10月 06

毎日電車の中で新聞を読んでいる。そんな今日の新聞記事の中で、ナヌナヌと思う記事があった。来年度の国の新規の借金を今年度借りた金額から2兆2000億円減らすという事らしいのだ。因みに、昨年度新規に借りたお金(正確には国債発行額)は、34兆4000億円らしい。

そもそも、この国の借金は現在800兆円(もう少し増えているかも)ぐらいある。800兆円なんて言われると、もう感覚的にさっぱり解らない。

という訳で、もっと身近な金額にしてみればいい。例えば、個人の年収レベルに下げてみると解りやすい。以下、2005年度のだいたいの数字だ。

年間国家予算:80兆円

国債発行額:34兆4000億円

税収:45兆6000億円

これを百万円単位にすると

年収:456万円

新規借入金:344万円

出費:800万円

総借金額:8000万円

となる。はっきり言って破産だ。だいたい、年収が456万円の人が毎年新規に340万円程度の借金をしているのだ。毎年340万円の借金をして800万円の生活をする人なんていない。

そんでもって、たった456万円の年収の人が8000万円の借金をしているのだ。8000万円あれば都内でかなりいい場所にいい家が建つ。

だいたい、年収が450万円程度の人に、毎年340万円を貸してくれる様な親切な金融機関はない。チョー怪しい街金でも貸さない。

普通の家庭の主婦なら、まず、年収の456万円で生活する事を考える。この456万円の中には、8000万円のローンの返済(利子を含む)も含まる訳だ。8000万円を35年ローンを組んでもだいたい年間約300万円は返済する必要があるはずだ。

456万円-300万円=156万円

8000万円の家に住んで、156万円で生活をするって事で、ここから更に税金が引かれて、150万円だとすると月12万円の生活だ。一人暮らしなら生きていけるかも知れないが、子供とかいたら破産だ。

そんな事になるのだが、永田町と霞ヶ関の方々には、どうやら、一般の人の感覚はない様だ。いい加減に目覚めてもらいたいものだ。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*