5月 12

世界遺産に登録された白川郷。昔、こども頃一度来た記憶があるような気がする。幼稚園か小学校1、2年の頃だったような気がするのだが、来たことは覚えているのだが、白川郷の合掌造りの家の記憶はない。。。

さて、高山から白川郷へとやってきたのだが、高速道路を使えばいいのに飛驒市を経由して国道360号線を通るっルートを選択し飛驒市あたりの道の駅で休憩をしていると、道路交通情報の看板に「国道360号線天生峠雪通行止」と表示されている。

4月のこの時期でもやっぱりまだまだ雪が積もっていて通行止めになっている。交通量が少ないから除雪もしないのだろう。

仕方ないので高山まで戻って高速道路で白川郷へと。

IMG_2207

白川郷へ来た人が必ず立ち寄るであろう「和田家」にやってきた。この和田家は、この集落で一番大きな住宅らしい。

IMG_2208

写真から今ひとつ大きさが伝わらない。。。もっと、ちゃんと写真とらないとですね。
さて、この住宅の中に入って驚いたのは、梁の木の太さだ。一般の住宅でこんなに太い梁を使っている家は見たことない。和田家なる家がどれだけお金持ちだったのかがよくわかる。昔の家の柱とか梁は結構太いものを使っているが、僕が見た中では最大だ。

DSCF2206

二階では、蚕からとれる絹糸と塩硝を作っていたらしい。

IMG_2248

白川郷が見晴らせる展望台へとやってきた。ここはやっぱり冬、雪のある時に訪れた方が雰囲気がある気がする。雪に包まれた合掌造りの家々の写真のイメージが強いからなのかもしれないが。。。

この展望台へは車でも行くことも出来るが、歩いていくことも出来る。ただし、冬期は歩いて行く道は通行止めになるようなので注意が必要だ。

それから、白川郷へ車で行く場合の駐車場だが駐車場の道路標識通りに行くと川を隔てた大型駐車場へと案内される。白川郷の中にも駐車場があるので、道路標識を無視して白川郷の中へとどんどん入って行くべし。


より大きな地図で 白川郷 を表示

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*