5月 02

地下鉄の淡水線の終点駅「淡水」というところを訪れてみた。地球の歩き方によれば夕日が美しい場所という紹介があったが、訪れた時間は真っ昼間&曇っていて夕日という雰囲気ではない。

IMG_0857

仕方ないので、駅前から淡水河河口をぶらぶらと町歩き。

IMG_0860

IMG_0861

町歩きをしていて偶然「清水街」という市場的な商店街を発見した。路地裏にお店が連なっていて、地元の人が買い物にくる商店街のようだ。お店も多彩で、食料品、日用品、洋服となんでもありという感じ。印象的だったのは肉屋さん。豚一頭をさばいて、各パーツをそのまま販売しているといった感じなのだ。一目で豚足とわかる状態で売られていたりする。

日本の肉屋さんはきれいにスライスされた状態で売られているので、原型がどうなっているのかがさっぱり解らないが、ここでは動物の肉ということが解るのだ。我々人間は、動物を殺生して食べているということが理解出来る。

どこに行っても市場的なところへ行くのは好きだが、この「清水街」という場所は人間の生命力を感じさせる場所だ。なかなか、普通に観光しているとこんな場所には巡り会えない。

こんな場所が好きな人は是非訪れてみると良いだろう。ツアーでは絶対に案内されない場所だと思う。

ちなみに路地裏だけあって、通路が狭い。その狭い通路にたくさんの人が通行していて、強引に原付バイクも入ってくる始末。そんな状況だけあって、なかなか写真を撮ることも出来そうもない。上の写真はやっと撮った一枚だ。のんきに写真を撮っていると邪魔だ!と怒られそうな雰囲気を醸し出してる。


より大きな地図で 台湾淡水 を表示

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

2 Responses to “ぶらり旅シリーズ「台湾の旅」~淡水の市場的商店街編~”

  1. もへじ より:

    どもです。

    こういう裏通り、偶然発見するとすごく得した気分になりますね。

    台湾行きたくなりました。

    • Hisashi より:

      もへじさん

      こんにちは。

      現地の人のパワーをもらった感じがして良かったです。
      海外であまり変な路地を入っていくと、かなり怪しい感じになるので注意は必要ですね。

      でも、結構楽しかった。

Leave a Reply

*