時点で測定出来ていないのがインプット量である摂取カロリーを日々記録することは出来ていない。

そんな状況のなか、食事・運動の両面から、簡単な操作とていねいなアドバイス機能で個人の健康的な生活習慣を支える「健康増進アシストサービス」がNTTコミュニケーションズとNTTレゾナント、foo.logが2010年11月にベータサービスを開始した。

このサービスの最大のポイントが、携帯電話やスマートフォンで食事(料理)の写真を撮影すると、写真を解析してカロリー量を算出してくれるところだ。

食べたもののカロリーを算出してくれるサイトやアプリはたくさんあるのだが、意外と面倒で続かなかったりする。

ランニングの記録のiPhoneアプリもそうだが、手間が発生すると基本的に面倒になって継続出来なくなってしまう。

この点では、最近のサービスやアプリは賢い。ボタンを一つか二つ押すだけで計算や記録を自動的にやってくれてズボラな性格の僕にはぴったり。

健康増進アシストサービスでは、他に「歩行記録機能」もある。RunkeeperのiPhoneアプリと似た機能がある。この「歩行記録機能」でランニングでも活用出来れば、このサービスで一元化出来るかもしれない。

かなりいい線まで来ている「健康増進アシストサービス」だが、折角ここまで充実したのなら、自分の健康診断の結果を分析してどんな食事とか運動をすればよいのかをアドバイスしてくれる機能を付ければもっといいと思うのだが。。。

医療の領域に多少入ってしまうが、専門家(医者?)がアドバイスしてくれるのなら多少料金が発生しても価値はあると思う。サービス料金にもよるけど・・・。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*