4月 19

むかし、「エクソシスト」という映画があった。この映画は、同名の小説を映画化したものだった。

エクソシストはWikipediaでは以下のように書かれている。

エクソシスト(Exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語でエクソシスムを行う人のこと。エクソシスムとは誓い、厳命を意味するギリシャ語であり、洗礼式の時に悪魔を捨てる誓約があるが、その後に悪魔にとりつかれた人から、悪魔を追い出して正常な状態に戻すことをいう。かつてはカトリック教会の下級叙階の位階の一つとして存在し「祓魔師」(ふつまし)と訳された。また、日本の神道用語が転用されたことがあるが、キリスト教と神道は異なる宗教であり、まったく別概念である。

実際にバチカンではエクソシスムの講義があるという。そんな事実を元にした映画「ザ・ライト」が公開されている。

事実を元につくらているこの映画では、アンソニー・ホプキンスの演技が秀逸だ。その他の役者の演技や映像表現にどんどん映画の中に引き込まれていく。映画としては、おもしろい。

映画の最後に主人公の「マイケル神父」とアンソニー・ホプキンス演ずる「ルーカス神父」は、現在もエクソシストとして活動を続けていると。

かなりリアリティのある映像で見応えがある映画だ。万人にお勧めではないが、興味のある人は観てみては如何だろうか。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*