4月 10

この旅で最初に訪れた温泉が南阿蘇にある地獄温泉だ。

IMG_0370

地獄温泉は、200年の歴史のある湯治の湯で、秘湯の一軒宿という雰囲気だ。南阿蘇の国道325号線からどんどん山の中へと分け入ると、だんだん硫黄の臭いを感じ始める。そして、最初に現れるのが垂玉温泉の山口旅館で、さらに進むと目的地の地獄温泉に到着する。

垂玉温泉と地獄温泉の距離はわずか数百メートルぐらいの距離感。日帰り入浴者向けの駐車場が2つの温泉の中間にある。

日帰り入浴の人は、そこから徒歩で温泉宿まで行くことになるが、まあ、大した距離ではないのでそんなに苦にはならないだろう。足の悪い人やお年寄りには少々坂道がきついかもしれないが。

この温泉(旅館)には、4つの風呂がある。

IMG_0373

すずめの湯:混浴露天風呂と男女別の内湯で、濁湯+泥湯。
風呂の写真はないが、熱めの湯とぬるめの湯の2つに分かれていて、個人的には熱めの湯の方がちょうど良いと思ったが、長く浸かっているならぬるめの湯だろう。混浴ってことで女性の姿もちらほら。

IMG_0378

元湯:男女別の内湯。
ここは普通に内湯で体を洗ったりする設備も整っている風呂。お湯は無色透明で少々熱め。

IMG_0377

新湯露天岩風呂:男女別の露天風呂
このお風呂は、露天岩風呂でお湯は無色透明。男湯は、10人ぐらい入ると一杯になるぐらいの広さだ。そんなに混み合っていなかったので、ゆっくりと浸かることが出来たのはラッキーだった。

IMG_0374

仇討の湯:男女別の露天風呂
ここも露天風呂だが、檜の風呂で、大人4人が入ると少々狭いぐらいの湯船の広さだ。お湯自体は無色透明でお湯の温度は快適温度の41度ぐらいだろう。源泉はもっと熱いので加水している感じだ。

以上の4つのお風呂があるのだが、それぞれのお風呂は離れた場所にあるので、毎回脱いだり着たりを繰り返す必要があるので、少々面倒ではある。


より大きな地図で 地獄温泉 を表示

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*